「yosh氏の正体についての考察 2016/3/14」の再検証 2

今回は、『ぱよぱよ日記』「余命三年○○日記??&おまけ」で、yosh氏が和田政宗議員と日本のこころを大切にする党をどのように取り上げたか、について見ていこうと思います。

■ 和田政宗議員と「余命三年○○日記??」
「余命三年○○日記??&おまけ」より抜粋引用します。なお、差し障りのある実名は伏せ字にしました。引用中の太字、下線などの強調、丸括弧内の補足、注解は私の施したものです。

引用開始-------
477 2016年2月29日時事より[1]

真・カミカゼさんのコメント[2]

和田政宗事務所では、インターネットのフォームは事務所以外の人間が最初にチェックしているという、電凸を元にした情報が入っています。プライバシーの問題とか、事務所外の人間が情報をまず取捨選択しているとなれば、様々な倫理的な問題があると思います。
h ttp://blogs.yahoo.co.jp/kamikazewatching/13824987.html
( http://web.archive.org/web/20160717075825/http://blogs.yahoo.co.jp/kamikazewatching/13824987.html)
また和田政宗氏の政策に対し質問状がたたきつけられています。はたして和田議員はまともに答えることが出来るのでしょうか?
h ttp://blogs.yahoo.co.jp/kamikazewatching/13821327.html
( http://web.archive.org/web/20161027063637/http://blogs.yahoo.co.jp/kamikazewatching/13821327.html)[3]
質問を書いた者は、大問8のうち1つもまともに答えられないだろうと、自信満々なようで。[4]和田議員に入れ知恵できるならどんどんやれ、だそうです。政策に 関する議論はどんどんやるべきです。政治家はつきつけられた質問から逃げてはいけません。逃げたら、それだけの人、ということです。

.....別に逃げる必要はないだろう。この投稿も意図がどこにあるかははっきりしているので削除対象であったのだが、同様の投稿が8件入ってい る。神棚にいちゃもんつけたり、沖縄視察で危機感を持ったか、あるいは余命が取り上げたからかは知らないが、参院選で日の丸侮辱の売国奴岡崎とみ子を破ってのバッジであるからパッシングは強いだろう。あとまるまる3年は国会議員の地位は安泰なのだから気にしないことだ。それより議員請願をしっかりやることだ。和田政宗にしかできないことが山にある。[5]

[注1]余命ブログの記事

[注2]元記事には、「真・カミカゼさんのコメント」という記述はありません。そこには、「和田政宗事務所で謎の問い合わせフィルター」との記述があります。yosh氏が、このように記述を差し替えた意図は何か、ということを考えてみると、それは、以下の引用が真・××××による余命ブログへの投稿であったことを明示するためだったと推定されます。この投稿が真・××××によるものであったのは、「真・カミカゼさん 2016年2月29日 日本こころ党は公明党を笑えない」で真・××××がそれを明らかにしています。何のためにそうしたのかというのは、真・××××の主張を明確に示すためと思われます。

[注3]この真・××××の投稿に示されているurlのリンク先ははるみブログです。真・××××ブログの同一内容の記事を参照urlとして貼り付けておけばよかったのに、何故、わざわざはるみブログのurlを使ったのでしょうか。当時、真・××××ブログは、まだ、余命ブログ周辺で警戒されていなかったはずなのですが。その理由の可能性のあるものが、『待ち望むもの』「F見と真・カミカゼの連係プレーにご注意」という記事で紹介されています。要約して言えば、はるみブログで訪問者の情報を収集していた可能性があるということです。ハイパーリンクのクリックには、用心しないといけないですね。このブログのハイパーリンクは、安全なように配慮していますが、引用中のものについては、見落としている可能性もあります。

[注4]真・××××本人が、この投稿を書いているのではない体を装っています。余命さんの「削除対象であった」、「同様の投稿が8件入っている」などの言葉から、投稿が採用されるために、いろいろ書き換えた末のことだったのかもしれません。

[注5]余命さんの、和田政宗議員に対する期待が表れた言葉です。

(余命ブログ記事477よりの引用おわり)

上記の件について、以下のエントリでコメントしています。

真・カミカゼさん 2016年2月29日 日本こころ党は公明党を笑えない

余命ブログではコメントの処理にあたり、リンクなどの確認等は行っていないはずなので、こういった回答になると思います。[6]参院選で日の丸侮辱の売国奴岡崎とみ子を破ったのは、この頃はみんなの党の知名度があって、岡崎とみ子とかいう日の丸侮辱の売国奴だから落選させないといけないという2つの要因があったことが原因と思われます。[7]

日本の心を大切にする党は、大和教団だったり、幸福の科学の下請けで、[8]創価・公明党のように政権の絡んで特権の獲得(幸福の科学大学の認可)が目的といったのもあって、このエントリの冒頭に繋がるわけです、ハイ。[9]

[注6]真・××××の投稿内容と余命さんのそれに対するコメントが、噛み合っていないことを言っているのでしょう。yosh氏が、真・××××の主張に精通されていることが窺われます。この記事が書かれた当時、一体、どれほどの読者が真・××××の主張に関心を持たれていたでしょうか。おそらく、ほとんど関心など持たれていなかったはずです。私もそうでした。それなのに、記事としてこのように大きくとりあげられたということに、普通なら違和感を感じて然るべきなのですが、何故か当時の私はスルーしていました。それだけ、当時の『ぱよぱよ日記』では、真・××××に関する事柄を取り上げることが多かったということかもしれません。

[注7]和田政宗議員が当選できたのは、本人の人気、実力ではなく、みんなの党の党勢と敵失のお陰だったと、おっしゃっているのですね。巧妙な和田議員下げで、マイナスイメージを植え付けるものです。

[注8]これについては、桜咲くさんが否定できる事実をご存知だと、どこかのコメントでお見かけしました。桜咲くさん、もしよろしければ、こちらに情報をお寄せいただければ、ありがたいです。大多数の余命ブログの読者にとって、創価学会と公明党は決して印象のよい組織、団体ではなく、日本のこころを大切にする党がそれと類似のものとされることは、マイナスイメージになるでしょう。

[注9]冒頭に真・××××の投稿を掲げて、帰結部で読者に、また、真・××××の投稿を意識させるという手法です。真・××××の主張を読者の意識に定着させることを狙っていますね。この話題にほとんど関心をもっていないような読者にも、和田政宗議員のマイナスイメージだけは印象に残る仕掛けです。

449 警告!も併せて読んでください。

このままだと和田議員どころか、日本の心を大切にする党自体が余命三年なわけです。「和田政宗氏や元衆議院議員杉田水脈氏等は一線を引いているから今後に期待ができる」[10]との余命のコメントやあとまるまる3年は国会議員の地位は安泰というのは、国会議員としての地位でいれるのはあと三年までという解釈にもなるわけです。[11]

[注10]余命ブログ「449 警告! 2016/2/11」参照。この記事に「ちなみに元次世代の党の和田政宗氏や元衆議院議員杉田水脈氏等は一線を引いているから今後に期待ができる。水脈と書いてミオと読む。両人とも金はないが若さと根性がある人材だ。」との記述があり、余命さんが和田氏、杉田氏に大きな期待を寄せておられるのが感じられます。yosh氏は、このような余命さんの和田氏への期待に呼応するような和田氏への期待の言葉を、『ぱよぱよ日記』の記事の中で言っていらっしゃいます。後で掲げます。

[注11]この記事「余命三年○○日記???」の題名の由来です。この記事自体が、和田政宗議員を茶化し、嘲弄するものであるという証左です。

…中略…

和田政宗議員については、周辺の人間は考えた方がいいんじゃないのかな??少なくとも、●●●●という人物はまずいと思うのですが・・・。正直、取り上げるのも実にバカバカしいので、”●●●●”で二階堂スレが出ますのでお楽しみください(笑)[12]

とはいえ、三年は国会議員の身分ですので、周辺の人間や自身の政策を見直すなど、次の選挙に向けての最善の手が取れれば、再選の可能性もゼロではないし、再選に期待したい議員なだけに、ここらへんの件って気になるわけですね。[13]気にし過ぎでなければいいのですが。。。

[注12]この伏せ字の部分には、和田政宗交流会杜人の会事務局の方の実名があります。ここでは、みずばしょう氏とお呼びします。唐突にこの記事に現れたみずばしょう氏ですが、『照千一隅』の記事で以前、とりあげさせていただいています。「資料:陰陽師顛末記場外編 2 あとがき」で、ハク・ミワさん、H氏とみずばしょう氏がかかわる経緯を簡単にご説明しましたが、一言で言うと、みずばしょう氏は件の二人の標的です。真・××××=H氏にとって、みずばしょう氏は私怨のある人ということになります。その、みずばしょう氏の実名が何故か、この記事で「●●●●という人物はまずい」という語句に登場し、しかも、みずばしょう氏の誹謗、中傷がこれでもかと書き込まれている二階堂スレに誘導する文言すらあります。「お楽しみください」という言葉とともにです。これは、他人が誹謗、中傷されている文章を見て楽しんで下さいと言っているわけで、非常に悪趣味、下劣であると言わざるを得ません。いったいyosh氏は何故、こんなことを書いているのか、それは、後ほど考察します。

[注13]これまで見てきたように、yosh氏は和田政宗議員について、一方ではマイナスイメージを読者に持たせるような印象を与え、他方では、再選を期待すると言います。表面上では、余命さんと同様、和田議員に期待すると言って、余命ファンであることを取り繕う一方、目立たないように和田議員を嘲弄し、印象操作で和田議員のマイナスイメージを読者に刷り込む、これぞまさに面従腹背、欺瞞行為です。

-------引用おわり

関連する記事についても引用しておきます。

パヨクアラカルト~20160227より

「真面目な話、和田政宗議員が沖縄で活動する内容は支持していますし、日本の心を大切にする党については応援しています。」

*二階堂スレより
身元が特定されるおそれがあるので、urlは記載しません。また、実名、差し障りのあるものについては伏せ字にしています。

引用開始-------
367 :文責・名無しさん:2015/07/08(水) 08:05:52.85 ID:H8QvpaqR0
そもそもの始まりは、当てない陰陽師HMこと皇三勾(ハクミワ)を名乗る●●●●。

二階堂を裏切り、元POJの伊佐木に依頼しI AM ▲▲▲▲▲▲というブログを開設。
伊佐木は●●●●と、●●と一緒に二階堂から逃げてきたというMの情報をもとに、二階堂の関係者である▲▲、★★、☆☆へのバッシングを展開。

しかし、Mが実は二重スパイだったと発覚したため、伊佐木はブログ閉鎖。

さらに、●●●●はMと裁判で泥縄の係争。

そんな折、POJ総帥こと永田町担当Bとカミカゼが仲違いし分裂。

●●●●は自分に協力しないPOJとBに不満をもち、Bを敵視する元POJの制作班と手を組み、Bをツイッターで攻撃するも失敗。アカウントを閉鎖し逃亡。

●●●●は度重なる敗北と屈辱の腹いせに、一転してBの相棒の○○を攻撃。
さらに、伊佐木と制作班をたきつけ、○○、○○にやや協力的なカミカゼ、カミカゼをネットで応援する黒猫の三人をターゲットに、セクハラや営業妨害を含む犯罪にあたる執拗な攻撃を展開。そこに、黒猫ストーカーの元POJの孔雀も合流。

その後、●●●●の全貌が晒され、現在に至る。

●●●●はさっさと二階堂に謝罪すべき。

431 :文責・名無しさん:2015/07/19(日) 10:39:16.58 ID:AZmeCX720
ミワはマジで各方面に謝罪行脚しないと、将来ロクな死に方しないよ。

陰陽師の真似事やってれば、そのくらい分かるだろうがよ。

まずは同性の、友達のフリしてひどい陰口ばかり広げた☆☆☆☆(☆☆☆☆)や黒猫に最優先で謝罪懺悔な。

☆☆☆☆や黒猫がミワに何をしたよ?
何もしてねーだろうが!

伊佐木使ってあそこまで変態にセクハラ侮辱しておいて、お前一人逃げられるとでも思ってるの?

伊佐木が全部やったことです、私には責任ありませんとか言ってシラ切るか?

弁護士も見てんだろ?客以前に人としてどうなんだよ?あんたの担当のミワ。

せいぜいよく話し合って決めることだな。

444 :文責・名無しさん:2015/07/22(水) 06:45:10.85 ID:cbk7QKea0
当てない陰陽師HMこと皇三均●●●●は、二階堂ドットコムとPOJとじゃあのBとカミカゼと彼らの関係者全員を敵に回した。

伊佐木と制作班は使用済み扱い。
都合が悪くなったから、鉄砲玉の責任だけ押しつけて、切り捨てだ。
弁護士もそうするようアドバイスしたことだろう。
彼らも遠からず、●●の敵になるだろう。

もっとも、自分の顔写真から職場から友達から自撮りブラジャーまで、自分で公開しているのがバレてしまったから、ある意味もう遅いのだが。

639 :文責・名無しさん:2015/11/05(木) 18:48:19.42 ID:saVtiPHb0
PoJの伊佐木こと※※※※は勤務時間中に妄想オカルト小説。
元ネタもストーカーのPoJの孔雀の妄想作文。

ちなみに二人ともPoJに在留してるかは、不明。PoJ総帥のうひ。こと♯♯♯♯にでも、問い合わせてみるといい。

ともかく※※と孔雀。
こいつらマジで頭おかしいわ。
神だの仏だの以前に病理の域。

二階堂ドットコムと関係あるのは、あくまで、当てない陰陽師HM皇三勾こと●●●●。
二階堂の支援者の寄進によって伏見稲荷から分祠?(宗教用語は不慣れでスマン)した、祠を持ち逃げした件だけ。●●●●が泣きついたのが、PoJの伊佐木こと※※※※だった。後は過去レス参照。

二階堂ドットコムのスレで二階堂ドットコムに関係ない話をするのは、いい加減にしろってこと。

789 :文責・名無しさん:2015/11/20(金) 08:13:28.25 ID:GKougz5+0
高岡スレの人達が分裂したきっかけは、PoJのうひ。氏に近しい女性たちから、黒猫氏をパージするよう強いプッシュがあったことがきっかけ。理由は女同士の小競り合い。
うひ。氏が黒猫氏のパージを決めたカミカゼ氏らが離脱。このことがきっかけで分裂が起こったが、今はそれぞれが別々に動いている。

当てない陰陽師HMこと皇三勾氏に力があるのかないのかは、知らない。分かるのは本名その他諸々。全部ここのスレを見れば分かる。直接電話するなり会うなりすればいいと思う。

今このスレで暴れているのは、伊佐木氏と孔雀の人氏。伊佐木氏は相手が二階堂氏でも黒猫氏でも、とにかく変態エロネタ書ければ楽しいくらいの動機。皇三勾氏にも食指が伸びている。

孔雀の人氏は、今や単なる黒猫氏ストーカーの一員。

○○氏は黒猫氏やカミカゼ氏側にいるらしい。
それが理由で、伊佐木氏と孔雀の人氏、過去には同じく黒猫氏ストーカーでPoJ裏切り者の制作班氏にバッシングされた。

792 :文責・名無しさん:2015/11/20(金) 09:39:44.61 ID:GKougz5+0
ちなみに□□□教団は、宮城の自民党と旧自民が信者。彼らの関係者の選挙事務所の神棚に□□□教団の神札があっただけ。

それを「○○は□□□教団」と執拗に書いてるのが、孔雀の人氏と伊佐木氏。

目的は、とにかく○○氏を潰しだい、だけ。
二階堂氏に撃退され、PoJで干され、黒猫氏にフラれ、カミカゼ氏に愛想つかされ、当てない陰陽師HM氏からも距離を置かれ、それらの逆恨みを○○氏に集中し、はや一年になる。

ちなみに孔雀の人の孔雀は、孔雀明王信者だからだそうな。ゆえになのか、彼はやたら宗教の話をしたがる。

893 :文責・名無しさん:2015/11/23(月) 21:59:56.80 ID:yYKgpTPd0
二階堂を裏切った陰陽師がPOJの伊佐木に泣きついて、伊佐木がPOJを総動員して二階堂を潰そうとしたけど、悪いのは陰陽師でしたって話。その腹いせがPOJとその関係者などに向き、アンチPOJを呼び寄せ、実に一年以上も続いている。

今ここで書いているのは

伊佐木:やたら黒猫を性的に下品に煽る。
孔雀:背乗り朝鮮カルト□□教団転職妨害を連呼。
皇三勾:二階堂稲荷は♭♭神社云々。
その他:よく分からない固有名詞を出してくる。たぶんPOJの昔の関係者(被害者)

まあ彼らにもそれぞれ言い分があるだろうけどね。言えることは私利私欲と私怨ばかりで、何一つお国のためになっていないことだ。[14]

[注14]●●●●はハク・ミワさん、伊佐木氏はH氏、○○氏はみずばしょう氏のこと。
-------引用おわり

■ みずばしょう氏と真・××××とyosh氏
二階堂スレと情報提供者さんの話を合わせてみると、事の始まりは、ハク・ミワさんを含む女性の確執にあったようです。そこに、みずばしょう氏が巻き込まれ、ハク・ミワさんの怒りをかったのが原因で、みずばしょう氏が攻撃のターゲットになり、H氏がそこで攻撃に加わったということらしいです。そして、攻撃の対象はなんの関係もない黒猫さんにまで広がり、H氏は彼女に執拗なセクハラを繰り返しました。

また、H氏=真・××××はみずばしょう氏と関係があった和田政宗議員をもターゲットとして、執拗に攻撃し始めました。つまり、真・××××の和田議員批判は、何ら正当な根拠がなく、もっぱらみずばしょう氏への私怨によるとばっちりであり、みずばしょう氏を困らせ、追い詰めるために行われたことだったわけです。

この真・××××のみずばしょう氏と和田議員への攻撃に関して、yosh氏はこれまでに見てきたように、何故か真・××××を助け、援護する動きをしています。yosh氏がそのような動きをする理由として、幾通りかのことが考えられます。

1. yosh氏自身が正当な理由があって、みずばしょう氏と和田議員を批判している。

2. yosh氏自身がみずばしょう氏と和田議員の両者、または、どちらか一方に私怨があり、両者を攻撃している。

3. yosh氏自身は、みずばしょう氏、和田議員のどちらにも攻撃する理由がないが、真・××××に依頼されて行っている。

4. yosh氏と真・××××は同一人物である。

1. については、yosh氏が読者を二階堂サイトへと誘っていることから見て、事実ではないと推定されます。何故なら、みずばしょう氏を執拗に誹謗中傷し、黒猫さんにセクハラしているサイトを推奨することは、自らの正当性を自ら捨てることになるからです。

3. については、どこか冷笑的なところがあり、他者に対して批判的なyosh氏が、そのような依頼を引き受けることはないと思われます。また、もし引き受けたとしても、記事としては、もっと違うものになっていたでしょう。というのは、和田議員とみずばしょう氏を貶めている記事は義務的に書かれたという感じが全くせず、裏に隠してはいますが、むしろ獲物をいたぶるように喜々として書いたことが伝わってくるからです。記事のタイトルの付け方、二階堂スレのことを読者に紹介したときの「お楽しみください(笑)」という言葉を思い返してください。もし、依頼されて記事を書いたのだとしたら、yosh氏は依頼者に全面的に献身し感情移入していたことになります。何故なら、依頼者の気持ちを自分の気持ちとしなければ、このような記事は書けないからです。yosh氏がそのようなことをする人物か。答えは「否」です。

2. と4. については、どちらも可能性があります。2. の場合は真・××××の私怨とyosh氏の私怨が結びついて、真・××××を支援するような私怨の記事を書いたことになります。そうすると、yosh氏と真・××××はどこで、どうやって知り合い、親密な関係を結んだのかという疑問がでてきます。いくら、みずばしょう氏に私怨があるからとはいっても、他人の書いた、あまりにも異常な文言が書き連ねられている2ちゃんスレに読者を誘うのは、この二人がかなり親密な関係にあると考えるのが妥当です。常識ある社会人なら、推奨したら自分の人格も疑われるようなものを他人に紹介するのは躊躇するでしょう。それを敢えて行うというのは、余程のことと考えざるを得ません。自分の私怨に目が眩んで常識を踏み越えたというのなら、むしろ他人の書いた誹謗中傷は使わず、自ら誹謗中傷するでしょう。そうすると、真・××××の影響が大きくてそうしたと、考える方が自然です。そこまでの影響力を及ぼせるとなると、二人はかなり親密で、しかも、真・××××の方が支配的な関係にあると見るべきではないでしょうか。yosh氏のキャラクターから考えて、そのような人間関係を結んでいるというのは考え難いことです。

以上の考察により、4. の可能性が一番高いことになります。そして、それは、yosh氏が真・××××であることを示唆しているのです。

■ あとがき
本稿では、yosh氏が和田政宗議員と日本のこころを大切にする党をどのように取り上げ、批判したかを見てきました。その中で、特に、和田議員と和田政宗交流会杜人の会事務局のみずばしょう氏に焦点を当て、そこから浮かび上がってくるyosh氏と真・××××の関係について考察しました。

2016/3/14のyosh氏の正体についての考察で、「山岳」についての事実誤認があっても、yosh氏が真・××××であるという疑惑が消えない理由がご理解いただけたのではないかと思います。

次回は、「山岳」の事実誤認について取り上げ、全体のまとめをする予定です。

この記事へのコメント

  • ひとりボッチ

    Tohru Kishii さま
    おはようございます。ひとりボッチです。
    毎回、大変興味深く拝見しています。ありがとうございます。

    H氏は一体、ひとりで何役こなしてるのでしょうね。ハク氏とのコンビふたりでだけでこなしてるのでしょうか。ふたりとも普段の生活もあるでしょうに、まったくもってご苦労な事です。余命ブログによると、伏見事案(名誉毀損?教唆?)では神奈川県警察・検察ともに動かなかったようですが、今後、もしも外患罪(外患罪は無理でしょうか)などで、ふたりが共に長期間拘束(拘留など)されれば、関係するブログ等の更新が長期的にストップしますよね。そうすれば疑惑がはっきりしそうなものですが、他にも協力者がいるのでしょうか。旦那さんとか兄弟とか。
    また、記事には関係ないですが、私はyoshさんはてっきり女性とばかり思っていました(笑) Kishii さまが『彼』とされているのをみて、改めて過去記事を読み返してみると、たしかに男性的な言葉使いもあるなと思いましたが、いままで何故か女性と思い込んでいたんですよね。なんでだろう。
    もしも違ったら失礼なことですが、おかかさま、花菱さまは女性で、信濃さま、大和心さまは男性ですよね。あってますよね(笑)名前で判断できないときは雰囲気(文章、言葉使い)で判断しているのですが、私の判断力があてになならいのが分かりました。因みに、私は男です(笑)
    失礼します。
    2016年10月29日 08:07
  • Tohru Kishii

    ひとりボッチさん、おはようございます。

    >H氏は一体、ひとりで何役こなしてるのでしょうね。ハク氏とのコンビふたりでだけでこなしてるのでしょうか。

    現在、書いていると推定されるブログは五つと見ています。投稿で使っているアクティブなキャラクターも合わせると、手の指で数えられない数になります。推理ではそうなるのですが、実際にやっているかとなると「ほんまかいな」ってなりますよね。二人とも、尋常な人でないことは、確かです。道を踏み外していなければ、才能を発揮して人のためになることもできるのに、残念なことです。

    >余命ブログによると、伏見事案(名誉毀損?教唆?)では神奈川県警察・検察ともに動かなかったようですが、今後、もしも外患罪(外患罪は無理でしょうか)などで、ふたりが共に長期間拘束(拘留など)されれば、関係するブログ等の更新が長期的にストップしますよね。そうすれば疑惑がはっきりしそうなものですが、他にも協力者がいるのでしょうか。旦那さんとか兄弟とか。

    協力者がいる可能性は大いにありますね。

    >また、記事には関係ないですが、私はyoshさんはてっきり女性とばかり思っていました(笑) Kishii さまが『彼』とされているのをみて、改めて過去記事を読み返してみると、たしかに男性的な言葉使いもあるなと思いましたが、いままで何故か女性と思い込んでいたんですよね。なんでだろう。

    文章だけで性別を判断するのは、難しいですよね。

    >もしも違ったら失礼なことですが、おかかさま、花菱さまは女性で、信濃さま、大和心さまは男性ですよね。あってますよね(笑)

    うーん、確実なことは分からないです(笑)おそらく、そうじゃないでしょうか。

    >名前で判断できないときは雰囲気(文章、言葉使い)で判断しているのですが、私の判断力があてになならいのが分かりました。因みに、私は男です(笑)

    意識的に性別が分からないような文章を書いている人もいらっしゃるので、なかなか難しいんですよね。ちなみに、私も女性に間違われたことがあります。外国人からですけど(笑)
    2016年10月29日 09:03
  • ガラケーユーザー

    はじめまして。こそっと失礼いたします。
    私はひとりボッチ様とは反対で、根拠もなにもなく、yosh氏は男性だと思い込んでいました。あとはぼんやりと、年齢はおそらく30代で、額に汗して働く職業ではなさそうだとも、やはり根拠なく思っていました。
    ですから、女性設定だと知った時には、かなり驚いたんです。いつ頃の記事だったのかは忘れましたが、どこかで自分(=yosh氏)の悪口が書かれていて、それによると(有事か何かのために身体を鍛えている?)(勘違い女?)だとかうんぬんかんぬん、という感じだったような。本当にうろ覚えですみません。
    私はSNS自体が苦手なので、その悪口とやらがどこに書かれているのか全く興味がなく、実際の出来事なのかどうかの確認すらしませんでしけれど、ただ、その女性像をyosh氏が否定しなかった(?)のが、とても不思議でした。ぱよぱよ日記さんのスタンスならば、そういう時こそ煙に巻かないといけないと思うんです。それで、ますますyosh氏=男性のネカマだと確信した次第です。
    ちなみに、私は女です。今までのごく限られた交流の中で、間違われたことはないと思っていたんですが、ちょっと不安になってきました(笑)
    何だかすごくどうでもいいことを書いてしまって申し訳ありません。ではまたロムに戻ります。
    2016年10月30日 01:18
  • Tohru Kishii

    ガラケーユーザーさん、はじめまして。コメント、ありがとうございます。

    >こそっと失礼いたします。

    こそっとやっていたプログなので、こそっと訪問してくださる方、歓迎します。

    >私はひとりボッチ様とは反対で、根拠もなにもなく、yosh氏は男性だと思い込んでいました。あとはぼんやりと、年齢はおそらく30代で、額に汗して働く職業ではなさそうだとも、やはり根拠なく思っていました。

    鋭い直感力ですね。女性はこわいです。

    >ですから、女性設定だと知った時には、かなり驚いたんです。いつ頃の記事だったのかは忘れましたが、どこかで自分(=yosh氏)の悪口が書かれていて、それによると(有事か何かのために身体を鍛えている?)(勘違い女?)だとかうんぬんかんぬん、という感じだったような。本当にうろ覚えですみません。

    どの記事のことか調べてみました。おそらく、次の記事かと

    ぱよぱよ雑談~20160718より

    「『お追随ブログ』の中には、B層主婦で、『ハードランディング』に備えて、ジムに通ったり、武器を購入している女がいる。亭主に知られたらひと悶着起きるだろう(笑)」

    「バレたかwww確かに私はかなり前に武器??(雪かき用スコップ)は購入しましたし、亭主にバレるのが怖いです・・・(>_<) ていうか、そろそろ晩ごはんの準備をしないとね♪」

    コメント欄でのやりとりの中にありました。元ネタは伏見さんのブログのようですね。自作自演みたいです。コメント欄で、たまたまそのことに触れた方がいらしたので、悪ノリしたようです。

    >私はSNS自体が苦手なので、その悪口とやらがどこに書かれているのか全く興味がなく、実際の出来事なのかどうかの確認すらしませんでしけれど、ただ、その女性像をyosh氏が否定しなかった(?)のが、とても不思議でした。ぱよぱよ日記さんのスタンスならば、そういう時こそ煙に巻かないといけないと思うんです。それで、ますますyosh氏=男性のネカマだと確信した次第です。

    上に書いたような事情なので、そのように見えたみたいですね。yosh氏については、女性設定ではないと思います。H氏がネカマをやるのが好きというのは、そのとおりです。

    >ちなみに、私は女です。今までのごく限られた交流の中で、間違われたことはないと思っていたんですが、ちょっと不安になってきました(笑)

    性別を明らかにしないで、文章だけで性別を判断するのは難しいですね。私はTohruという名前なので、女性に間違われることはないですが、文章だけなら、女性が書いたとしてもあり得るんじゃないでしょうか。

    >何だかすごくどうでもいいことを書いてしまって申し訳ありません。ではまたロムに戻ります。

    いえいえ、気が向かれたら、是非、またコメントして下さい。
    2016年10月30日 09:55
  • ひとりボッチ

    Tohru Kishii さま
    こんばんは。ひとりボッチです。

    つい先ほど、カミカゼじゃあのさんのツイッターで知りましたが、真カミカゼが逮捕されたそうです(笑)。図らずも先日コメントした通りになってしまいました。関連ブログの更新止まりそうですね。それともミワ氏が更新するのでしょうか(笑)
    2016年10月31日 22:38
  • Tohru Kishii

    ひとりボッチさん、こんばんは。

    >つい先ほど、カミカゼじゃあのさんのツイッターで知りましたが、真カミカゼが逮捕されたそうです(笑)。

    私もつい先程、知りました。

    >図らずも先日コメントした通りになってしまいました。関連ブログの更新止まりそうですね。

    いろいろと、分かってきそうですね。

    >それともミワ氏が更新するのでしょうか(笑)

    文章が違ってくると思うので、書き手が変われば分かるでしょうね。(笑)
    2016年10月31日 22:46
  • 絶対味覚の主婦

    いろんな情報がありますが逮捕というのは本当なんでしょうか?H氏のみがどんな容疑で逮捕されたかわかりませんが、いろいろなところでやらかしているので正しい情報の更新お待ちしています。管理人様がペンの力で悪をたたいたことに少なからず力になったと思います。あの人たちはすぐに金目的のなんとかとか人の事を書きますが、管理人様のお金にもならないリスクの背負った姿勢は賞賛です。
    今後ミワ夫妻が全力で自分のところに来ないことをするのか、伏見関連んのブログを成りすまして更新するのかはあの人たちにしかわからないことですね。ちなみにミワは実名でH氏が書き込んでた泣いて知らなかったと逃げる方向にいます。そんなことは通らないでしょうね。あれだけネット依存していたので 絶対味覚の主婦ではなく自称引きこもりたいけど引き込ませてもらえない(みんなが私の才能によって来る)主婦なのでいくらでも時間はあります。今後残りのミワ夫妻が反省することを望みます。ご主人は人を治す仕事なのですから。
    また次回の更新楽しみにしています。
    2016年11月01日 10:21
  • Tohru Kishii

    絶対味覚の主婦さん、こんにちは。

    >いろんな情報がありますが逮捕というのは本当なんでしょうか?H氏のみがどんな容疑で逮捕されたかわかりませんが、いろいろなところでやらかしているので正しい情報の更新お待ちしています。

    カミカゼじゃあのさんのツイッター情報しか知りませんので、真偽のほどは分かりません。ただ、じゃあのさんが嘘をつくとも思えませんので、伏見告発について、地検がH氏の起訴に踏み切ったということかもしれません。その場合、現在の状況から在宅起訴ではないかというお話も、ある方から伺いました。正直なところ、余命さんにかかわる伏見告発でH氏にまで行き着くことは、無理だろうと思っていましたので、もし、このじゃあのさんのツイートが伏見告発にかかわるH氏の起訴だとすると、たいへん、意外なことです。絶対味覚の主婦さんのおっしゃるように、「いろいろなところでやらかしている」H氏なので、他の件で告訴されていた可能性もありますね。また、今回、起訴ですと、以前の起訴猶予の前歴が重くのしかかってきます。いずれにしても、H氏は窮地に陥っているということになります。

    >管理人様がペンの力で悪をたたいたことに少なからず力になったと思います。

    そうだと、ありがたいのですが。

    >今後ミワ夫妻が全力で自分のところに来ないことをするのか、伏見関連んのブログを成りすまして更新するのかはあの人たちにしかわからないことですね。

    ハク・ミワさんたちが伏見案件にどの程度かかわっているのか。もし、全力で逃げ切ろうとするなら、もう、伏見にかかわりのあることには、近づかなくなるかもしれません。

    >ちなみにミワは実名でH氏が書き込んでた泣いて知らなかったと逃げる方向にいます。そんなことは通らないでしょうね。

    そうなんですね。

    >今後残りのミワ夫妻が反省することを望みます。ご主人は人を治す仕事なのですから。

    私も、そのように願っています。

    >また次回の更新楽しみにしています。

    ありがとうございます。
    2016年11月01日 12:18
  • ガラケーユーザー

    探し出して下さったその記事で合ってます。わざわざありがとうございました。
    私の記憶力があやしすぎて一致している単語が「女」しかないというのに、あの膨大な記事からどうやって発掘なさったのか、それに一番びっくりしました。ささいなコメントだったのに対応して下さって恐縮です。

    改めて二つの文章を比較すると、一致している単語は「亭主」です。当時の私は自作自演説なんて思いもしなかったんですけれど、とても知的でいらっしゃるyosh氏が女性のふりをしたいのでしたら、他はともかくここだけは絶対に一致させてはダメだったんです。女性の心の機微が全くお分かりになっていない男性だということが、この一つの単語だけでも感じられます。多分、こういう小さな積み重ねから、私はyosh氏に「額に汗して働く職業ではない(=実社会で色々な階層の方にもまれた経験がおありでないエリート層)」というイメージを抱くようになったんだと思います。
    それにしても、このお二人の書き手は、ある社会階層に属する女性たちに向けるまなざしがそっくりですね。女性観という点においては、すごく気の合う友達同士とか、それこそ同一人物であってもおかしくないくらいに似ていますよ(笑)

    連日お邪魔してしまって申し訳ありませんでした。では今度こそロムに戻ります。
    2016年11月01日 23:25
  • Tohru Kishii

    ガラケーユーサーさん、こんばんは。

    >探し出して下さったその記事で合ってます。わざわざありがとうございました。 私の記憶力があやしすぎて一致している単語が「女」しかないというのに、あの膨大な記事からどうやって発掘なさったのか、それに一番びっくりしました。

    実をいうと、この記事のことは、私の記憶の隅に引っかかっていたので、割りとすぐに探し出せました。

    > 改めて二つの文章を比較すると、一致している単語は「亭主」です。当時の私は自作自演説なんて思いもしなかったんですけれど、とても知的でいらっしゃるyosh氏が女性のふりをしたいのでしたら、他はともかくここだけは絶対に一致させてはダメだったんです。女性の心の機微が全くお分かりになっていない男性だということが、この一つの単語だけでも感じられます。

    男性の私には、何となく「そこ」がダメなんだろうなと思うところはありますが、確信はないです。これは、深入りしないほうがよさそうです。

    >多分、こういう小さな積み重ねから、私はyosh氏に「額に汗して働く職業ではない(=実社会で色々な階層の方にもまれた経験がおありでないエリート層)」というイメージを抱くようになったんだと思います。

    そうだったんですね。

    >それにしても、このお二人の書き手は、ある社会階層に属する女性たちに向けるまなざしがそっくりですね。女性観という点においては、すごく気の合う友達同士とか、それこそ同一人物であってもおかしくないくらいに似ていますよ(笑)

    ガラケーユーザーさんも、そのように感じられたんですね。

    >連日お邪魔してしまって申し訳ありませんでした。では今度こそロムに戻ります。

    ガラケーユーザーさんが取り上げて下さった記事は、同じところに私もひっかかりを持っていましたが、見直す機会を得て、ガラケーユーザーさんのお言葉から発見することもありました。ありがとうございました。気が向かれたら、また、コメントしてくださいませ。
    2016年11月02日 19:12
  • 櫻咲くまで

    コメント、こちらから入れることができたんですね。
    初めまして、
    某氏への数かすの検証、興味深く拝見しております。
    >麻雀好き
    というのは、某氏の中の人の出身高校の方たちに共通していますね。
    この高校の特に理数系の方たちはお好きなようで、ある種の統計学だからでしょう。

    氏が「四柱推命」をお使いになるのも、この占いが統計学だからというあたりで、一致していると思います。
    ただ人気のある占い師は、四柱推命等の統計学に基づく占いをしていても、どこかで霊感があるんですね。氏の占いが全く当たっていないのは、思い込みもさることながら、絶対的に霊感がない、ということなのでしょう。
    こちらに皇室バッシングのデマに関するまとめがありましたので、ご紹介します。
    http://brief-comment.com/blog/koushitu/53885/

    コメント欄がなかなか興味深いものがあります。
    次回の記事も、楽しみにしております。
    2016年11月06日 10:05
  • Tohru Kishii

    櫻咲くまでさん、はじめまして。

    >>麻雀好き
    >というのは、某氏の中の人の出身高校の方たちに共通していますね。
    >この高校の特に理数系の方たちはお好きなようで、ある種の統計学だからでしょう。

    お詳しいですね。同窓生の方でしょうか。

    >氏が「四柱推命」をお使いになるのも、この占いが統計学だからというあたりで、一致していると思います。

    そうなんですか。

    >ただ人気のある占い師は、四柱推命等の統計学に基づく占いをしていても、どこかで霊感があるんですね。氏の占いが全く当たっていないのは、思い込みもさることながら、絶対的に霊感がない、ということなのでしょう。

    どうなんでしょうね。

    >こちらに皇室バッシングのデマに関するまとめがありましたので、ご紹介します。
    >http://brief-comment.com/blog/koushitu/53885/
    >
    >コメント欄がなかなか興味深いものがあります。

    参考にさせていただきます。

    >次回の記事も、楽しみにしております。

    ありがとうございます。
    2016年11月06日 23:41
  • Smitha717

    Greetings! Very useful advice within this article! It is the little changes that make the most important changes. Many thanks for sharing! fdabafkddgaeakkk
    2016年11月08日 18:20
  • 櫻咲くまで

    管理人様、お返事ありがとうございます。

    >同級生の方でしょうか
    都内の進学校の生徒、保護者なら当たり前に知っている情報です。
    2016年11月10日 11:11
  • Tohru Kishii

    櫻咲くまでさん、こんばんは。

    >都内の進学校の生徒、保護者なら当たり前に知っている情報です。

    そうでしたか。それは、失礼しました。
    2016年11月10日 20:13