terumi_satoh氏の正体

バックアッブ』「2428. あと一週間 補足」を、こちらに再掲します。
……………………………………………………………………………………………………
2018/04/07
『バックアップ』「2428. あと一週間」追記で、「terumi氏=『さとうてるみ』氏について、今のところMH氏の被害者である可能性が高いとしてきましたが、その後の調査でterumi氏は、どうやらMH氏の協力者であることが分かりました。これは、ある方の情報提供によって判明したことです。」とお知らせしましたが、その補足説明です。

■ terumi_satoh氏は目薬さんだった
余命記事「1998 2017/11/5アラカルト」で、「terumi_satoh氏が悪魔の提唱者を構成する者の中の一人であるという推測」について述べ、「1991 第六次告発⑤」では、「terumi_satoh氏が悪魔の提唱者を構成しているうちの一人であることの傍証」について取り上げました。

そこで想定していたのは、terumi_sato氏=悪魔の提唱者M氏=MH氏という仮説でしたが、情報提供とそれに基づく調査により、その仮説は誤りであると分かりました。そして、terumi_satoh氏の中の人は、目薬さんと呼ばれる方でMH氏とは別人であることがほぼ、判明しました。

terumi_satoh氏=目薬さんと判明した経緯については、情報提供してくださった方から守秘が要請されていますので、ここではお話できません。

当初、terumi_satoh氏=悪魔の提唱者M氏=MH氏ではないかとした根拠は、『凸っちゃおっかなー』の記事に、ある係争について扱ったものがあり、その係争中の事案の事情を共有し、共闘できるような、MH氏、H氏以外の第三者はいないという判断にありました。

この事案において、第三者にMH氏、H氏側の味方をしてもらうためには、彼らがある人物に仕掛けた行為を正当なものと認識してもらわなければなりません。MH氏の逆恨みから始まるこの事件に彼女の正当性などあるはずがなく、第三者を納得させることは困難でしょう。また、事件の経緯について嘘を並べたとしても、すべてのことに辻褄が合う嘘をつくことも難しく、やはり、第三者を納得させることはできないと思われます。さらに、他人の揉め事に自分から進んで首を突っ込もうという人はよほどの事情がない限りいないので、たとえMH氏、H氏の言葉を信じたとしても、味方をして助力までするということは、考え難いことです。

以上のような理由で、『凸っちゃおっかなー』の筆者であるterumi_satoh氏をMH氏であるとしました。しかし、事実として、MH氏、H氏と共闘する人物がいたわけです。これをどう捉えればよいかということについて考えました。そして、以下の2点に思い至りました。


1. MH氏には、「すべて嘘でも、なぜか他者にそれを信じさせてしまう奇っ怪な力」があると見ていたが、その力が私の想定を上回っていた。

2. 目薬さんは、MH氏になんらかの弱みを握られている。


目薬さんは、陰陽師としてのMH氏に会っていた可能性があります。そのときに、当然、悩み事を相談したでしょう。他者に悩み事を相談するというのは、その人物に心を許すことであり、同時に弱みを握られることでもあります。MH氏はそれを悪用し、目薬さんの信頼を得、目薬さんの心を支配しているということが考えられます。

私は、MH氏は所詮、似非陰陽師、似非霊能者であり、長期に亘って人の心を支配できるとは考えていませんでした。私の考えが甘かったかもしれません。

■ 「しらゆき」について
「しらゆき」の正体は、MH氏であるとしてきましたが、それについては、以下のように変更しなければならないと考えます。


1. 「しらゆき」の正体はMH氏であるが、目薬さんが身代わりとなってMH氏の盾となっている。

2. 「しらゆき」の中味は複数の人物であり、首謀者がMH氏、実行者が目薬さんである。


1. と2. のどちらが適切であるのかは、現在のところ判断できません。

2. のように見られることの根拠を以下に示します。


a. 「××××」(HNは、伏せ字にしてあります)というHNで『照千一隅』にMH氏を利する投稿があり、しかも、その時に使われたIPは「しらゆき」が使っているものと同一だった。『照千一隅』の当てない陰陽師に関する記事は、目薬さんとは関わりのないものであり、なんの不都合もないにもかかわらず、「しらゆき」である目薬さんがその記事に反応したことになる。

b. 『凸っちゃおっかなー』「親愛なるT.K.様 https://web.archive.org/web/20171222041329/http://blog.goo.ne.jp/terumi_satoh/e/e179edeff8f2516af5abd5888b632f66 」の中で目薬さんは、「あんた、あたしとやり取りしたことなかとに」と言っているが、目薬さんが「しらゆき」なら、「××××」という名前で私に接触したことがあることになる。つまり、嘘をついていることになる。おなじIPを使っても「××××」とわざわざ名前を変えたのは、意図があってのことで、その意図とは、「しらゆき」がMH氏と結びつくことを避けたいということとしか考えられない。そして、この記事でも「××××」の投稿のことは嘘をついてまで隠したという事実が、目薬さんとMH氏の他者に知られたくない関係、つまり共犯関係を浮かび上がらせている。


a. b. から窺われることは、目薬さんがMH氏を庇うために動いていることと、そのような2人の関係を他者から隠しておこうとしていることです。いずれも、MH氏の意向に沿ったものであることは明らかで、それがこの2人の主従関係を示していると言えるでしょう。

■ 最後に
目薬さんは、ある意味、当てない陰陽師の被害者である可能性があるので、若干、同情するところがあるのですが、これまでの行為の犯罪性を考えると、決して許すことはできません。

目薬さんには、一刻も早く過ちに気づいてMH氏から離れ、縁を切ることをお勧めします。そして、迷惑をかけた余命さん、五十六パパさん、せんたくさん、信濃さん、豆腐おかかさん、余命サポーターさんたちに謝罪してください。

MH氏に従っていれば、一緒に地獄に引きずり込まれてしまうだけです。

この記事へのコメント