ご無沙汰しました

読者のみなさん、ご無沙汰しておりました。なかなか記事執筆の時間が取れず、ブログの更新が滞ってしまい、申し訳ありませんでした。

余命ブログの防御は固く、余命周辺ブログと読者のみなさんの防御の為、判断材料となる資料などは、既に当ブログに掲載したもので十分と考えており、今のところ修正の必要も感じておりません。ですので、当ブログの「余命ファンのみなさんにH氏とその仲間たちによる脅威があることを知らせ、自ら身を守るよすがとしていただくことを目的としたブログ」という一つの役割は、基本的に果たしたものと考えております。今後、様々なことが明るみになるに従い、当ブログで立ててきた様々な仮説を検証していきたいと思いますが、それはまた、後の話になります。

これ以降、雑感を記事にするとき、従来のように「雑記」にまとめることをせず、短いものでも独立した記事として出稿することにいたします。

今後とも、『照千一隅』をよろしくお願い申し上げます。

今後の記事出稿について

『照千一隅』をご贔屓いただき、ありがとうございます。この、どちらかといえば読みやすくなく、理解しやすくもない当ブログの記事を、辛抱強く読んでくださっている読者の方々へは、感謝の言葉しかございません。ありがとうございます。

これまでにも幾度か述べてきましたように、このブログの主要な目的は、余命さんと余命プロジェクトを支持される方々へ、余命さん、スタッフさん、余命さんを支持される方々から成る「余命集合体」に対して、この集合体を分断、破壊、あるいは、乗っ取りを画策する者たち、工作員がいること、また、工作員が「余命集合体」の中に入り込み、余命プロジェクトの支持者を装いながら、集合体内部から工作を仕掛けていることをお知らせし、工作員たちの策略に嵌らないようご注意いただくべく、警鐘を鳴らすことです。

また、記事の中で、この工作員たちの首魁と目される者について、その人物像にある程度、踏み込んで記述しましたのは、その人物がどのようなキャラクターになりすまそうとも、その人物の本質は不変であり、その本質を掴んでいただいて、なりすましとそれに伴う工作を見抜くよすがとしていただくためです。このような意をお汲み取りいただき、当ブログの記事をご利用いただければありがたいです。

今後の記事出稿についてですが、上で述べました目的について、これまでに出稿してきた記事である程度、達成されています。そこで、ごく短い雑記は別として、記事の出稿を週に一度程度としたいと思います。また、内容も、工作員から離れたものが多くなるかと思います。

しかしながら、余命ブログ周辺関連サイトにおける荒らし・なりすましは見られなくなっているとはいえ、工作活動は続いています。相変わらず、ファン、支持者になりすました工作員たちが跳梁しているということです。彼らの動向を見ながら、資料を集め、必要なときには記事にして出稿したいと思っています。

記事の訂正、変更、内容の追加などについては、掲示板でお知らせしておりますので、そちらもご覧になって下さい。

今後とも、『照千一隅』をよろしくお願い申し上げます。

鉛筆とノート

今後の更新についてのお知らせ

読者のみなさま、『照千一隅』に関心を寄せてくださり、誠にありがとうございます。また、コメントや「お問い合わせ」から、ご意見、ご感想、情報などを寄せてくださった方々へ、この機会に篤くご御礼申し上げます。

「ネット検索に騙されないために」までで、読者のみなさんにお伝えしなければならないことは、一通り、掲載し終えました。現在、進行している事柄については、時機を見計らって書きたいと思います。

記事の中で予告していながら、他に優先して書かなければならないことが起きたために書けなかった事柄については、時機を逸してしまっており、申し訳ありませんが、改めて書くことはしません。また、私に知見、知識が不足しているために書けていない事柄については、勉強と調査、考察を重ねてまいりたいと思っております。

今後の『照千一隅』については、今までの週に一度程度の更新より、更新頻度を低くさせていただき、不定期更新とするつもりです。

今後とも、余命さん、プロジェクト、協働団体、サポーター、ファンを標的とした攻撃、分断工作などの策動を見張り、注意喚起してまいる所存です。よろしく、お願い致します。

ブログ名の意味と今後の『照千一隅』について

改めまして、本ブログの筆者、Tohru Kishii でございます。
本ブログにお越しいただき、ありがとうございます。本ブログも節目を迎えておりますので、この機会に、これまでの本ブログについてのご説明と、これからの本ブログのあり方についてお知らせいたします。

いままでは、交流のある方と記事を読んでいただきたいと思った方にのみ、このブログのことをお知らせしていました。私信の延長線上のような使い方だったのですが、手違いでブログのアドレスを、不特定多数のかたに公開してしまいました。

この機会に、本当の意味での公開ブログに転換していこうと思います。私は余命ファンであり、余命サポーターで、このブログでも度々、余命ブログや余命プロジェクトについて取り上げてきました。けれども、それらは私的な覚書、忘備録、知人への伝言という性格のもので、必ずしも不特定多数の方への公開を、考慮したものではありませんでした。とはいえ、想定外の方がご覧になる可能性が全くないわけではないので、表現の配慮はしております。それゆえ、どなたに見ていただいても何ら支障はなく、このまま残しておくつもりです。

公開ブログとしての『照千一隅』は、余命ファンブログとはしないつもりです。扱う話題は、歴史、思想、哲学、宗教などで、時に時事もと予定しています。更新は週に一回程度になると思います。

「照千一隅」は、真理よりは千里ほどの遠い彼方にいる私を照らし導く燈火という、私なりの思いを込めた標題です。ここで言う「一隅」とは角を固め基準となるもの、という意味と解釈しています。揺るぎない基準を固め、私を導く光、それを私なりに表現するブログ、そのような意味の標題です。

私自身については、「一燈照隅 万燈照国」の一燈となれればと願っております。