雑記 4

2017/05/28
36. 夜からの旅立ち

「夜からの旅立ち」は、再生と再出発の歌。時代の気分に合っていると感じます。下に、歌詞と刀根麻理子さんの歌を掲載します。とてもいいので、聴いてみてください。


夜からの旅立ち 〜フライデーナイト・ファンタジー〜

まだ蒼く煙る 水平線を ぼんやり見てると

今来た道 先へ行く道 目の前に 遠く消えて行く

もう戻らぬ時の 刹那に独り 今 佇んでる

苦しい ほど 愛に縛られ 泣いてた 私がはじけた

茜の 雲の間に間に 煌めく朝の色

寄せては 返す波に くちづける

儚い 夜の とばりが

瞼に 溶けて行き 広げた手には 明日が 眠ってた



過ぎ去りし日々の 数々の夢 抱いていたけれど

幾千 もの 星に託して そっと 瞳を閉ざした

光をなくした 青ざめた肌 夜に脱ぎ捨てて

切ない ほど 愛を重ねた 日々に 別れを告げよう

明け行く 海の波間に ゆらめく 愛の色

新しい 今日の風を 染めて行く

果てない 明日の訪れ 心を 抱き締める

壊れた 時計を捨てて 歩き出そう



茜の 雲の間に間に 煌めく朝の色

寄せては 返す波に くちづける

儚い 夜の とばりが

瞼に 溶けて行き 広げた手には 明日が

眠ってた


夜からの旅立ち 刀根麻理子

音量は ↑↓ で調節できます。

歌  刀根麻理子
作曲 ピエール・ポルト
作詞 刀根麻理子
[注: Wikipedia 「ピエール・ポルト」 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%88 参照。刀根さんの作詞については、「歌手の刀根麻理子は、この曲に自作の日本語の歌詞を付けて」との記述がありますが、出典は示されていません。]

………………………………………………………………………………………………

2017/05/25
35. 忘備録

■ 『真太郎のブログ』より
気になった真太郎ブログの記事を、採録しておきます。なお、以下の引用の下線、太字などの強調は私が施したものです。

定点観測でも反日勢力の勢いの減退がわかる。例えば、ニュースUSのコメント欄。余命ブログと支持者非難の書き込みが無くなった。もう一度、余命ブログ無視作戦に戻したようだ。ちなみに、工作員による真太郎への
2017/5/24(水) 午前 7:29
http://web.archive.org/web/20170525094456/https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18493696.html

引用開始-------

攻撃も減退した。しかし、その反日反余命サイトには真太郎に対するプロパガンダが残っているので時期が来れば外患誘致罪共謀罪等で刑事告訴だ。売国奴に死刑を!

[注: この反日反余命サイトが、どのサイトのことを示唆しているのかは不明。反日反余命サイトで、真太郎氏に対するプロパガンダが行われているものを、私は発見できていません。敢えて言えば、比較的頻繁に真太郎氏について言及のある悪魔ブログのことでしょうか。真太郎氏は、既に悪魔ブログについて、引用の中で間接的にですが、「死刑にな~れ!」と宣告しています。これについては、当ブログ「悪魔の提唱者氏を巡る雑記 2-8. 悪魔ブログと真太郎ブログについて 2」をご参照ください。なお、自分への攻撃に敏感に反応、応戦するはずの悪魔の提唱者氏が、この真太郎ブログの記事に対し、何の反応も示していません。それは、不思議なことです。悪魔の提唱者氏が、『真太郎のブログ』の記事更新をフォローしていることは、悪魔ブログの記事から明らかであるにもかかわらずです。こんなところからも、彼らが仲間であることが窺えます。]

.....いい悪いや信憑性を考える前に、とりあえずいろいろ情報を集めることだ。単純にその比較である程度のことはわかる。まだ完全にアップ処理できていないが、東京地検の異変シリーズのみなさんの投稿、あるいは直接的に全国地検の対応をPDFでアップすることにより、事実をベースにした状況把握が可能となる。メディアがねつ造や偏向報道で汚染され、司法の癒着も危機的であるが、国民が目覚めれば瞬時にこの状況は改善される。政権も民間もひた押しに進んでいるからもう少しの我慢だな。

-------引用終わり


■ 余命ブログより

1663 2017/5/24アラカルト3
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/05/24/1663-2017524%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%ef%bc%93/
引用開始-------

けいちん
ここ数日、ミラーサイトさんの官邸メールの送信数が急減しているのでおかしいと思っていたら、2ch の余命スレに関連が疑われる書き込みを見つけましたので、お知らせします。もしこれが事実なら、大変な不法行為に該当すると思います。
ttp://itest.2ch.net/test/read.cgi/korea/1495325970/l50
0168 マンセー名無しさん 2017/05/24 01:52:16
いろいろ調べていたら、流石に吹きました
官邸側の迷惑メールの受信を拒否する仕組みを見つけました
いつからかは分かりませんが、余命官邸メールは届いていません
返信 3 ID:7Ab9Siwz(1/2)
0169 マンセー名無しさん 2017/05/24 02:17:08
余命さんは、安倍総理と二人三脚どころか拒絶されているんですね
ご愁傷様です
ID:7Ab9Siwz(2/2)

.....まあ、あまり気にしないことだ。この関連は共謀罪成立と同時に動き出す予定だったが、第一回の伏見告発人の手術が成功して現在はほぼ完全に回復していることから、週明けにも再告発することになった。
 また、この件とは別に第五次告発として№32と№207で2000人による刑事告発される予定となっている。
 この件は東京地検と横浜地検において門前払いとなっていることから、検察官適格審査会への申し立てを準備している。併せて金田法相と安倍総理への要望書も提出の予定である。この1ヶ月でまた証拠が増えて400ページはこえそうである。これをすべて添付することになる。
№32では以下の者が外患罪で告発されている。これは第五次でも同様である。
被告発人 
伏見顕正(ブログ管理人)及びそのグループ
でれでれ草ブログ管理人
悪魔の提唱者と称する者およびそのグループ
反日、反社会的ネット投稿者(別添リスト)
№207では以下の者が外患罪ではなく第五次告発では一般犯罪で告発されている。
被告発人 
伏見顕正(ブログ管理人)及びそのグループ
第二 告発の罪名
刑法第230条 名誉毀損罪
刑法第233条 信用毀損・偽計業務妨害罪
刑法第172条 虚偽告訴罪
刑法第222条 脅迫罪
 この告発を受理せず、現状でも検察官適格審査会あるいは状況によっては外患罪で告発されるリスクを負ってまで、検察はこれらの連中をかばうことができるだろうか。先行き共謀罪と外患罪のコラボとなるときは2chをはじめとするネットも標的となる。
大変楽しみな展開となってきたね。

-------引用終わり

上記の真太郎ブログ記事より後の余命記事ですが、反日反余命ブログに対する余命側の攻勢が強まっていきますね。

■ News U.S.の投稿欄より
真太郎氏への言及があるNews U.S.への投稿の検索結果を採録しておきます。最近のものと、「<真太郎>」という表記の投稿が始まった当初のもののみです。(検索すると200件ほどヒットします。)
………………………………………………………………………………………………

【韓国発狂】在韓米軍兵が韓国民をバカにして大炎上www【動画あり ...
2017年4月27日 ... こんにちは♪ 今日もザイニチ教養強要講座の時間が勝手にやって参りました。 講師は わたくし、年中無休24時間営業の万年乞食@屁う沼の<真太郎>アボジ☆がお送り 致します † 今日のテーマ、お題は「英語のススメ」と「脱嫌韓論」それに ...
www.news-us.jp/article/20170428-000003k.html

【韓国経済崩壊】サムスン、ついに充電量を0%に制限!!!! 馬鹿か!!!!
2017年3月26日 ... 歴史に残る物草<真太郎>アボジの数々の汚バカ発言集が如きお笑いサムチョン☆の 爆笑<ギャラクチョン>シリ~ズ♪ w 最早この意味不明. Posted by ヒトデすらないの に@何故かエラそうな<Z>w at 2017年03月27日 21:02.
www.news-us.jp/article/20170327-000008k.html

【韓国発狂】安倍首相が「韓国はバカだ」と発言したらしいぞwww 韓国人 ...
2017年3月26日 ... Posted by コシミズ支那工作員への警告w at 2017年03月28日 12:53. 流石稀代の名 総理安倍ちゃん♪ 嫌がらせが生き甲斐の確信バカz<真太郎>アボジの最たる所以 もとい由縁を、繊細かつ大胆に言い当てておられますわね<@> w.
www.news-us.jp/article/20170328-000002j.html

【森友学園】籠池泰典、偽証罪で逮捕クル (°∀°) !!! 国会で ...
2017年3月24日 ... まんまザイコパス<真太郎>アボジの汚バカ痴呆禁断症状そのものでしたね ww. Posted by 糞ワロスw at 2017年03月26日 11:14. 連綿と続いた実の親子の交配で DNA完全異常の基地外連綿と続いた実の親子の交配でDNA完全異常の ...
www.news-us.jp/article/20170326-000002z.html

【韓国経済崩壊】馬鹿大統領の罷免で経済も窮地に!!!! 韓国人が惨め
2017年3月13日 ... 真に万年乞食のウンコZ便衣兵の分際で、何故かエラそうな<真太郎>アボジその物 ですね w. Posted by 誰よりも韓国朝鮮人らしい<糞>ですものねw at 2017年03月14 日 20:35. ゴールデンタイムって日本が作った和製英語じゃんw
www.news-us.jp/article/20170314-000008k.html

【緊急速報】韓国、明日から内戦クル
2017年3月8日 ... Posted by 地獄の屁う沼&糞沼の<真太郎>アボジ† w at 2017年03月09日 17:29. 3/10~韓国キチガイ祭り開催. Posted by khg at 2017年03月09日 17:30. 韓昌祐(ハン チャンウ、1931~)は、パチンコ業界のマルハン・グループの創業 ...
www.news-us.jp/article/20170309-000007k.html

【韓国発狂】日帝の過酷な植民地支配がウソだと一発で理解できる写真集
2017年3月7日 ... リーダー信者」だの「スター信者」だのと、一人で悦に入っている未開病身の自慰行為・ 屁理屈ソント&糞掛けコント乞食爺<真太郎>アボジ便衣兵Z と同じく、定期的に起こる 火病の発作に襲われ蝕まれて、トチ狂って<ウリ発狂>しているだけ ...
www.news-us.jp/article/20170308-000009k.html

【在日発狂】安倍内閣の支持率が全然下がらないwww 反日パヨクの苦労 ...
2017年3月6日 ... 正しくなんでも自称する大物の万年乞食自慰便衣兵<真太郎>アボジZ大勲位☆の事 ですね w. Posted by 大韓の代弁もとい大便者<@>デス死ねw at 2017年03月08日 00:44. 中国の「アパホテル攻撃」は日本の言論の自由に対する挑戦 ...
www.news-us.jp/article/20170308-000011j.html

【韓国崩壊】日韓スワップ終了で韓国悲鳴www 「ドルベースのスワップが ...
2017年3月6日 ... 妖怪児泣き爺ならぬ只の乞食爺<真太郎>アボジさんみたいな猛烈に臭い<ウンコ> に構けていたら、汚穢<バカ>チョンが感染李ますね@. Posted by まあソントがしたい だけの死ぬほど暇で悲惨な未開病身<Z>さんですねw at 2017 ...
www.news-us.jp/article/20170307-000003k.html

【韓国敗北】米アトランタの慰安婦像設置【 不許可 】キタ
2017年3月5日 ... 京都のチャ・ウンコクこと強烈な悪臭を放つ醜悪執拗な異常ザイニチ・万年乞食のヅラ 夫さん<真太郎>アボジ@ こんな超絶<バカ>が年中ネットに張り付いて、粘着自慰 行為を仕掛けてきたらどういう心地がするでしょうか。 Posted by それ ...
www.news-us.jp/article/20170306-000005k.html

~~~~~~~~~~

【韓国経済崩壊】サムスン、なんと中国の幹部に土下座させる!!!! 馬鹿か ...
www.news-us.jp › 韓国経済崩壊・破綻
2016/11/01 - 真太郎>アボジ~疑って相済まなかったニダ~m(__)m. Posted by ごめーんねっ♪ at 2016年11月01日 20:36. きもちわるー. Posted by nanasi at 2016年11月01日 21:03. これからは在日たちがどこに入り込んでいるか、 韓国から流れた韓国人がどんな ...
www.news-us.jp/article/20161101-000007k.html

【韓国涙目】安倍首相が15カ国の首脳と会談へ ⇒ 全員韓国を 無 視 www ...
www.news-us.jp › 日本の政治・安倍政権
2016/10/27 - Posted by 正しく池沼<真太郎>アボジが如し。 at 2016年10月27日 23:00. 安倍さん、はやく憲法変えて、太閤秀吉以来の第三次朝鮮征伐しないかなぁ~。今度はチョンを皆殺しでお願いします♪. Posted by 第三次朝鮮征伐はよ♪ at 2016年10月27日 23: ...
www.news-us.jp/article/20161027-000009k.html

【在日発狂】ついに韓国が在日をボロクソに非難キタ - News U.S.
www.news-us.jp › 【在日崩壊】韓国人の兵役
2016/10/07 - まず土無能<真太郎>アボジから真っ先に血祭りに上げた方がいいと思いますがね。韓国さん w こいつが事態を悪化させている、紛れもない張本人の一匹ですからねー。 Posted by 足掻けば足掻くほどに、それだけ早く沈む。 at 2016年10月08日 02:20.
www.news-us.jp/article/20161008-000011z.html

………………………………………………………………………………………………

2017/05/17
34. 外患誘致罪告発の意味

外患誘致罪告発が検察によって起訴され、裁判によって非告発者が処罰されるには、国民、司法機関、政府(国民による告発、検察、裁判所の働き、政府の政治判断)が協力することが必要です。外患誘致罪は、法律でありながら政治的判断がなければ実効的な意味をもたないもので、司法の範囲から逸脱した部分があります。外患誘致罪が機能するためには、愛国心を土台として、政官民が協力する必要があるのです。

日本国が存亡の危機を迎えている現在、まさに、外患誘致罪が売国奴たちに適用されるべき時です。それは、日本国を守るための、内部から破壊された日本を再建するための日本国の総力を結集しなければならない戦いなのです。そして、外患誘致罪は政官民が協力しなければ実効性を持たせられません。今、外患誘致罪告発が行われていますが、それは効力を発揮できずにいます。これらのことから分かることは何でしょうか。

国民は、日本国の危機に気づき、外患誘致罪告発をもって立ち上がっています。政府は、国会答弁によって有事適用の条件を明らかにしています。また、検察は外患誘致罪告発を受理しようとしません。この三者の中で、明確に愛国心の土台に立って行動していないのは、どこでしょうか。

このことを考えれば、外患誘致罪告発の持つ意味は明白でしょう。

鉛筆とノート
posted by Tohru Kishii at 00:00Comment(0)日記

今後の記事出稿について

『照千一隅』をご贔屓いただき、ありがとうございます。この、どちらかといえば読みやすくなく、理解しやすくもない当ブログの記事を、辛抱強く読んでくださっている読者の方々へは、感謝の言葉しかございません。ありがとうございます。

これまでにも幾度か述べてきましたように、このブログの主要な目的は、余命さんと余命プロジェクトを支持される方々へ、余命さん、スタッフさん、余命さんを支持される方々から成る「余命集合体」に対して、この集合体を分断、破壊、あるいは、乗っ取りを画策する者たち、工作員がいること、また、工作員が「余命集合体」の中に入り込み、余命プロジェクトの支持者を装いながら、集合体内部から工作を仕掛けていることをお知らせし、工作員たちの策略に嵌らないようご注意いただくべく、警鐘を鳴らすことです。

また、記事の中で、この工作員たちの首魁と目される者について、その人物像にある程度、踏み込んで記述しましたのは、その人物がどのようなキャラクターになりすまそうとも、その人物の本質は不変であり、その本質を掴んでいただいて、なりすましとそれに伴う工作を見抜くよすがとしていただくためです。このような意をお汲み取りいただき、当ブログの記事をご利用いただければありがたいです。

今後の記事出稿についてですが、上で述べました目的について、これまでに出稿してきた記事である程度、達成されています。そこで、ごく短い雑記は別として、記事の出稿を週に一度程度としたいと思います。また、内容も、工作員から離れたものが多くなるかと思います。

しかしながら、余命ブログ周辺関連サイトにおける荒らし・なりすましは見られなくなっているとはいえ、工作活動は続いています。相変わらず、ファン、支持者になりすました工作員たちが跳梁しているということです。彼らの動向を見ながら、資料を集め、必要なときには記事にして出稿したいと思っています。

記事の訂正、変更、内容の追加などについては、掲示板でお知らせしておりますので、そちらもご覧になって下さい。

今後とも、『照千一隅』をよろしくお願い申し上げます。

鉛筆とノート

余命さんに感謝

■ 『真太郎のブログ』の目的
真太郎ブログの目的については、その開設当初に明確に宣言されています。

真太郎ブログ記事 「要注意」 より
http://web.archive.org/web/20160710234005/https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/17855686.html

(引用中の太字、下線強調は私が施したものです。)
引用開始-------

要注意
2016/4/2(土) 午前 11:45

気を付けよう。こまったときは余命425に連絡。

余命関連のサイトがだいぶ攻撃されているようである。該当サイトの方は、この425ファイルをお使いいただければと思う。
また近日中に、直接的な余命サイドの方々を糾合して何らかの形作りをしたいと考えている。その実現のためにあらゆる関係の情報交換とご意見を集約して下準備をはじめたいとも思っているので、是非、この425コメント欄を有効に利用していただきたい。

この余命運動に加わるべくこのブログを開設した。
…後略…

-------引用終わり


上記引用から分かるように、真太郎ブログは、余命さんとスタッフさんに接触し、内部に入り込むために作られたものであると、開設当初から宣言されていたのです。

■ 「余命サイドサイト糾合」の顛末
この「要注意」に引用されているのは、余命記事「547 2016年3月30日時事」からです。余命ブログと余命周辺関連サイトは、2016年3月始め頃から反余命工作員による攻撃を受け始め、特に3月12日以降は、大和心さんのPC破壊事件、『待ち望むもの』への荒らし、なりすまし投稿の激化と、熾烈さを増していました。それを受けて、余命さんがどのように対処されたかは、以下の余命記事の引用から知ることができます。

余命記事より

(太字、下線などの強調、文字の色違え、注釈は私が施しました。)
引用開始-------

534 2016年3月25日時事
2016年3月25日

.....なりすましにあった読者はこの犯罪の片棒を担がされたかたちになっているわけだ。確定している読者は2名だが、まだまだありそうだ。みなさんが名誉毀損等で刑事告訴される場合、余命としてはなりすまし犯の投稿情報のすべてを開示するつもりである。
 また数が多ければ、まとめて集団告発も考えているのでご連絡いただきたい。法手続から諸費用まですべて余命が負担するのでそちらについてのご心配は無用である。ブログ上で意思表示されればこちらから連絡させていただく。


540 2016年3月26日時事
2016年3月27日

.....大和心の回帰さんについては、PCに攻撃を受けたらしく警察に通報したとのことである。4月中には余命保守サイトのみなさんと具体的な対抗策をとる予定である。


543 なりすまし事件②
2016年3月28日

日本を保守したい
自首してきた者がいるとの事ですが、それを許してしまうのもどうかと思ってしまいます。
 許しても今後もどこかでどうようの事をする可能性は高いと思いますし。
 こういった輩は断固とした態度がよろしいかと。
 恩に対してどうしてきたかは歴史という過去の事例が物語ってるでしょうし。
 昔の事、という考えもあるかもしれませんが、過去の事例は今後も繰り返すかもしれない行動パターンをあらわしてるとも思います。
それを考えると、許してしまってよいものか、と考えてしまいます。
 可能であるなら法的措置をとられた方が一番無難ではないかと思います。

高速冷房
余命さん、二代目余命さん、スタッフさんこんばんは。
ええ!?(゜ロ゜;)ごめんなさいしてきたのですか!?
にわかには信じられませんが…。
データは保存されてるとの事ですが、大丈夫でしょうか?
いつ態度が急変して「ウリ達は被害者ニダ!」になるかわかりませんし…。
とにかく「なりすまし事件」はいったん様子見という事でしょうか?

.....以上、二件の投稿について
本日、また1件、削除依頼があった。余命ブログの投稿については、みなさんそれぞれ自由にネーミングしているし、ブログの中ではなりすまし投稿はすぐにバレる。個人情報はすぐに特定されるから通常はあり得ない行為である。現状ではなりすまし?であって、別に余命が被害を受けているわけでもない。「いったいどうなってるの?」ということであるが、今回、在日なりすましと判断した理由がいくつかある。

1.文中にかなり過激な表現をはめ込んでいる。
2.過激行動を余命が容認、あるいは扇動しているように誘導する
3.過激発言に対するコメントを求める。

[注: これらは、MH氏とH氏が一貫してとっている戦術です。]

決定的だったのが同日に8人が同じ理由「過激発言を反省している」として、「過去の投稿の削除依頼」と「削除依頼投稿の削除」の要請があったことと、その依頼の文の中に、まったく共通のカ所があったことである。仲間内で相談したことが明らかであった。

[注: 同一人物が、複数のキャラクターを演じている可能性もあります。つまり、実際には8人ではなく、もっと少人数である可能性があります。]

 なぜ事件にもなっていないのにということだが、推測ではあるが他の仲間内のブログで好き勝手に書き込みをしていたのであろう。それが調子に乗って余命ブログに直接の書き込みという馬鹿をやってしまったのではないだろうか。Fブログの関連で被害届を出したり警察に相談しているサイトがある。目的は余命投稿記事消去による証拠隠滅であろう。現状では削除依頼をさらすわけにもいかないから、すべて保存した上で削除に応じている。ただし、過去記事の削除には応じていない。

[注: H氏が取調べを受けたある刑事事件が、このことに影を落としているかもしれません。この余命ブログなりすまし投稿と周辺関連サイト攻撃の件については、大和心さんがPC破壊の被害届を出していらっしゃいます。そのことをH氏が怖れていたらしいことは、次の真太郎ブログ記事から窺えます。

この抑止力は凄い。伏見くんたちが反余命的なブログを書けなくなった事からもわかる。
2016/9/3(土) 午前 9:08
http://web.archive.org/web/20160903135434/http://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18105695.html
引用開始-------

「被害届け」が出ていれば今回の伏見くんたちの反余命活動でさえすぐに刑事告発が受理されたかもしれないのだ。

-------引用終わり

不確定なのは氏という方がおられるように見える。(笑)
2016/8/25(木) 午前 7:46
http://web.archive.org/web/20160824235558/http://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18092368.html
引用開始-------

余命にあなたからの被害を届け出たのが確実なのは
花菱
ぱよぱよ日記(yosh)
豆腐おかか
信濃太郎
真太郎
不確定なのは
大和心への回帰
TK
楚練」

-------引用終わり

上の引用中で、大和心さんが被害を届け出たのが不確定なグループに入っているのは、そうであって欲しいという願望、あるいは、大和心さんへの脅しのように思われます。というのは、大和心さんは、PC破壊の件で既に警察へ被害届を提出しておられ、このPC破壊事件も反余命工作員の余命ブログおよび周辺関連サイト攻撃事案に含まれているので、「すぐに刑事告発が受理されたかもしれない」からです。続けさまに刑事告発の被疑者となり、取り調べを受けるかもしれない、非常にまずい状況に陥る可能性があったということでしょう。また、「ぱよぱよ日記」、「真太郎」が入っていることで、誰がこれを書いたのか見当がつきます。]

 他のサイトの事案については承知していないので、これからである。連携してことに当たりたいと思っている。
 また、なりすまし案件に限らず、在日や反日勢力の攻撃を受けているサイトはご連絡いただきたい。とりあえずはブログのコメント欄に意思表示されれば対応する。


547 2016年3月30日時事
2016年3月30日

.....425に自衛隊専用ファイルがある。開くと以下の断り書きがある。

「ここは自衛隊専用ファイルである。
投稿には都道府県名だけをお願いしたい。
他のファイルに保存後、情報は個人情報含めてすべて削除される。
したがって常にこの画面である。
誤って投稿された方は、いったんこちらで削除するので、別のファイルに再投稿されたい。」

実はこのファイルは余命への緊急連絡用に使われている「知る人ぞ知る」ファイルなのだが、一応、使い方を簡単に記しておく。

1.425へのコメント欄を使う。
1.非開示の情報提供のため、保存後削除する。外に情報は漏れず安全である。
1.ただし、自衛隊情報以外は、なりすまし防止のため個人情報は保存される。
1.投稿の際はHNに英数字6桁を付記。例(ABC123)以降、これで管理する。
1.守秘上、直接メール等での対応はしない。事案の状況に応じて処置をする。
1.425への投稿が削除されていればそれが受信の確認となる。
1.425ファイルは毎日確認しているのでほとんどが即日対応できると思う。

余命関連のサイトがだいぶ攻撃されているようである。該当サイトの方は、この425ファイルをお使いいただければと思う。
また近日中に、直接的な余命サイドの方々を糾合して何らかの形作りをしたいと考えている。その実現のためにあらゆる関係の情報交換とご意見を集約して下準備をはじめたいとも思っているので、是非、この425コメント欄を有効に利用していただきたい。


719 新規官邸メールについて
2016年5月11日

 今回の官邸メールが、在日や反日勢力が嫌がる外患罪や在日特権に踏み込んでいるので、従来とは違った大きな抵抗が予想されるが、もう余命がいようといまいと流れは変わらない。
 このあとは、現在、猛烈に攻撃を受けている余命支援サイトや日本を取り戻す、日本再生を掲げる保守支援サイトを立ち上げて、精神的、資金的なバックアップ体制を構築したいと思っている。近々に読者のみなさんの寄付と企業にも支援を呼びかけつもりである。」

-------引用終わり


このように余命さんは、反余命工作員の攻撃に対し、

・刑事告発
・被害者の告発をとりまとめての集団告発
・余命サイドのサイトを糾合した組織の立ち上げ


を考えておられましたが、これらのことは、当初の発案のとおりには実現していません。それは何故なのかということは、当ブログの「『ぱよぱよ日記 』の管理人yosh氏への疑惑に関するレポート 2016/5/4 http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/442855892.html 」に、その原因の一端が示されています。

引用開始-------

『ぱよぱよ日記 』の管理人yosh氏への疑惑に関するレポート (2016/5/4作成)

今回、このレポートを提示させていただくのは、ある懸念があるからです。それは、現在、余命さんが余命支援ファンサイトの組織作りを進められていることに関わることです。その懸念とは、余命ファンサイトの中に偽装ファンサイトが紛れ込んでいるということです。

そのような偽装ファンサイトが紛れ込むことにより、余命さんの情報の漏洩、余命ファンサイト運営者の情報の漏洩、余命さんとファンサイトの皆さんへの分断工作、偽情報の拡散による撹乱あるいは誘導、などの危険が生ずることが懸念されます。

このレポートでは、そのような偽装サイトのうち、私がこれまで追跡してきた、『ぱよぱよ日記』について、ご報告いたします。

-------引用終わり

余命サイドのサイトを糾合し、反余命工作員による攻撃の被害を受けたみなさんがまとまって集団告訴をするという計画が実行されなかったのは、その「余命サイドのサイト、被害者」の中に、反余命側の偽装余命ファンサイトが混じっている懸念があったためだと思われます。私が余命さんにこのレポートを提出したのは、2016/5/4でしたが、5/11には、余命さんから「現在、猛烈に攻撃を受けている余命支援サイトや日本を取り戻す、日本再生を掲げる保守支援サイトを立ち上げて、精神的、資金的なバックアップ態勢を構築したいと思っている。」という、当初のものより修整された計画が発表されています。3月末より余命周辺関連サイトの糾合について弘く意見が求められていたことから、私と同様の懸念が示された意見があったものと推測されます。それらの意見に耳を傾けられ、考慮された結果として、計画の修整があったのではないでしょうか。

実際、MH氏とH氏が仲間とともに仕掛けた余命集合体に対する攻撃への対抗策を、余命さんが講じたことに乗じて余命内部に入り込み、内部からの余命破壊工作を画策していたことは、真太郎ブログの宣言から明らかです。反余命工作の首魁はMH氏とH氏と見られます。彼らは、伏見ブログ、カミカゼブログ、はるみブログ、真太郎ブログ、yoshブログ(『ぱよぱよ日記』)などのブログを駆使して、余命集合体に工作を仕掛けてきました。また、余命内部への潜入については、伏見ブログへの、余命の内部事情を知ると称する者からの投稿、伏見ブログによる真太郎ブログ、yoshブログへの誹謗中傷、攻撃などの「自演による演出」で真太郎氏とyosh氏を反余命側からの攻撃の「被害者」に仕立て上げ、余命内部に入り込む機会を窺っていたのです。(この辺りの動きについては、別の機会に改めて取り上げたいと思います。)

以上のことから、計画の修整がなされ、余命周辺関連サイトを糾合した組織作りが断念されたことは、不可避であったと言えるでしょう。そして、計画の修正後も、工作員に内部へ入り込まれる危険性がつきまとい続けていたのです。

■ その後の動き
すみれの会の立ち上げ、日本再生大和会の立ち上げと、修整後の計画に沿って、余命さんは動かれました。

[注: 余命記事「789 お知らせ」、「1008 Xday」参照。]

そして、2016年7月18日、伏見ブログについて、告発する旨、余命ブログ上で発表され、2016年8月3日、伏見ブログは、伏見氏が個人として横浜地検川崎支部に告発されています。

[注: 余命記事「1043 伏見ブログについて」、「1120 2016年都知事選アラカルト④」参照]

これは、3月末に余命さんがおっしゃっておられた、なりますし・荒らしを刑事告発することとは、異なっているように見えますが、伏見ブログには、MH氏もH氏も関与している(伏見氏を構成する要素としてMH氏とH氏が含まれている可能性がある)と推定されることからすれば、なりすまし・荒らしの首魁も両氏であると考えられることから、結局、伏見ブログを告発すことは、なりすまし・荒らしを告発することと、ほとんど同じことでした。

この告発は、横浜地検に受理されることなく返戻されますが、告発はそこで終わることなく、被告発人として伏見ブログと伏見グループの他に『でれでれ草』、悪魔の提唱者氏も加えて、外患誘致罪の罪状で第三次、第四次告発の事案の一つとなっています。今までに、これらの告発状はすべて返戻されていますが、余命記事「1640 東京地検に異変3」において、「外患罪適用は別件とし、この件(伏見案件)は一般犯罪として刑事告発して地検の対応を見ることにした」との発表がありました。このことは、つまり、2016年3月末のなりすまし・荒らしに対する集団告発が実現したことを意味しています。(なりすまし・荒らしの被害にあわれた方々の中で、少なくとも複数の方が、告発状を出されていることは確実ですから。)

ところで、このことは「偶然」なのでしょうか。そんなことは、あり得ません。伏見案件は、他の案件に比べて、明らかに手間暇がかかっています。そこには、何かしら余命さんの「執念」のようなものを感じざるを得ません。「執念」というよりは、「責任感」というべきでしょうか。余命さんの提唱する運動に賛同し、協力する方々がおられ、その方々に対し、反余命の工作員たちが攻撃をしかけ、被害を与えました。そのことに対し、余命さんは守護する責任を感じられ、奮闘されているのではないかと思います。余命さんには、感謝の言葉しかありません。ありがとうございます。

実際、現在では、あれほどしつこかった工作員の荒らし行為が止んでいます。告訴、告発され刑事裁判にかけられて有罪になるかもしれないということが、抑止力になっているのでしょう。それが抑止力になるのは、余命さんが本気を見せておられるからなのです。

荒らし行為が止んでいるのが顕著に現れている事例として、『待ち望むもの』が挙げられます。去年までは、荒らし行為が止むことはなかったのですが、今年に入ってからは、見られなくなりました。ここに興味深いデータがあります。『余命三年時事日記考』で、開設以来、今年4月中旬まで、余命周辺関連サイトとその管理人が、同ブログに取り上げられた記事の本数を数えたものです。

(敬称略)
豆腐おかか 待ち望むもの       112
T.K.  照千一隅          58
真太郎   真太郎の日記        50
大和心   大和心への回帰       40
yosh  ぱよぱよ日記        28
信濃太郎  神州再生を願うブログ    16
花菱    春不遠。~はるとおからじ~ 11

こんなところにも、MH氏とH氏の豆腐おかかさんへの執着が表れています。豆腐おかかさんが、ストーカー防止法の適用で告発を考えられたのも当然、という気がします。ちなみに、私が多く取り上げられているのは、『照千一隅』で継続的に、伏見氏、yosh氏、真太郎氏、当てない陰陽師HMことハク・ミワ氏などのことを取り上げていたからであり、現在では、MH氏とH氏に、特にスポットライトをあてているからでしょう。真太郎氏への言及が多いのは、私の追及に対するフォローをして、真太郎氏の工作がうまく行くようにアシストをしているからだと思われます。(悪魔の提唱者氏のフォローが真太郎氏の利になるかどうかは、実は、かなり微妙なのですが。)逆に、私に対しては、ネガティブな印象が付くように書いていると思われ、真太郎氏が登場する回数と私の登場する回数が拮抗しているのは、両者が悪魔の提唱者氏にとってネガポジで連動する関係にあるからでしょう。大和心さんの回数が多いことは気になります。それは、悪魔の提唱者氏が大和心さんへの執着を、豆腐おかかさんほどではないにしても、持っていることを示しているように思われるからです。(MH氏は「神懸かり」的なところがあり、それが、『大和心への回帰』の持つ風合いとマッチするのかもしれません。同ブログのファンの方、常連の方は、十分注意する必要があると思います。)yosh氏の登場回数がそこそこ多いのは、好意の表れで、自然な傾向だと思われます。信濃さんと花菱さんについては、一般的な関心以上のものはない感じです。

いずれにしても、余命さんが伏見案件について本気を見せて下さっていることは、MH氏、H氏をはじめとして、反余命工作員たちへの強い牽制になっています。今後、彼らがこれまでの悪行を悔いて改心することがなければ、行き着くところまで行くことになるでしょう。

[追記]2017/05/13 アーカイブ『真太郎のブログ』「要注意」のURLの誤りを訂正。同2016/9/3(土) 午前 9:08の記事のタイトル誤記を訂正。

鉛筆とノート

悪魔の提唱者氏を巡る雑記 2

2017/05/10
8. 悪魔ブログと真太郎ブログについて 2

■ 真太郎ブログで悪魔の提唱者氏はどのように言及されているか
真太郎ブログで、悪魔の提唱者氏と『余命三年時事日記考』がどのように扱われているかを見ていきたいと思います。

『真太郎のブログ』より「悪魔の提唱者」、「余命三年時事日記考」を含む記事を抽出
(記事タイトルの頭に通し番号を付加しました。)

引用開始-------

1. 真正保守がプロ化するのを反日勢力が恐れているのがわかる。ちなみに真太郎は寄付も委任状も出しそれを公言したが、なんの脅しも受けてない。
2016/12/8(木) 午前 7:30
http://web.archive.org/webhttp://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18251603.html

春一番
macaon2002jp@yahoo.co.jp
110.165.165.249 スパムチェック待ち

余命プロジェクトチームの皆さま、いつもありがとうございます。
アンチ余命ブログをやっている悪魔の提唱者ですが、本当にやばいです。
余命ブログの矛盾点などをうまくついてきて、余命読者特に寄付をした人や委任状を送った人たちを脅かしています。
悪魔の提唱者が言っていることを箇条書きにしてみます。
・スタッフに給料がでていることについて、パヨクのプロ市民と同等レベル
・何も実績をだせていないのに、寄付のおかわりばかりたかる。
・「日本再生大和会」のゆうちょ口座からのお金が青林堂の赤字補填に使われていないか、がポイントですね。
(「すみれの会」の場合は、桜井氏の政治資金への流用あるいは一人年間5万円以内の個人寄付名簿への靖国奉納帳の無断借用)
私が「お呼出」を受けたら、国税局の人を紹介してくれるように検事さんに頼んでみます。
・「余命チームはテロリスト予備軍」などと私に告発されたくなかったら、読者の方々も「汚物は消毒だ~ヒャッハー」と煽らないように。
・私が気にして見ているのは「ハードランディング」を余命さんが再び、煽らないかどうかだけです。
・非営利ブログなのに出版して儲けている。アフィをやっていなければ非営利ではないという矛盾。
・余命さんにこそ、言ってやって下さいな。伏見事案をずっと不受理だったことを、すっとぼけていたのですから。脅迫と恐喝の違いも分からない。名誉毀損は親告罪だとも分からない素人が、外患誘致罪というタイトルの本を出している、もはやギャグとしか言いようがありません。
まだたくさんありますが、このくらいにしておきます。
余命チームの皆様が、真正直な運営をされていることはよくわかります。
会計報告、内情についてなどをブログ上で報告されることは必要ないのではありませんか。
今の段階では、敵に餌を与えるだけなのではないでしょうか。
寄付もあまり頻繁ですと、反感を買うことになりはしないかと思います。
できれば安全な投資をして増やしていただくなど、なるべく寄付に頼らない方法をとっていただくように希望いたします。
前にも書きましたが、会計報告やボランティアさんへの報酬など、内情を明かすことは敵に餌を与えるだけで、寄付した方たちはそのようなことは必要ないと思っていると思います。
沖縄ではプロ市民に日当が出ています。
我々は、このことを糾弾できなくなってしまうのです。
この悪魔の提唱者は、寄付をした人や委任状を送った人に対して脅しをしてきます。
そして余命をハードランディングを煽る危険な組織として、認定したいようなのです。
読者になりすましてハードランディングを煽るような投稿をして、それが載った記事を取り上げてあげつらっています。
悪魔の提唱者に取り上げられている投稿は、工作員の投稿であると思って差し支えないと思います。
長々と申し訳ございません、なにとぞご一考のほどお願いいたします。

[注: 余命記事「1356 12/7アラカルト」からの引用と思われます。この引用からは、以下の部分が省略されています。

引用開始-------

.....もう少し上手になりすまさなければ逆効果だぜ。この投稿も告発状に添付しておくから、間違っても地検が起訴しないように祈っていた方がいいぜ。前回の告発は伏見君一人で、告発者も大和会会長一人だった。告発罪状も罰金50万円か懲役3年以下だったが、今回は委任状を500通つけて外患誘致罪→死刑の告発だそうだ。
うちの爺さんは今回も高みの見物だ。    スタッフA

-------引用終わり

真太郎氏が何故、この部分を省略したのか疑問のあるところです。この部分がなければ、悪魔の提唱者氏の主張を批判していると見せかけて、実は巧みに余命ブログ読者を悪魔ブログの論調に誘導しているこの投稿を、真太郎氏は自身のブログ記事に掲載することによって拡散していると受け取られてもしょうがないでしょう。]


2. 在日外国人への憲法違反生活保護費支給や朝鮮人学校補助金支給という犯罪行為を停止して、日本人の生活保護やその他の社会保障にまわせば大幅に自殺者を減らせるとは思わないかね。
2017/1/19(木) 午後 1:02
http://web.archive.org/web/http://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18313122.html

嘘までついて日本を不景気のどん底に落とし多量の自殺者を出した元日銀総裁も外患誘致罪刑事告発可能だ。20日に告発状が届けば、告発状の書き方がわかり自分で書けるようになる。また、名前を書き加えるだけで使える告発状も中にはある。


高天原 正
恐縮ですが敵の発言の引用をします。
【239. 外患罪に時効あり 余命三年時事日記考】内のURL
【刑事事件弁護士ナビ 法定刑ごとの公訴時効一覧と過去の未解決事件一例】
によると外患誘致罪は公訴時効が25年となっていますが、本当でしょうかね?
これで反在君は「だから余命は嘘っぱちニダ!通報も告発も官邸メールも辞めるニダ!」とファビョっています。
 全ての告発状を拝見した訳ではないので分かりませんが、余命官邸メール4153や公開なさった告発状や返戻文書から察するに多分どの事案も被告発者の外患誘致行為から25年以内ですよね?
 「外患罪に時効は無い」という所は恐縮ですが「?」と思ってしまいましたが、余命様の作戦は完璧で必ず目的を達成すると信じております。
全力で支えます。
.....別に信じてもらう必要はないが、こういう投稿は慎重に願いたい。
一般的に時効というのは刑が確定後の時効と公訴時効がある。指摘されているのは公訴時効のことだが、まず2点確認しておかなければならない。
公訴時効はその犯罪行為が終わったときから始まる。
人を死亡させた場合とは手段によらない。 
についてだが、憲法違反生活保護費支給は現在も続いている。
日本人の生活保護を拒否して餓死させた行為は人を死亡させた場合ではないかね。
外患誘致罪は有罪→死刑である。在日外国人への憲法違反生活保護費支給や朝鮮人学校補助金支給という犯罪行為を停止して、日本人の生活保護やその他の社会保障にまわせば大幅に自殺者を減らせるとは思わないかね。人を死亡させた場合とは直接、凶器による殺人とは限らないのである。
 「人を死亡させた場合」という表現の法意をしっかりと理解していただきたい。
 もし、余命に間違いがあれば余命と対峙している弁護士が大量にいるので、当然、いちゃもんつけてくるだろう。しかし、法的にブーメランとなることがわかっているので沈黙しているのだ。騒げば問題が大きくなって困るのは彼らなのだ。
 ちなみに以下に法的根拠を掲載しておく。
…後略


3. みんな死刑にな~れ!
2017/2/9(木) 午後 8:09
http://web.archive.org/web/http://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18343746.html

1519 告発状概要
1 TBS6月5日川崎デモ
2 沖縄翁長知事告発状
3 日教組岡本書記長ほか幹部告発状
4 長崎県知事朝鮮人学校補助金支給問題
5 宮城県知事朝鮮人学校補助金支給問題
6 北海道知事朝鮮人学校補助金支給問題
7 福島県知事朝鮮人学校補助金支給問題
8 茨城県知事朝鮮人学校補助金支給問題
9 栃木県知事朝鮮人学校補助金支給問題
10 群馬県知事朝鮮人学校補助金支給問題
11 千葉県知事朝鮮人学校補助金支給問題
12 東京都知事朝鮮人学校補助金支給問題
13 神奈川県知事朝鮮人学校補助金支給問題
14 新潟県知事朝鮮人学校補助金支給問題
15 福井県知事朝鮮人学校補助金支給問題
16 長野県知事朝鮮人学校補助金支給問題
17 岐阜県知事朝鮮人学校補助金支給問題
18 静岡県知事朝鮮人学校補助金支給問題
19 愛知県知事朝鮮人学校補助金支給問題
20 三重県知事朝鮮人学校補助金支給問題
21 滋賀県知事朝鮮人学校補助金支給問題
22 京都府知事朝鮮人学校補助金支給問題
23 大阪府知事朝鮮人学校補助金支給問題
24 兵庫県知事朝鮮人学校補助金支給問題
25 和歌山県知事朝鮮人学校補助金支給問題
26 岡山県知事朝鮮人学校補助金支給問題
27 広島県知事朝鮮人学校補助金支給問題
28 山口県知事朝鮮人学校補助金支給問題
29 愛媛県知事朝鮮人学校補助金支給問題
30 福岡県知事朝鮮人学校補助金支給問題
31 植村隆北星学園札幌市議会議員告発状
32 伏見顕正、でれでれ草、悪魔の提唱者告発状
…後略


4. 余命爺様の正体さえも知らない末端が反日活動で外患誘致罪刑事告発されるのは、わりに合わないと思うのだが、伏見くん達は今も活動を続けているようだ。ただ、最近は余命の事は書いてないみたいだ。しかし、
2017/2/22(水) 午前 7:25
http://web.archive.org/web/http://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18361851.html

もう遅い。真太郎もこの告発状を書いてレターパックライトで大和会に郵送した。

告発状の概要リスト「32伏見顕正、でれでれ草、悪魔の提唱者告発状」の告発内容については以下の通りである。

東京地検、横浜地検に対して
告発人1500名
被告発人
伏見顕正(ブログ管理人)及びそのグループ
でれでれ草ブログ管理人
悪魔の提唱者と称する者およびそのグループ
反日、反社会的ネット投稿者(別添リスト)

第一 告発の趣旨
被告発人の行為は、以下の罪名に該当し、看過できないので、厳重に処罰されたく、ここに告発する。

第二 告発の罪名
刑法第230条 名誉毀損罪
刑法第233条 信用毀損・偽計業務妨害罪
刑法第172条 虚偽告訴罪
刑法第222条 脅迫罪
刑法第81条 外患誘致罪
刑法第82条 外患援助罪
刑法第87条 未遂罪
刑法第88条 外患予備陰謀罪

.....投稿の中の記事は、すでに一部証拠リストにはいっていると思うが、新たに添付することにする。しばき隊野間易通が有罪となった静岡高裁における民事訴訟からストーカー規制法の罰則強化の流れは、反社会的活動の聖域の壁を破壊しつつある。
そろそろ検察もかばいきれまい。あっと驚く一網打尽もありますな。



5. ネットに証拠を残しているのだから、捜査が始まれば犯人の正体はすぐに明らかになる。既に逃亡し終えたのかも知れないが、最近伏見くんは余命Bへの口撃を再掲している。彼等をかばえば地検は外患誘致罪に問われる。
2017/2/25(土) 午前 9:34
http://web.archive.org/web/http://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18366441.html

地検の対応が注目される。比較的軽い罪状だけ受理すると予想されるが。
余談になるがこの人の推理によると以前は真太郎=カミカゼ氏の偽物だった。ところが、本物のカミカゼ氏が偽物がパクられたと公開してしまった。この人の推理が正しいとすれば、真太郎は逮捕されても国家権力の影響を排除して活動を持続出来るレベルの工作員となってしまう。真太郎スゲェ~!推理の続きがどうなったのか、良くわからないがいつの間にか真太郎とは違う人物がカミカゼ氏の偽物だと主張しているようだ。今後も頑張って名探偵して欲しいものだ。

[注: 私は、真・××××=なりすまし真・××××=H氏=真太郎H氏と推定しています。これは、以下に挙げる一連の当ブログの記事で発表して以来、ずっと変わっていない推定です。(「カミカゼ」の名は、なりすましカミカゼにはふさわしくないので、真・××××のように伏せ字にしています。)

真太郎さんに関する資料
http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/439570779.html
『待ち望むもの「ちょっと休みます」』で感じた疑問について
http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/439646039.html
『待ち望むもの「ちょっと休みます」』で感じた疑問について 完結編
http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/439988578.html

真太郎氏は、かねてより余命さんに身元を明かしていると表明していました。それについては以下の3つの可能性を想定していました。

1. ダミーの名前、住所を申告した。
2. 知人に名義を借りて申告した。
3. 真太郎氏は複数の人物から構成されており、H氏ではない真太郎氏が実名と住所を申告した。

真太郎氏が外患誘致罪告発委任状を提出し、告発代表者として立候補したという経緯から、1. 2. の可能性は消え、3. が残ったことについては、「真太郎氏を構成しているのは3人? http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/447720797.html 」に記述しています。また、真・××××が「パクられた」ということについとは、「カミカゼじゃあのさんのツイートより http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/444111182.html 」の参考資料 2を参照してください。警察に一時的に身柄拘束され、その後に釈放されて書類送検ということなら、在宅のままで取調べとなり、工作活動が可能です。]


T.K.
余命さん、スタッフのみなさん、連日の激務、お疲れ様です。
今回は、ご提案があって投稿いたしました。それは、余命ブログに投稿していた紫電快氏と『待ち望むもの』、『神州再生を願うブログ』に投稿していたホラミという荒らしの投稿者情報を照合してみてはどうでしょうかというご提案です。
 ホラミは、去年3月末から4月末にかけて『待ち望むもの』に不気味な投稿を繰り返し、最後には、『神州再生を願うブログ』に脅迫文を投稿して姿を消しました。紫電快氏の投稿は、その脅迫文の内容を補完、裏書きするものとなっており、ホラミとの関係が疑われます。
 もし、紫電快氏とホラミが同一人物である証拠がでると、ホラミ=H氏=伏見氏という仮説が事実であることを証明する傍証の一つとなります。それはまた、伏見案件と豆腐おかかさんの『待ち望むもの』荒らし案件が直結し、H氏=真・カミカゼを調査することが伏見氏を調査することに直結することを意味します。
 これらのことについては、『照千一隅』ttp://lifetimepurpose.seesaa.net/ の「信濃さんの元へ来た脅迫状 1~4」に詳述しました。特に、3、4に問題の核心部分を記述しています。ご参照いただければと思います。
 余命ブログへの紫電快氏の投稿は、以下の記事に掲載されています。
533 巷間アラカルト コメント欄
500 2016年3月7日時事 コメント欄
496 巷間アラカルト )楾
488 2016年3月4日時事 コメント欄
以上
T.K.

.....こういう関係はよくわからないが、昨年8月3日の伏見事案刑事告発は横浜地検川崎支部、第三次告発では東京地検、今回は横浜地検と東京地検へそれぞれ1000人告発の予定である。2016年3月からの関係記事は証拠として添付するものが昨日時点で700Pもプリントアウトされている。記事の内容からグループが在日であることは明らかなので外患罪事案として告発している。いずれ芋づるとなるだろう。

第四次告発リスト32東京地検への告発状は以下の通りである。
東京地検、横浜地検がこの反社会的犯罪者をどこまで擁護できるか注目である。

被告発人 
伏見顕正(ブログ管理人)及びそのグループ
でれでれ草ブログ管理人
悪魔の提唱者と称する者およびそのグループ
反日、反社会的ネット投稿者(別添リスト)

第二 告発の罪名
刑法第230条 名誉毀損罪
刑法第233条 信用毀損・偽計業務妨害罪
刑法第172条 虚偽告訴罪
刑法第222条 脅迫罪
刑法第81条 外患誘致罪 
刑法第82条 外患援助罪
刑法第87条 未遂罪
刑法第88条 外患予備陰謀罪

[注: 余命さんは伏見グループが「在日であることは明らか」とおっしゃっていますが、私がいただいている情報にも、伏見氏=H氏と推定され、彼が少なくとも在日と繋がりがあることを窺わせるものがあります。]


6. 朝鮮戦争再開となると総連と関係している人物対する刑事告発は受理される可能性がある。反余命活動よりも逃げた方が良いのではなかろうか?
2017/4/16(日) 午前 0:45
http://web.archive.org/web/http://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18436770.html

『この間に日韓断交とか朝鮮戦争再発とか、明らかな朝鮮絡みの有事となれば、一気に地検が言う「外患罪は有事に適用」が具体化する。彼らが言っているのだから間違いはないだろう。そして彼ら自身が巻き込まれることになる。日本人を貶める行為はすべて聖域なき対象となるのだ。』


ところで東京地検に以下の被告発人を3月30日外患罪をもって処分されるように告発状1000通を送付した。別添リストの証拠書類は数百ページという大部であった。

32被告発人 
伏見顕正(ブログ管理人)及びそのグループ
でれでれ草ブログ管理人
悪魔の提唱者と称する者およびそのグループ
反日、反社会的ネット投稿者(別添リスト)

もともと、この件は伏見事案として2016年8月3日に横浜地検川崎支所に告発状を出したもので、問題なく受付後に支所から横浜地検に移され、4件の罪状のうち偽計業務妨害と恐喝については相当として起訴される流れであった。
 ところが9月になって一転、返戻ということになり、口頭を理由書を出すということで書類が返戻されたものである。その後一切連絡がなく、この事案は被告発人を追加して、10月26日、東京地検に再告発されている。
 その後、第三次では再度、横浜地検に告発したが、まったく東京地検と同じ理由でハングル段ボールに放り込まれて返戻されたといういわくつきの事案である。
第四次1000人告発では横浜地検への直接告発の予定であったが、日時調整の段階で「まず写しを送付せよ」という異様な対応で、直接告発は受けていないという。録音を何度も聞いたが間違いない。やむを得ず郵送している。前回は直告だったのに不思議な話である。
 また、前回の告発人と勘違いしたらしく「前回の方ですよね」と聞かれている。
 まあ、こういう流れであるから、今回も「帰ってきたぞ~♪♪♪」と横浜バージョンを歌いながら戻ってくるだろう。次回は2000人告発となる。
 この間に日韓断交とか朝鮮戦争再発とか、明らかな朝鮮絡みの有事となれば、一気に地検が言う「外患罪は有事に適用」が具体化する。彼らが言っているのだから間違いはないだろう。そして彼ら自身が巻き込まれることになる。日本人を貶める行為はすべて聖域なき対象となるのだ。
 次回は反日プロバイダーも告発予定であるから、今回の反日IDも開示されることになるだろう。楽しみだね。

-------引用終わり

記事1. のように悪魔ブログの内容を読者に印象付け拡散するようなものは、この記事1. しかありません。「悪魔の提唱者」、「余命三年時事日記考」を含む記事は、いずれも真太郎氏が直接、言及したものではなく、記事の引用中に含まれるものです。このことから、真太郎氏は、「悪魔ブログには関心がなく、あまり注意を払っていない」というように見せたいようです。記事1. にしても悪魔ブログの内容拡散とは分からないように、注意してタイトルを書いており、悪魔ブログへのアシストであることを極力、気取られないようにしています。

記事2. については、記事のタイトル、及び、記事中の真太郎氏自身が書いたと思われる始めの部分と後の引用部分との内容に繋がりがありません。この引用部分は、外患誘致罪の公訴時効が25年であるということについて論じている内容で、余命ブログの「外患罪に時効は無い」という主張に疑問を呈しているものです。ここでは、記事1. のように投稿に対する余命さん側のコメントは省略されていませんが、それでも、読者に「外患罪に時効は無い」というのは間違いだったのかと疑問を抱かせるものになっています。真太郎氏は、あくまでも自分は余命側だというタイトルと前文を書きながら、実は、余命さんの主張に対し、読者が疑問を抱くような引用を、わざわざ持って来ているわけです。このような構成はあまりに不自然で、真太郎氏に不審感を持たれる読者も、少なからずおられるでしょう。外患罪の公訴時効について取り上げるのなら、タイトルにもそのことを明示して、議論の流れの概略を最初に示し、正確な知識を読者が得られるよう配慮すべきなのです。ここでも悪魔ブログの記事について言及されていますが、真太郎氏が直接、言及したのではない体裁になっています。

■ 悪魔の提唱者氏の取り上げ方から見えること
このように、真太郎氏は一応、読者に悪魔の提唱者氏と通じていることを気取られないように注意しながら、悪魔の提唱者氏のアシストをしています。しかし、何故、2回だけなのでしょうか。推測ですが、真太郎氏は、基本的に悪魔の提唱者には触らないようにしていたと思われます。真太郎K氏は、告発代表者に名乗りをあげていましたし、何とか余命さんのスタッフに食い込もうとしていました。ですから、反余命の悪魔の提唱者氏と通じていると知られることは、非常にまずいことだったはずです。それにもかかわらず、上記の2つの記事は、敢えて、悪魔の提唱者氏の主張を拡散しました。それは、寄付金が不正に使われている、出版で儲けている、外患罪での告発は無力、などの悪魔の提唱者氏の悪質な中傷を広めて、一人でも多く余命さんの支持者を減らしたいという願望の表れです。また、外患罪には時効があるということを広めたかったのは、外患罪誘致罪告発に参加する人を、少しでも減らしたいという意志の表れでしょう。さらに、それが2回しか見られないということは、それらの記事が衝動的に書かれたのではないかと推測されます。つまり、余命さんを叩きたいという感情の迸りが書かせたものではないかと思われるのです。

真太郎ブログで、そのような感情の迸りを感じた記事が他にもあります。それを以下に引用します。

引用開始-------

目覚めかけた日本人をミスリードしている似非保守も、外国と通謀していれば外患誘致罪で死刑だ。何らかの支援を受けているのが確実なあの人達も告発対象だ。陛下をただの良い人呼ばわりしている人達もだ。
2016/10/30(日) 午前 9:39

と以前書いたが、別に通謀していなくても「日本が外国から武力行使されている」と首相が正式に認めただけであらゆる反日行為は外患誘致罪刑事告発可能になる。
と言うことで愚かな味方なのか似非保守か区別がつかない時は両方とも外患誘致罪で刑事告発すると良いだろう。


似非保守をこれで外患誘致罪刑事告発死刑が可能になる。余命Pや大和会に告発人になって頂くのは負担が大きいので自分達が告発人になるのがいいだろう。
2016/10/30(日) 午前 9:53

.....委任状なので、形式その他はまったく自由である。今後は委任状から告発状に切り替えていくことになる。

標的は、不法入国者とその子孫である在日南北朝鮮人+在日反日工作員と似非保守(隠れ売国奴)だ。

特に、目覚めた日本人をミスリードして保守から遠ざけたり反日勢力への攻撃をさせないようにした人物は明らかな売国奴よりもその売国度が高いと考えられる。
連中は、明らかな証拠を残してないので大和会に似非保守とみられるAやSやW氏などを外患誘致罪刑事告発したいと連絡すると良いだろう。

また、真保守運動の足を引っ張る愚かな味方か敵工作員か見分けがつかない時は両方とも外患誘致罪刑事告発したいと大和会に連絡するのも良い。余命読者や支援サイトにも紛れているかもしれないので心当たりのある方は大和会に告発希望を出すのも良い。

-------引用終わり

この2つの記事は連続して出稿されたものです。第三者には、それほど感じられないかもしれませんが、標的として名指しされているA氏、S氏、W氏、そして、「余命読者や支援サイトにも紛れ込んでいるかもしれない、真保守運動の足を引っ張る愚かな味方か敵工作員か見分けがつかない」者として想定されている当事者にとって、これらの記事は、明確な敵意と攻撃の意志を感じさせるものです。

過去の真太郎ブログ記事中で、A氏-青山繁晴氏、S氏-櫻井よし子氏であったことから、ここでも、このお二方のことであると見ていいでしょう。また、W氏については、過去のH氏との経緯から、和田政宗氏であると推測できます。和田氏以外に、実名ではないとはいえ、公然と敵意と攻撃の意志を真太郎氏に表明されるW氏は、他に見当たりません。さらに、「余命読者や支援サイトに…」として示唆されている敵意と、攻撃の対象者の中に、真太郎氏の余命集合体に対する工作に警鐘を鳴らし、阻止しようとしている信濃太郎さん、豆腐おかかさん、そして私も含まれていることは確実であると思われます。

真太郎氏のこのような記事を読んだ時、私は「えっ」と思いました。字面の背後に、強い負の情念を感じたからです。日頃の真太郎氏らしくないと思いました。真太郎氏にこのような強い負の情念を起こさせたものは何か、ヒントは、翌日のカミカゼじゃあのさんのツイートにありました。

カミカゼ
‏@mynamekamikaze

そういえば、聞いた話だが
以前俺の名前騙って調子こいてたなんだっけ?真カミカゼとかなんとか騙ったやろーがさ、パクられたらしいじゃんwww
ごめんごめん、司法側に情報提供したの俺なんだよwww
妻子持ちなのに悪いことしたなあwま、いいかww

20:54 - 2016年10月31日」

なんと、真・××××=H氏が警察に捕まったというのです。「パクられた」という表現が使われているので、一時、身柄拘束されていたのかもしれません。それは、おそらく10月29日の出来事だったのではないでしょうか。その後、釈放されて帰宅したのでしょうが、その時の屈辱感ゆえに、真太郎ブログで10月30日の2本の攻撃的な記事を出稿したのだと思われます。

上で引用した記事1. 、記事2. についても、この逮捕の余波ではないかと考えられます。おそらく、在宅起訴されて検事の取り調べを受けていたあるいは、裁判の準備をしていたと推測されるH氏が、余命さんへの攻撃性を強めていたことが、これらの記事を書かせた原因になっているものと思われます。

H氏は上で述べたことと同じようなことを、2015年12月23日にもしています。それは、H氏が実名で余命ブログに投稿したことです。以下のスクリーンショットを参照してください。

『余命三年時事日記』393 2015年12月21日アラカルト へのH氏の投稿
http://lifetimepurpose.up.n.seesaa.net/lifetimepurpose/image/Y_H_yomei_2015-12-23_02.png?d=a882

このときは、ある刑事事件でH氏は取り調べを受けており、その意趣返しとして、余命ブログへの投稿を行ったものと見られます。

このような行動がパターン化していると見られることから、真太郎ブログでの当該記事についても、H氏の鬱憤晴らしの可能性が高いものと推測します。

………………………………………………………………………………………………

2017/05/08
7. 悪魔ブログと真太郎ブログについて 1

■ 悪魔ブログと真太郎ブログの対称的な共通点と相違点
虚構の「青山繁晴氏 vs. 余命氏」という対立軸において、悪魔ブログと真太郎ブログは対称的な位置にあります。

悪魔ブログ   - 反余命氏 青山繁晴氏支持
真太郎ブログ  - 余命氏支持 反青山繁晴氏

これまでに出稿した「資料: 『余命三年時事日記考』『青山繁晴氏』を含む記事」、「資料: 『真太郎のブログ』より『青山繁晴氏』を含む、あるいは関連する記事の抜粋」から、上記のことは明らかです。また、以下の共通点があります。

悪魔の提唱者氏
・青山さんの東京コンフィデンシャルレポートの会員となり、青山さんに身元を明かしている。
・悪魔の提唱者氏は3人で構成されていると見られる。
・ブログの主要な書き手は2人で、第3の人物は「臨時」の性格が強い。
[注: 東京コンフィデンシャルレポートについては、次章の注を参照して下さい。]

真太郎氏
・すみれの会に寄付し、名前と住所を余命ブログに書き込んでいる。外患誘致罪告発委任状、告発状を提出しており、余命さんに身元を明かしている。
・真太郎氏は3人で構成されていると見られる。
・ブログの主要な書き手は2人。第3の人物は、外国人の可能性があり、記事を出稿している回数は少ない。
[注: 当ブログ「真太郎氏を構成しているのは3人? http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/447720797.html 」参照。]

以下の点では、相違しています。

悪魔の提唱者氏
・青山さんのブログに、コメントを投稿している形跡はない。
・余命スレへの投稿を経て、ブログを開設した。
・余命スレへの「自分」の投稿を悪魔ブログで取り上げ、自演していると推測される。

真太郎氏
・余命ブログに多数の投稿をしており、本稿に多数、掲載されている。
・余命スレへ「真太郎」の名前では、投稿したことがない。
・余命スレに限らず、2ちゃんのスレの自分の投稿を真太郎ブログに取り上げて自演するということは、行っていない。(H氏の2ちゃん投稿を扱ったことは、あるようだが、引用のみで自演にはなっていない。)

悪魔ブログ、真太郎ブログの両方に関与しているのは、H氏であると見られます。H氏は他に『ぱよぱよ日記』、伏見ブログも運営していると推定されているので、悪魔ブログ、真太郎ブログにH氏以外の書き手がいるのは、不思議ではありません。また、第3の人物については、H氏を第1の人物とすれば、第2の人物のピンチヒッター的な役割であり、第2の人物の家族、友人、同居人など、身近な人物である可能性が高いと見ています。

青山さんのブログに対する工作がなされている形跡は、「余命一派殲滅大作戦」のときの書き込みを除いてはないので、MH氏とH氏のターゲットは、あくまでも余命ブログであり、青山さんも攻撃対象ではあるものの、メインターゲットは余命さんであると推測されます。真太郎ブログは、余命ブログの内部から工作を仕掛け切り崩す役割、悪魔ブログは、余命ブログの外部から攻撃し、余命ブログの新規の読者獲得を妨害し、既存の読者を疑心暗鬼に陥れて、余命ブログから離れさせるという役割でしょう。

■ 青山さんを利用した悪魔ブログの戦略
悪魔ブログの「青山繁晴氏支持」というスタイルは、余命ブログの読者で青山さんのファンでもある方々をターゲットに、余命さんに不信感をもたせ離間させるための策略でもあると考えられます。根拠を以下に挙げます。

1. 悪魔ブログは、『余命三年時事日記』を批判するブログであり、読者として同ブログに関心を持つ人々を想定している。

2. 青山さんが悪魔ブログを見ているとは、考え難い。青山さんを悪魔ブログへ誘導した形跡もなく、青山さんに対する働きかけを意図していないものと見られる。

3. TCR(東京コンフィデンシャルレポート)の会員であり、青山さんに直接、意見、要望できるとアピールする一方、余命さんが青山さんに対し誹謗中傷していると再三に渡り記事で主張し、余命さんが青山さんのファンの反感を買うように仕向けている。


このような策略が図に当たって青山さんのファンの間に反余命の機運が見え始めたら、ファンを煽り立てて青山さんご本人も巻き込み、一気に「青山さん vs. 余命さん」という構図に持ち込み、お二方に潰し合いをさせるということまで、想定されていたのではないでしょうか。

しかし、実際には、余命さんの読者で青山さんのファンでもある方々の間に、反余命の機運が盛り上がることはありませんでした。その理由として、青山さんのファンの方というのは、青山さんの人柄、考えに共鳴されたのであって、その関係は、あくまでも青山さんとファンの方との一対一のものであり、ファン同士の横の繋がりで一致団結した意思表示、行動をとるようなものではないこと、また、青山さんに共鳴することは、青山さんの自主独立の精神に共鳴するということでもあり、それは、青山さんを偶像化しないということを意味していること、故に、青山さんが誹謗中傷されていると聞いても、ただちにそれに反応することなく、事実を見極めようとする余裕を、多くの青山さんのファンの方が持っておられることなどが挙げられると思います。

青山さんのブログと余命ブログ、共通の読者と思われる方々のお人柄については、『青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road』のコメント欄が参考になると思います。以下に、該当すると思われるコメントが掲載されている青山さんのブログの記事を挙げますので、興味のある読者は、検索して読んでみて下さい。なお、投稿された方のお名前は掲載していません。コメントのタイトルと投稿日時で探して下さい。

2015-11-20 14:43:11 みなさん、いま…
コメント
こんにちは 2015-11-23 11:18:31

2015-12-29 00:56:12 魂の救済をめぐって (書き足しました)
コメント
最初は怒り心頭でしたが 2015-12-31 16:54:08
日韓合意について 2015-12-29 17:36:16

2015-12-29 19:07:12 電話は無事、繋がりました
コメント
安倍総理を支持します 2016-01-01 04:12:16

2016-08-08 20:40:08 憎らしいほどのぼくらでありたい
コメント
青山さんこんにちは。平成期読みました。 2016-08-12 13:55:04

2017-03-26 12:04:03 新潟に向かっています。何と誰でも入れます。
コメント
日本版FOXニュース 2017-03-26 17:52:28


………………………………………………………………………………………………

2017/05/06
6. 注釈付き悪魔の提唱者氏の余命スレへの投稿(「青山繁晴氏」を含むもの)

2ちゃん「余命三年時事日記って真に受けていいの?」スレより抜粋した悪魔の提唱者氏の「青山繁晴氏」を含むコメントです。一部伏せ字にしてあります。注釈は私が付けました。

引用開始-------

612 :Devil's Advocate(悪魔の提唱):2016/06/03(金) 07:33:36.93 ID:4GUx9kd7
長田達治(おさだ・たつじ) @osada_tatsuji
電通というマスメディア界のコングロマリット企業を敵に回すとは「余命」もいい度胸をしている。
 どうせ妄想だらけで意思能力もない人たちが運営しているブログだから、誰も文句も言わないし相手にしないのだろうけど、こういう怪しい情報は少なくとも一般の新聞(除業界紙)には載せられないだろうね。
Posted by 「」 at 2015年05月05日 14:25

余命が癪に触ったのは、この「どうせ妄想だらけで意思能力もない人たち」
でしょう。前後の記事は反日どころかむしろ嫌韓呆韓だったのにも関わらず
あれだけ獰猛な反撃を喰らわせた。いかにも余命さんらしいです。

[注: 虎の威を借る狐のごとく、中途半端に因縁をつけてきた輩を、きっぱりと跳ね除けたこの長田達治氏に対する返答のエピソードは、余命さんの凛々しい人柄を表すものです。それに引き替えて長田氏の対応は、お粗末としか言いようがありませんでした。]

次にやり玉に上がったのが、櫻井よし子さん、
最近では、青山繁晴さんも攻撃していましたね。

[注: 櫻井よし子氏、青山繁晴氏、そして余命さんに工作を仕掛けて、三氏ともに潰そうとしたのは、HM氏とH氏でした。自分のしたことや自分の責任を他人になすりつけ、被せるのがMH氏の習性であることは、過去の行動が示しています。当ブログの「陰陽師サイト顛末記」、「当てない陰陽師とお焚き上げ 1~4」を参照して下さい。]

「みんなで手を繋いで、ひた押し」と言うが自分がトップでないと
気がすまない性格なのでしょう。
さすがに青山さんの件はやり過ぎたと思ったのか、彼の動画を
URLが危険だから入れるな~と言いつつ、アップしていたのは、
笑えました。

145 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/06/30(木) 08:50:26.55 ID:vsdEzyxd
私は安倍首相は改憲を考えているからこそ、
青山繁晴氏に直接電話して、立候補を要請したと思ってる。

余命が方針転換した間に起きたのは、青山氏の出馬宣言で、

余命ー桜井誠こと高田誠ー青林堂ー井上太郎
                 vs
                 青山繁晴ー安倍晋三ー自民党

この対立路線がこれから明らかになってくると、
安倍さんは○○だからな、という余命の決め台詞が効かなくなってくる。
それは拙いと察知して、高田誠とは距離を置いた風を装っているように思う。

[注: あたかも青山さんと余命さんの間に元から敵対関係があるかのような記述ですが、余命記事「341  ホワイトハウス誓願署名 2015/09/14 」の中の記述からも分かるとおり、余命さんは青山さんのことを高く評価しておられます。したがって、お二方の間に敵対関係などないのです。]

309 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/07/02(土) 09:05:46.14 ID:DQCKMBW+
「青山氏が彼らの余命叩きの誹謗中傷や捏造記事、なりすましコメントを容認しているわけはないから、
このままでは公職選挙法違反に問われる恐れが出てきたというわけだ。」
と余命爺は宣うが、
青山氏とは無関係ならば、公職選挙法違反になるとは思えないのですが、
詳しい人いますか?

[注: 青山繁晴候補に「公序良俗に反する支持者、仲間がいて、青山繁晴候補がそれに加担している」という風評被害を与え、青山候補の選挙活動を妨害するという意味で、あたかも青山氏が関与していると捉えられかねない余命叩きの誹謗中傷、捏造記事、なりすましコメントが公職選挙法違反だということでしょう。つまり、公職選挙法違反の対象者は、その計略を主導していると見られる者、即ち、MH氏とH氏かもしれないということです。MH氏とH氏には、そのような行動を取る動機があります。]

候補者である青山氏に対する捏造記事を掲載した週刊文春は、
選挙妨害で公職選挙法違反だと思うけど、
投票権を持つ一般人がネットで、候補者のことをどう議論しても問題はないし、
候補者でもなんでもない余命に対する意見は、選挙とは関係ないでしょ?

[注: このような言い訳をするということは、本当のところ、何が公職選挙法違反に問われかねないのか自覚があり、身に覚えがあるということを「自白」しているようなものです。一歩間違えば、「塀の向こう側」に落ちかねない悪事を、MH氏とH氏は重ね続けているのです。]

都知事選挙の公約・選挙活動だと言って、
桜井候補者が在日やパヨク有田芳生の事を言うのは誰にも止められないと
余命は主張しているのに、矛盾してない?

[注: 選挙の候補者と有権者の立場は、自ずと違います。候補者が自身の政治的主張を述べることを妨害されることがあってはならないのは、民主主義と選挙制度の基本です。逆に有権者は、自分の気に入らない候補であっても、その候補者が政治的信条、政策を主張できないように妨害すること、そして、当選できないように妨害することは許されません。これも、基本です。]

628 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/07/03(日) 22:27:31.92 ID:dchU6JoC
>>621

私は安倍官邸と余命に繋がりはないと思っています。
前も書いたのですが、
和田政宗ー日本のこころ党との繋がりのほうが強いように思います。
(以前に、唐突に彼の名前をあげて誉め称えていました)
383 余命の近況と南京通州事件

[注: 和田政宗議員とH氏の因縁については、「『yosh氏の正体についての考察 2016/3/14』の再検証」シリーズで取り上げました。この件はPoJ絡みで、和田議員叩きにはMH氏も関与しているものと見られます。その和田議員と余命さんを結びつけることによって、工作で和田議員につけてきたネガティブなイメージを、余命さんにも付けようとしているものと見られます。]

一方で、青山さんのことを井上太郎という超絶マイナー著書をもとに攻撃もしていました。

[注: 何度も何度も虚偽を書き込み、自分のしたことを、余命さんのしたことにしようとしています。これこそ、MH氏の特徴です。]

697 余命一派殲滅大作戦①

余命と安倍さんの関係は、電話をしたり、ラジオに呼んで直接会話をしたり出来る
青山さんと安倍さんのような関係でないのは、明らかです。

115 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/07/06(水) 07:02:21.27 ID:rFwslGWf
名簿の上のほうにあるから、当選確実と誤解している人がいますが、
青山さんは組織票がないから、落選する可能性もあるそうです。
党名を書いても本人の票にはなりません。
参議院比例区は、候補者個人の名前を書きましょう。
私は青山繁晴個人に入れに行きます。
こんなに投票日が待ち遠しい選挙は、はじめてです。

123 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/07/06(水) 07:15:43.19 ID:rFwslGWf
今日の余命の記事に、興味深いコメントを見つけました。

最後に以前青山氏を貶める不本意な書き込みの元となった井上氏が何故あのような表現をしたのかずっと思いを巡らせておりました。
保守分断の離間の計でないのなら。つまり井上氏にとって青山氏は顧客が被る同業他社とみる事ができるのだと思い至って合点がいきました。

こういう意見も載せるようになったとは、余命さんも進歩していますね。
以前だったら、以後は削除である、だったろうに。

[注: MH氏がそういう投稿を余命ブログにして、没にされていたことがあったということですね。意図しない「告白」が多いのもMH氏の特徴です。注意して読んでいると、いろいろと教えてくれています。]

余命が珍しく青山氏への文章を書いてましたね
697 「余命一派殲滅大作戦」①
ただ不思議に思うのは、「飛んでも誹謗中傷、名誉毀損、裁判」と過激な対応を示す事態は、1996年は別として、2014年井上太郎著「諜報機関」に掲載された時に発生している。
 今回、それを引用された読者に対して犯罪性を示唆されているが、「なぜ今なのか?」ということである。パターンとしては韓国での産経新聞加藤支局長事件と一緒である。
 諜報機関ではAと表記されていたから特定できなかったということであれば、今回の論戦で表記を実名とした読者はすべて「名誉毀損告訴対象者」なのか?
 法的対応に言及した以上は、どこまでが事実で、どこからが嘘なのかもはっきりさせた方がいいのではないかな。

青林堂の社長しか裁判に出てこなかった「井上太郎」
何代目かわからないほど、ころころ死んだことになっている「余命爺」
自分で取材もしないで、ネット上の情報(新聞記事を含む)の切り貼りで成り立っている。

[注: いくら気に食わない相手でも「ころころ死んだ」は酷いです。こんなところからも、MHの人柄が滲み出ています。「人生相談」など決してしてはならない人物なのです。MH氏には、神様を利用して人の信頼を得、騙してきた罪の重さを自覚して懺悔していただきたいと思います。]

それでいて、マスゴミと言っている矛盾に気づかないという点で、
この二人は、よく似ている。一方で、
一次ソースを自分で裏取り取材をする記者の基本を叩き込まれ、
顔も名前も全部さらけだして、寄付も募らず自腹で選挙を戦っている「青山繁晴」
顧客がかぶるとは、青山側は思ってないと思うけどね。

[注: 余命さんは、ジャーナリストではないし、ジャーナリストを自称されてもおらず、他称もされていらっしゃいません。そんな余命さんと、青山さんを「ジャーナリスト」という範疇で比較し、批判してみても、説得力がありません。また、ジャーナリストではない者が、現状のジャーナリストの有様に疑問を感じ批判し、時に「マスゴミ」という蔑称を投げかけても「怒り」を表明するというのは、矛盾でも何でもありません。本来、ジャーナリストが行わなければならない公正な情報発信を彼らが行わないから、ジャーナリストではないものが、止むに止まれず情報発信しているからです。ジャーナリストではないものがマスコミによる情報のうち、比較的信用でき価値がある情報を取捨選択して情報発信するのは、マスコミが情報を独占して彼らの都合のいいように情報を捻じ曲げ発信しようとするからであり、「マスゴミ」と言われて腹が立つのなら、ジャーナリストが彼らの本来の職務を全うすることにより、その言葉を見返してやればよいのです。]

793 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/07/10(日) 17:38:00.83 ID:tXYktabI
選挙、行って来ました。
お天気には恵まれたけど、投票所はいつも程度の混み具合でした。
Yahooによれば午後2時、いつもより投票率が低いとのこと。
青山さんの当落が気になります。

795 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/07/10(日) 17:54:53.79 ID:tXYktabI
大丈夫だといいんですが、ボイス聞いてる人やアンカー見てた人など、
青山さんを知っている人でも、まさか選挙に出ているなんて知らなかったり、
参議院比例なら自民と書けば青山さんがリストの上に居るから当選と、
勘違いしていたり、などと聞くと心配になります。

早く当選確実の花が見たいです。

900 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/07/11(月) 05:19:20.09 ID:e4Nu6N2k
>>846
安倍総理から電話があって立候補したんだって。

青山さん当選したからには、がんばって欲しいです。

【安全保障の根幹の整備】
▽自衛隊が「これだけはしてもいいよ」のポジティヴ・リストを持たされているという国際社会では極めて非常識な事態を克服し、
「これだけはしてはいけない」のネガティヴ・リストに転換して、
国民を護るためには、たとえば「捕虜を虐待してはならない」といった禁止事項以外は何でもやらねばならないという、国際法に沿った態勢に大転換する。
▽自衛隊に、これも国際法に沿った軍法を導入し、
防衛出動を閣議決定した際でも市民と同じ正当防衛しか行えないという懸念を払拭して国民を護るための正当な力を発揮できるようにし、
戦争を未然に防ぐ抑止力を充分に備えるように改革する。

【正憲法の制定】
▽現在の日本国憲法が外国の占領下で武装解除を完遂するための仮憲法であったことを提起し、正憲法の制定を目指す。
▽そのためにも、憲法9条の最後の一行、「国の交戦権は、これを認めない」の削除を提起する。
▽さらに、憲法本文に、国民をいかに護るかの定めが一字も無いことを見直し、
また、「日本国民の安全も生存も、諸国民、すなわちどこの誰とも知れない外国人にお任せする」という趣旨の前文も見直し、
日本国がその国民を護るという国際法上、あまりにも当然の規定を加えることを目指す。

 これらはすべて、一民間人としてのぼくがささやかに現場で取り組んできた課題ばかりです。
 それらをまずは、国政の場で問います。

59 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/07/12(火) 08:49:17.41 ID:lSPCwJKB
>>56

そうそう、国民投票は負けると安倍政権が倒れますから、
一か八かの賭けに使っていいもんじゃないのは、イギリスを見てたら
分かります。
青山さんに立候補を懇願したのは、安倍さんは、いよいよ改憲議論を
始めるつもりだからだとは思います。
改憲勢力と野党が連呼してくれたのも、ナイスアシストと思っています。

南シナ海でどうなるか、北朝鮮がどうするか、
そのへんの外の状況が日本国民の意識を変えるのが先か、
それとも、日本(沖縄)が中共の暴発に巻き込まれるのが先か、
前者であって欲しいと思っています。

273 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/07/13(水) 08:50:49.47 ID:ek/lkku+
>>271

「寝てないんです」って、どっかの誰かが逆切れした時の台詞を思い出します。

政治団体ではない任意団体だと主張するのならば、
寄付に本名、住所、生年月日は必要ない。
いちいち転記する暇があったら、他にやることがある。
2日寝てなくて、この処理スピードって、
プロジェクトチームならば、学生?だか、若いもんに任せたほうが
早くないですか?

.....もうすさまじいドンパチが始まっている。
今年中には決着をつけようと思っているから本名の方がいいと思うがね。
余命の戦死もあり得るからね。

青山氏の「政治にも納期を」という言葉に刺激されたようですね。
1年後、収支決算報告と活動報告を楽しみにしています。
それから、任意団体の会長は個人の収入としての確定申告をお忘れなく。

[注: 悪魔の提唱者氏は、何か勘違いなさっているようです。青山繁晴議員は、国民によって選ばれた国会議員ですが、余命さんは、個人ブログである余命ブログの管理者であり、余命ブログを発信源とする日本再生運動の主導者です。立場と役割が全く違うお二人が張り合うということは、意味がないことですし、もし、そんなことがあったとすれば、有害でこそあれ、利は何もないでしょう。余命さんは、私人であるがゆえに自由に動ける、そこが利点であり、自ら妙な縛りをかけるなど、愚かなことでしかありません。ただ、余命さんは、ご自身が提唱なさった運動に参加協力されている方々には責任を感じておられ、その責任に関わる義務は、きちんと果たされるものと思います。]

しかし、自分は覆面のまま他人には本名を何度も催促するって、
どういう神経の持ち主でしょうね。

[注: 余命さんが、すみれの会と日本再生大和会への寄付者に対し、「本名を何度も催促」という事実はありません。余命ブログに名前と住所の概要を登録するのは、寄付者の自由意志によるものであって義務ではありませんし、ましてや強制されたものではありません。目的は、日本再生への戦いに寄付者として参加された方々の名簿を作り、靖国神社に奉納するためです。名簿に載り、奉納されることを望まなければ、名前と住所を登録しなくてもいいわけです。(しかし、日本再生運動に参加した記録を残し、靖国の大神にご照覧いただく栄誉を辞退したい人がいらっしゃるでしょうか。)また住所は、同姓同名の場合などを考慮して、名簿閲覧を希望される親族、関係者の方が同定しやすいように記載されるもので、市町村名までしか記入しないことになっています。]

444 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/07/14(木) 08:50:54.76 ID:wzTiwq2G
>>360
>頭もいいし学もあるしお金もあるし社会的地位もある、そんな人がたしかにここにはいる。
>そう感じるのになぜ、余命を信じるんだろう。

余命は、トンデモ本の著者の特徴を全て備えている
http://blogos.com/article/182734/
1.自分を天才だと思う。(このブログは100%実現してきた)

[注: 余命さんはご自身のことを「天才」とおっしゃったことはないですし、そう思ってもおられないでしょう。さらに言うなら、「100%実現してきた」というのが予言が当たったということなら、それは「天才」というより「超能力」あるいは「霊感(霊能力)」と言うべきです。また、事物を思い通りにできるということなら、「天才」ではなく、「全能の神」です。それらのいずれにも、余命さんはなったと思っていらっしゃらないし、そんなことをお考えになったことすらないでしょう。悪魔の提唱者氏は自己を中心としてしか、あるいは、自分本位でしか事物を見ることが出来ないので、そんな風にしか余命さんのことを見られないのです。]

2.仲間たちを例外なく無知な大馬鹿者と考えている。(だから覚醒させなければならない)

[注: 余命さんが「寄付金ファイル」へのコメントをどれほど大切に考えられ、取り扱っていらっしゃるかを見れば、余命ブログへの投稿者、大和会への寄付者、外患誘致罪告発への参加者のお一人お一人のことを、大切に思われていることは明らかです。]

3.自分は不当にも迫害され差別されていると考えている。(長田さんの件やら、殲滅大作戦やらいろいろ)

[注: 身に降り掛かってくる火の粉は払いのけるのが当然であり、そのことをもって、余命さんが過剰に被害者意識を持っているなどとは言えません。むしろ、余命さんは、様々な障害や妨害があっても、いつも朗らかでいらっしゃいます。「被害妄想」とは無縁の方でしょう。]

4.もっとも偉大な科学者や、もっとも確立されている理論に攻撃の的を絞りたいという強迫観念がある。
(余命の青山氏への一方的な嫉妬が見られた参議院選挙であった。)

[注: 余命さんのどこを見てそう思ったのか不思議でしかたがありません。ただ、これを書いた人は、人間より論理や学問理論の方を重んじる人なのかなという感じがします。そうであるなら、論理より、人間を重んじる人に対しては、自分の絶対的な拠り所である論理、理論を否定されたような気分になり、攻撃されているように感じるかもしれません。そうであるとするなら、強迫観念を持っているのは、むしろ、これを書いている人物ということになります。また、青山さんに工作を仕掛け、青山さんに撥ねつけられたのはMH氏であり、そのことに対して、いつまでも根に持ち、表面上は支持しているように見せながら、NewsUSの投稿欄などで青山さんの名前を使った余命さん叩きのコメントを書き込み、お二方に対する姑息な工作を仕掛け続けていたのは、MH氏とその意を汲んだ協力者だと推測されます。]

5.複雑な専門用語を使って書く傾向が見られ、多くの場合、自分が勝手に作った用語や表現を駆使している。
(余命の使う日本語は、初代のことから一貫して独特だと思う)

そして、自分だけが陰謀を知っていると思いたい一部の賢い人たちが、
こういうトンデモ論が好きなのです。
日ユ同祖論とか、田布施システムとか、エロヒムリークとか、なんとか日示とか

かくいう私は、興味はあって、いちいち全部、読んでみて、
これ違うなあ、これも違うなぁ、とやっている。
余命日記もそのうちの一つ。

[注: 余命ブログは、一部の賢い人たちにしか分からないように書かれているものではないでしょう。余命ブログに投稿されている文章からも、そのことが推察されます。特に、寄付金ファイルのコメントやレターパックのコメントには、素朴で賢ぶらないコメントが見られます。余命ブログは、そういう「言挙げ」しない普通の方々から支持されているのです。悪魔の提唱者氏の言うように賢ぶった人が一部の人にしか分からないような「エリート」のためのものとして余命ブログの記事を書いたのだとしたら、普通の方々が支持されるわけがありません。どうやら、悪魔の提唱者氏は、根本的に余命ブログの読み方を間違えているようです。]

586 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/07/15(金) 06:30:49.77 ID:cJWNA1G0
>>565

青山さんのサイトでは、小池おしのニュアンスが強いようだ

小池さんについては「アイデアを出される高い能力を、さらに掛け値のない実務能力に結びつけていただきたい」と今朝は、ぼく個人として要望しました。
 この点は変わりません。
 その根拠を示すときに、具体的なエピソードを話しましたが、それはこの点を都知事の重職に就かれるかもしれない小池さんにも知ってほしいからです。
 批判だけしているように聞かれるとしたら、それは、まったく違います。
 番組で申した通り、いちばん個人的に存じあげている小池さんですから、
逆に言い方が厳しくなったことはあると思いますが、あくまでも要望したのが真意です。
選択肢としての存在意義をさらに高めていただきたく望みます

886 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/07/17(日) 18:09:55.61 ID:WYImwnJe
参議院選挙では、青山氏に入れました。
彼の言葉には、自分がーという意識で要らない描写に
貴重な発言時間を割いてしまって鼻につくと、気になることもあります。
何よりも小保方擁護論は残念ですが、それでも、
青山氏は確かに安倍さんと直接話せる立場に居る。
硫黄島のこと、沖縄の白梅の塔の存在を広めたことなど視点は保守だし、
自衛隊にも米軍にも実際に知り合いがいて、
ポジティブリスト方式が自衛官の命を危険に晒していることも発信している。
福島原発の吉田所長にも現地取材できる行動力と人間関係の構築力など、
署名入りの一次発信者となるジャーナリストとしては、抜群と思っています。

櫻井よし子さんも好きです。
「あなたのおっしゃる世界って、どこの国のことかしら?」と言って、
わめき散らしていた韓国人を黙らせた。同性なのに惚れました。
若手では有本香さん。彼女の人脈は面白い。

経済学では、AIIBをアジアいんちきイカサマ銀行と訳した渡邊哲也さん。
お困りの国韓国とか、上品な言葉使いなのに毒があるところがいい。
経済学については私は素人なので、コロっと騙されているのかもしれませんが。

誰もが無謬であるとは思っていません。それぞれ得意分野があるわけで。
しかし、違和感や胡散臭さというものを感じるかどうかは、理屈でなく直感です。
で、自分が直感で感じたものを正しいか否かを、改めて検証しようとしているのが、
私がこのスレに居る理由です。

[注: これまで見てきたことから、悪魔の提唱者氏の直感は、少々狂っていると言わざるをえないようなのです。さらに、なまじ頭がいいものだから、検証のために集めた資料から狂った直感を正当化できる理論を構築できてしまいます。これは、非常に厄介なことです。自分では、自身の誤りになかなか気づくことができないからです。]

質問に対して、事実を答えてくれる人には感謝していますが、
余命をdisるなというレス、あるいは在日認定しか来なかった場合には、
やはり私の勘が正しいのだと思っています。

49 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/07/18(月) 19:00:26.18 ID:3tIrhlW5
>>47
あぁ、自民党には伝手があるようでしたね。
ODAと口利きには詳しかった。
ただ、伏見氏の年齢から考えても時代がかなり前の筋のようです。
今のご存命の政治家では、いないかも?
余命側は、和田政宗、杉田水脈
日ころのお二人がキーパーソンでしたっけ。

青山氏はどちらとも関係ないと思われます。NewsUSのは、伏見とも青山氏とも
まったく関係のない誰かの仕業だったのではないかと推測します。
今はピタリと止んでいますから。

[注: NewsUSの余命さん叩き投稿は、伏見氏、青山さん双方に関わりのある人物である、MH氏、H氏と協力者が示し合わせて行ったものであると推測されます。]

429 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/08/01(月) 20:57:38.58 ID:pe31YIFa
期日がないといえば、2015は極限値という名言にも、昨年末に在韓米軍撤退の噂も、
7月9日のXdayという長文の感傷にも、
5月20日以降、何が起きてもおかしくないとの唐突な警告も、
先週末から花火大会の予告も、8月からの訴訟合戦との煽りも
今年中には決着をつける宣言も、どれもたいした意味はないってことですね。

青山氏が文春を訴えるのに、ものの3日もかかりませんでした。
余命一派が伏見を訴えるのに、いったい何ヶ月かかることやら。
青林堂お抱えの弁護士さんは、仕事遅すぎです。

[注: 2016年8月2日に伏見ブログが刑事告発されたことが、余命ブログにて発表されました。余命記事「1120 2016年都知事選アラカルト④」を参照してください。]

985 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/08/04(木) 06:01:31.88 ID:lyNpGuSJ
>>981

拉致問題解決を掲げて当選した青山繁晴氏は、稲田大臣のほうが
拉致問題を解決しやすいと評価するでしょう。稲田大臣が、
今回の北朝鮮のノドンの件について、どう対応するか、初仕事ですね。
彼女は、自衛隊(ポジティブリスト方式)から「軍隊」(ネガティブリスト方式)への
転換を主張してきている点で、青山氏と組んで、大転換を実現させて欲しい。

外務省は岸田大臣が韓国に竹島上陸について抗議するタイミングを
逃すような失態を犯して、謝罪しています。
害務省は、しばらく大人しくしてて欲しいです。

26 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/08/04(木) 08:07:57.54 ID:lyNpGuSJ
>>24
稲田議員は、ポスト安倍と安倍さんが期待している逸材です。
眼鏡好きだから、鯖江産の伊達めがねをしているそうです。
ボイスに青山氏に招かれたときに、言ってました。
消費税増税派のようではありますが。初の女性首相に相応しい風格を
身につけつつあるように私は思います。
対中国の布陣として、飴とムチで、二階と稲田の両氏を入れたのだと思います。

206 : Devil's Advocate(悪魔の提唱): 2016/08/05(金) 08:25:49.14 ID:wiSGhx/d
桜井氏については、「在特会」から分かれて「行動する保守」として、
ネームロンダリングを計っても、結局、無駄だと思う。
ネット時代は、検索すれば「朝鮮人を殺せ」「おちょんこを殺せ」と言っていたのは、
事実として見える。それを無かったかのようにしていることで、
疑いの目を向けられる。

ネームロンダリングの左翼のカラクリはバレているし、逆効果。
かつては、在特会の中に、「しばき隊」が入っていたし、
街宣車に乗って軍歌を流しているのは、実は在日だと知られているしね。

余命が「保守連携」っていいながらも、繋がりは在特会だけ、
自分への攻撃は保守分断と言いつつ、チャンネル桜、櫻井よし子、青山繁晴と
顔だしして昔から活動してきた保守論壇を、全部、似非保守呼ばわりして、
自分(と在特会)しか認めない狭量さからも、左翼の内ゲバ体質が臭ってくる。

[注: 「似非」と言って工作していたのは、MH氏、H氏とその協力者です。悪魔の提唱者氏は自分でしたことを余命さんになすりつけ、その上で余命さんを叩いているのです。これが悪魔の提唱者氏の手口です。]

何より「保守」と言いつつ、「朝鮮・在日」という、
劣化遺伝子で火病メンタルで、経済規模も小さくてー技術もなくてーという
罵倒している相手が、実は巨大で日本を支配していて、それさえなくなれば
日本はよくなるという論理が、破綻していると思う。
在日・朝鮮問題に特化するのは、それはそれでいいが、
それ以外の問題(特に中国)とのっ比重の取り方が変。

[注: たとえば、家がシロアリに食い荒らされているときに、「シロアリなんかこんなに小さくて台風と比べたら、その威力は全く比較にならない。シロアリは放っておいて台風に備えるべきだ」ということになるでしょうか。台風は確かに脅威ですが、シロアリを放置すれば家は確実に倒壊します。在日は終戦のときから日本に巣くい、日本の社会を食い荒らし破壊する「シロアリ」のような存在です。それを駆逐しなければ、日本は確実に破壊され崩壊します。悪魔の提唱者氏は、現実が見えていないか、日本の破壊を企んでいるものに組みしているかのどちらかです。]

それは、今回の、伏見という小物(一個人)を、まるで巨大組織がバックにいるかのように
信じている、その物事の捉え方の歪さから、世界情勢や政治をまともに読める人物とは
とても思えない。

[注: 伏見顕正氏は、皇室を執拗に叩いています。皇室を破壊するのは、日本を破壊することと同じです。それだけで反日であり、また、中共、朝鮮との繋がりも疑われる以上、外患誘致罪での刑事告発は妥当であると言わざるを得ません。]

663 : Devil's Advocate ◆6CLW77Y102: 2016/08/07(日) 14:55:36.04 ID:DgJ8NQp/
>>659
>自衛隊は関係法でギチギチに縛られてるから先制攻撃は事実上不可能。

警察の延長だから、やっていいことが決まっている「ポジティブリスト」
軍隊は、やっていけないことだけが決まっている「ネガティブリスト」
ここをなんとかしないで、安保法制だけ広げると自衛隊の首が締まっていく。

どうやったら、まともに軍隊にできるかな。
青山氏には期待しているけど、一人で出来ることには限りがある。

809 : Devil's Advocate ◆6CLW77Y102: 2016/08/08(月) 07:51:27.52 ID:nYBQBvQs
国連の敵国条項を青山氏が解説したアンカーの文字おこしを見つけました。
http://nippon-end.jugem.jp/?eid=3701

58 : Devil's Advocate ◆6CLW77Y102: 2016/08/12(金) 06:38:59.17 ID:fRD2Upyz
昨年末の日韓慰安婦合意は、オバマが北が暴発すると懸念していて、
それで、パク大統領に圧力をかけて合意をさせたと、青山さんが言ってた。
でも、北のカリアゲ君は、いっこうにチャーハンを食べようとしない。

1、従北勢力が強くなって、彼らにとってのハード路線は必要なくなった
2、イラン制裁が解除され、潤沢に資金を得ることが出来るようになったから、
チャーハンは非常食として取っておくことにした
3、在韓米軍の撤退はなくなったから攻め込めない

今年の朝鮮半島有事の可能性はどれくらい?私は低いと見るけど。

506 : Devil's Advocate ◆6CLW77Y102: 2016/08/14(日) 15:02:40.84 ID:s7eOr8kj
>>502

余命が削除した「じゃがいも」投稿のツイートは、外患罪はこのままでは
使えないという主旨のもの。>>480参照

[注: 『砂の城』「余命さんとカミカゼじゃあのさんへの分断工作の投稿 https://chateau4.wordpress.com/2016/08/14/%e4%bd%99%e5%91%bd%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%a8%e3%82%ab%e3%83%9f%e3%82%ab%e3%82%bc%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%82%e3%81%ae%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%b8%e3%81%ae%e5%88%86%e6%96%ad%e5%b7%a5%e4%bd%9c%e3%81%ae/?frame-nonce=57bf76db53 」参照。]

じゃあのが削除した「誰とは言わんけど」宛のツイートには、
5月ごろから暗に官邸メールやめれと言っていたが、
余命は無視していたように読める。
もう1件、しかるべきところに報告したという5月の件は、
はっきりしない。余命殲滅大作戦を青山氏に知らせたのか?

俺のパチもんが出たというのは、3月ごろの真・××××を指すと思われる

[注: 真・××××とはH氏のことです。つまり、悪魔の提唱者H氏のことです。自分で自分に言及しているということですね。]

協力者と永田町関連というのは、和田正宗参議院議員か、公安か
私には判定できない
>>481参照

[おたくのやってる例の活動]が、「官邸メール」だということは、
官邸メール第三弾が延期になったことから確定と思われる。
>>482参照

503 : Devil's Advocate ◆6CLW77Y102: 2016/09/03(土) 21:51:42.39 ID:UqdKHukG
>>498

で、余命と旧POJの関係は、どんな?
余命=うひ。と一直線に結べる証拠が今のところ、見つけられていない。

有名どころをターゲットに潰して、支持者を奪おうとした
my日本とのトラブルが、櫻井女史や青山氏への態度と共通性は感じるけど。

[注: MH氏とH氏はPoJのメンバーでした。ですので、余命さんがうひ。氏ではないことは、分かっているはずです。]

737 : Devil's Advocate ◆6CLW77Y102: 2016/09/04(日) 11:51:00.85 ID:A3C9zxCw
>>736
>外患罪については確かに結果はすぐに出るはずだけどなw

これまではノラリクラリ、70年分の汚鮮だから~と締め切りを伸ばしていたが、
青山繁晴氏が政治にも納期をと言っていたことに刺激をされたのか、
読者離れが進んでいるのか、
「8月は告発ラッシュ」に始まり、とうとう年内決着を宣言してしまったからね。

以下、余命記事コピペ
1017 寄付金メッセージ17.....
もうすさまじいドンパチが始まっている。今年中には決着をつけようと思っているから本名の方がいいと思うがね。
余命の戦死もあり得るからね。

821 : Devil's Advocate ◆6CLW77Y102: 2016/09/04(日) 16:48:47.69 ID:A3C9zxCw
>>820
ありがとうございます。
基本的に国を憂い、国を思い、は同じなんだと思いたいです。

本能的にこの人、駄目っていう感覚は大切です。
身を守るために。

[注: その感覚を、悪魔の提唱者氏こそが大切にし、使わなければならないでしょう。そして、他者の立場に立ってみて、自分たちがその感覚の対象となったとき、どう感じられるのか思い測ってみてほしいと思います。現状の禍々しい悪魔の提唱者2人に対し、本能が警告しない人がいるでしょうか。]

余命さんが5月に青山氏に対して、わざわざ井上太郎の本のページまで
引っ張ってきたので、井上太郎=青林堂の社長なのかとも思ったのですが
二つ書き分けるのも、難しいだろうなぁと思って、この仮説は捨てました。

256 : Devil's Advocate ◆6CLW77Y102: 2016/09/07(水) 06:59:55.45 ID:igbFmZG+
>>228
>そういえば「参院選で安倍総理から出馬を打診された青山繁晴」も余命は何故か叩いてたよなwww
>けっきょく青山は比例で40万票以上取って当選w
>余命は足引っ張って何したかったの?wwwとても官邸にパイプがある組織とは思えねえわwww

・自己愛性人格障害の特徴
http://www.spiritual-life.jp/jikoai.cfm
誇大感を持つ人には2つのタイプがあります。
・自分より優れたものを認めたがらず、周囲を馬鹿にしているので、
他人の能力や才能、長所が見えず、他人の個性・能力を無視します。
そして、他人を見下したり軽蔑したりすることに快感を覚えます。

   これを櫻井よし子さん、青山繁晴さんに発揮したんだと思います。

   長田達治さんsage&被害者演出&支援者の結束に成功したので味をしめたのでしょう。

・有名人に近付くことで自分を特別な存在だと思い込んだりします。
有名な芸能人や政治家に近付いて自分の誇大感を膨らませるたり、自分も同じ世界の
人間になったように錯覚し、裏付けのない空想的な野心にのめり込んだりすることもあります。

・・・・安倍首相と余命は二人三脚
安倍さんの方針は一括処理だからな
安倍総理からGOサインが出た

他にも、
・自分の思い通りになるという空想に耽る (外患罪で即死刑)
・他人を自分のために徹底的に利用します (告発代理人を募集します)
・自分という人間は特別な人間だと思う (車2台、警護5名)
すべて当てはまります。

[注: もし、この「自己愛性人格障害」故に櫻井よし子氏、青山繁晴氏を攻撃したのだとしたら、それを行ったMH氏とH氏が「自己愛性人格障害」ということになります。ここに書かれていることは、確かに、この2人に当てはまる部分が多いように思います。最近、余命スレで連投されている投稿もご覧になると、より納得できるかもしれません。その投稿は、MH氏のものであると推測されます。]

622 : Devil's Advocate ◆6CLW77Y102: 2016/09/09(金) 07:28:06.63 ID:PVNIFYrP
>>589
>荒らしがいる、敵がいる、そのように思わせるよう、
>荒らしと擁護の二つを自作自演しながら相手の取り込みをかける手口を連中は使います

[注: これは、まさに、悪魔ブログと真太郎ブログのやっていることです。余命さんにとっては、悪魔ブログ-敵、真太郎ブログ-擁護するもの(→味方)、青山さんにとっては、悪魔ブログ-擁護するもの(→味方)、真太郎ブログ-敵という構図になっているからです。実際には、この2つのブログは同一人物が中心となって運営されています。つまり、「自演」なのです。]

それは良く分かります。
まずは長田達治さんを敵に仕立てあげた。
次は、自分たちの仲間でハードランディングを煽る書き込みをしておいて、
「なりすまし」だったと言った。
5月の青山さん騒動も同じ手法だと感じました。

[注: ここで言われているとおり、それらのことは「同じ手法」であると私も思います。そして、それを行ったのはMH氏、H氏とその協力者だと推定しています。]

味方の結束を高めるためには、共通の敵(あまり強大すぎず)を認識させ
危機感を煽ることが、てっとり早い。
在日特権の最後の1つ「重罪を犯さなければ送還できない」を崩すことが出来ないので、
味方を飽きさせないように定期的にイベントをうつ必要があるんですよね。

[注: 何をもって「イベント」と言うのかということについて、明確にしておかなければならないでしょう。官邸メール開始・追加、入管通報、余命本出版、すみれの会立ち上げ、日本再生大和会立ち上げ、伏見刑事告発、外患誘致罪刑事告発一次、二次、三次、四次などを余命さんの企画した「日本再生へ向けてのイベント」とするなら、上で言われた長田達治氏への警告にいちゃもんをつける工作、余命ブログへの成りすまし投稿による工作、青山さんへの批判の余命ブログへの投稿などは、MH氏、H氏が日本再生運動を妨害することを目的とした「反日活動としての策略、工作イベント」です。これを混同しないように明確に区別しなくてはなりません。これを混同させ、余命さんの「イベント」の「日本再生へ向けて」という部分を霞ませ「私情私利私欲の活動」として汚すというのが、MH氏とH氏の狙いなのです。]

特にイベントも何もせず、ただ、「安倍シナリオ」と唱えていれば、
予言者として左団扇だったのに、行動する保守になろうとして馬脚を現したと思います。

737 : Devil's Advocate ◆6CLW77Y102: 2016/09/09(金) 20:58:18.69 ID:PVNIFYrP
余命とPOJの共通性について、まとめておきます。
1、顔を出さないでネット上の活動に終始する(自分ではデモなどしない)
2、同じHNを複数人で使う(駄菓子菓子も三代目まで居たそうです)
3、プロジェクトチーム制(じゃあのwwwもチーム)
4、物を販売している(POJは花とワイン、余命は本)
5、自民党との近さをアピール(POJはパーティの写真、余命は安倍さんからGO!)
6、2ちゃんねる(高岡スレ)まとめサイト(保守速報)を拡散の足がかりとしている
7、個人情報を執拗に集める  (POJより余命のほうが個人情報収集には執着している)
8、靖国神社をダシに、寄付を集める
9、他の保守勢力との連携を滅多にしない(POJは竹田研究会、余命は桜井誠など限定的で一方的)
10、旧次世代の党の和田議員との関係が近い
11、「ドンパチ」「花火」「漫画」という言葉の使い方
12、「事務所」を構えたがる
13、韓国・在日問題だけに特化している(POJのほうが余命より守備範囲は広い?)
14、他の保守勢力を攻撃する(POJはmy日本、余命は櫻井よし子、青山繁晴)
15、ちょっとしたことで「粛清」する
16、寄付金の収支報告を何がなんでも逃げる
17、なぜかサーバーを他人に集る(POJは貧博さん、余命は津崎尚道氏)
18、アメリカ在住設定(POJは駄菓子菓子、余命は三代目A)
19、自衛隊との繋がりを匂わせる(POJは孔雀の人とぱと氏が元陸自、余命は予備自衛官や放談会)
20、警察あるいは公安関係を匂わせる(POJはわんわんおが元神奈川県警、余命はしかるべき公的組織より連絡)
21、個人情報の取り扱いが杜撰(POJは会員の電話番号を晒して電凸を企画、余命はうっかりミス多数)
22、弁護士との直接の繋がりは無さそう。たぶん経済学者も憲法学者もブレインに居ない。
23、名誉毀損、業務妨害で訴訟すると脅す(POJは流出ログ保管者、余命は伏見)
24、知能は高い理系の人物の気配 (POJの伊佐木、余命vs真・××××)

[注: 伊佐木とは、H氏のことです。真・××××(この人物は「カミカゼ」の名に相応しくないので伏せ字にしています。)もH氏ですから、伊佐木vs真・××××というのは、H氏vsH氏ということになります。こんなところからも、この共通性の列挙というのが出鱈目であることは明らかです。ここに挙げられているものの多くは、共通の事項が含まれてはいるものの、状況の違いなどから本来、対応関係にないものをあるかのように並べているだけのものが大部分で、残りのものは、推測か虚偽です。ちなみにMH氏は、PoJの「桜婆」だと見られます。PoJ総帥のうひ氏との確執から執拗にうひ氏を攻撃し続け、その怨恨を反余命活動にまで持ち込み、余命さんを攻撃するネタとしてPoJとうひ氏を使っているものと思われます。ここでも、消化できない怨念を引きずり続けているのです。自分の魂が怨念に喰らい尽くされてしまわないうちに、このような悪行をきっぱりと断つべきなのです。]

POJと余命の違い
1、POJはオカルト色が強かった
2、余命は中の人の寿命が短い
3、POJはヤクザとの繋がりも匂わせていた
4、POJはオフ会があった
5、POJの数人はリアルが身バレしているが、余命はまだ

-------引用終わり

■ 付録
以下は、「余命三年時事日記って真に受けていいの? 119」 よりID:the/sQe3のコメントを抜粋したものです。ここ一ヶ月の投稿傾向と内容から、MH氏の投稿であると推測しています。

引用開始-------

863 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 04:08:10.23 ID:the/sQe3 [1/18]
>>794
些細なこと だから流せwww
一方的な決めつけと倫理破綻 乙

旦那には浮気されてママ友虐めに必死のバカ主婦 子供の成績は底辺工業高校レベルw

864 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 04:09:37.25 ID:the/sQe3 [2/18]
>>816
へwwタwレwwwwwwwwww
無職のくっさいおっさん

865 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 04:12:55.20 ID:the/sQe3 [3/18]
>>822
信者ってこのレスを読んでもまだ理解できない程度の頭しかないんだよな
IQボーダーでも詐欺師の仄めかしなんかに惑わされることなく誇り高く生きろ
お前らが日本人ならなおさらだ

881 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 13:25:01.89 ID:the/sQe3 [4/18]
釣り>>873

何回お前らを通法しない理由を書いたか
数えて報告してみろ知恵遅れ>>869
IQに差があり過ぎるとここまでまともに会話が成立しないもんだなぁ!

実生活でこんな陰湿な虐めや喧嘩を娯楽とする低IQ層と接する機会はないから楽しい
日本政府がこの手の情弱で禁忌に疎い層に合わせて情報公開を見送るんだよな
一般的市民にとって迷惑な存在

882 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 13:29:21.70 ID:the/sQe3 [5/18]
ここまで情弱かつ騙されてわからないという人らは
自閉症スペクトラム圏を疑うと生活の困りごとが解決するかもな

888 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 14:04:34.89 ID:the/sQe3 [6/18]
んー。連投くんから捨て台詞野郎に

こう、穏やかで建設的にすすめるのが日本人らしいと思うんだけどなあ
勤勉で誠実に生きる
そういう日本人の特性を良しとしないのが余命信者で 妙なのがいるんだなと
目につくんだよ

889 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 14:07:18.25 ID:the/sQe3 [7/18]
些細な異常や歪を見つけるのは高IQによくある特技なんだけど
とにかく変なんだよ、余命と信者

891 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 14:10:25.22 ID:the/sQe3 [8/18]
お前らみたいな知恵遅れとは普段接する機会がないから楽しいよ
でもあなたみたいな底意地悪い主婦には興味がない

893 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 14:49:30.23 ID:the/sQe3 [9/18]
ハハッ 基地外扱いサンクス

余命と個々の信者は邪悪てほどのキツさは無いんだが
他の朝鮮カルトから見ればこの集団は超優良物件でだろ?
そのまま丸ごとカルトの背乗りができる
教祖に変わる実質的な指導者が出てきてコロッと簡単に逝けるよ

信者の中でも自己破壊・他者破壊願望が強い奴なんかがてろの理由にする
政治的なイデオロギーを建前にしてるけど、報われない社会への恨み辛みが起爆剤
こんな感じの鬱屈した社会への個人的な不満を在庫一掃のハイテンション集団に同化してごまかしてる

896 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 15:32:24.17 ID:the/sQe3 [10/18]
うん、余命と信者を見下してるよ。
何か?

898 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 15:41:43.30 ID:the/sQe3 [11/18]
なんか長文…
えーと主婦とか効いてるw効いてるwのニートははしゃいでんだよね
で、年寄りは無意味に威圧的なだけで
群れてるだけで安心しているから、ああ馬鹿なんだなぁとしみじみ思う
その茶化してギャーギャーした感じ、喧騒がevilな人物の隠れ蓑になってるんだよ

899 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 15:44:16.38 ID:the/sQe3 [12/18]
「だからなにもせずに待ってる」おっさんはニートと同じ側
とは言え教祖共々カルトや過激派なんかの隠れ蓑に使われやすいという点では優良団体

902 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 15:56:54.51 ID:the/sQe3 [13/18]
んで、ほんっとに人材がプアで役立たず
使えないわ金も持ってないわな集団
だから元オウムとかまだ手をつけてないし今後も食指は動かないはず
既に隠れ蓑にはなってるから気をつけろと

903 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 15:57:50.36 ID:the/sQe3 [14/18]
以上でえっっっす(はーと

904 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 15:59:18.14 ID:the/sQe3 [15/18]
差別云々の問題ではなくてevilさと危険度のハナシ

906 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 16:04:53.94 ID:the/sQe3 [16/18]
家族に内緒で告発に参加する信者は我こそが迷惑をかけてるとはつゆ程も感知せず
サイレントに存在してる人らは意識して行動して存在してるわけ
しかし余命信者はアホなので無意識で悪い方に加担してる状態 (茶化したりするのも

それは理解せずに盲目してばかりで自ら思考しないから ゔぁーーーか笑

907 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 16:09:56.32 ID:the/sQe3 [17/18]
在庫と日本人の区別がつかない人の集団

それで遅くにやっと知り、さらに努力すらせず手間をかけさせるな!と喚くのには驚いた

本当に単純作業程度しか能力が無い人に手間をかけて努力を強いるのは…色々とアレな意味で際どい人たちが澱のように溜まってる

だからお前だ、お前
爆発物とBCは決して使わないように!銃刀法に反するものや行動も禁止だ

908 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 16:10:44.45 ID:the/sQe3 [18/18]
頑張れー サヨナラ知恵遅れ

-------引用終わり

………………………………………………………………………………………………

2017/04/29
5. 「余命一派大作戦」のある一面について

■ 語るに落ちていること
「青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road 2016/5/3」の中で、青山さんは、道すがらエッセイブログへ、ペルー事件を巡って青山さんに対する誹謗中傷があるということを知らせ、青山さんに弁明を求める内容の投稿があり、それによって心が乱されて仕事に集中できなくなり、貴重な時間を失ったという意味のことを書かれています。青山さんご自身は、その誹謗中傷が誰によって、どこでなされたのか記述されていません。

一方、その青山さんのブログの記事からの引用が、余命ブログの「697『余命一派殲滅大作戦』①」に掲載されている投稿にあります。その投稿を行った者は、その引用を根拠として、青山さんを誹謗中傷し、足を引っ張ったと余命さんを非難していますが、青山さんのブログに書き込まれた投稿に、「『余命三年時事日記』に、青山さんへの誹謗中傷が掲載されている」とあったかどうか、定かではないのです。その投稿は、余命さんとは、全く関係ないことなのかもしれません。つまり、青山さんのブログからの引用は、余命さんを非難する根拠には、ならないということです。

何故、この投稿者は、根拠にならないものを根拠として余命さんを非難できると考えたのでしょうか。まず、考えられることとして、この人が青山さんに問い合わせをして、「余命ブログに自分への誹謗中傷があると書き込みに記述されていた」という回答をもらったからということが挙げられます。しかし、青山さんがこのような回答をされるとは考え難いです。何故なら、問い合わせに回答するぐらいなら、ブログに「余命ブログで自分が誹謗中傷された」とはっきりお書きになるだろうからです。問い合わせした人にだけ、事実を教えるということは、贔屓になります。青山さんは、そういうことをなさらない方です。

別の観点から見ると、もし、青山さんのブログへの投稿に「余命ブログ」と記述されていたのなら、その事実を公表されなかったのは、青山さんの配慮であり、余命ブログとは争うつもりがないということでもあるでしょう。また、そのような記述がなかったとしたら、「どこに誹謗中傷があるのか」という問い合わせに答えようがありません。いずれの場合にしても、青山さんは、その問い合わせにたいして、答えられない旨、返信なさるものと思われます。

さて、それでは、この投稿者は、何故、根拠とならないものを根拠として引用したのでしょうか。それは、この人にとって、この引用が余命さんを非難する根拠となることが「明白」だったからと考えざるを得ません。そして、何故、「明白」だったのかと言えば、この人が自ら青山さんに「余命ブログがあなたを誹謗中傷している」と投稿した、もしくは、仲間がそのような投稿をしたことを知っていたからとしか、考えられないのです。

余命ブログへの非難の書き込みは、青山さんが余命さんに抗議をする気配がないので、代わりに余命さんを非難する投稿をして、余命さんが青山さんと喧嘩するようにけしかけたとも考えられますが、それなら、この引用の仕方は拙劣としか言いようがありません。何故なら、それは、投稿者本人か、もしくは仲間が青山さんのブログに、問題の投稿を書き込んだと「自白」しているようなものだからです。

■ 青山繁晴氏のブログへ投稿したのは誰か
ところで、その青山さんのブログからの引用を含む投稿というのは、前回の記事でご紹介した余命記事「697「余命一派殲滅大作戦」①」に掲載された「卯」という投稿者のものです。また、同じ文面で別の投稿者名のものもあります。この投稿の文章を書いたのは、MH氏と特定できると前回、結論付けました。

また、青山さんがブログに書かれている投稿文章の特徴は、「ご自分が『動揺した』ということで、行きつ戻りつのいろんなお言葉はあっても」というものですが、それは、当ブログの「資料: 陰陽師サイト顛末記 http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/442303324.html 」に掲載している「はやぶさⅢの日本は今 2014年02月02日 あの二階堂ドットコムで評判の『当てない陰陽師HM』こと皇三勾さんのブログが立っていた。」で引用している当てない陰陽師HMの文章の特徴と酷似しています。以下に一部、引用します。

引用開始-------

当てない陰陽師HM廃業のお知らせ
お知らせ
二階堂ドットコム、J-CIAにて2012年1月よりお世話になりました、「当てない陰陽師HM」こと皇三勾です。

昨年末、マネージャーの中条より民事裁判を申し立てられ、私は被告となりました。
スケジュールは弁護士の都合に寄る事となります。これらは全て委任しておりますので私は把握出来る立場にありません。ですが早めの解決を目指させて頂きます。

中条はビジネスパートナーだったと言い募っておりますが、
ビジネスパートナーは二階堂ドットコムのアンカーマン、二階堂豹介氏であり
中条はあくまで二階堂氏より委託されました「陰陽師サイトの管理人兼マネージメント業務者」でありますこと、固く申し上げさせて頂きます。
中条は調査報告によりますと過去割合と大きな(有名な)出会い系サイト運営業者でした。
ですから裁判などに抵抗が無い事にいたく納得しました。

こちらで大きくお伝えしたい事として中条から2013年9月19日よりただの一度も連絡を頂いていないことを表明させて頂きます。
2013年9月のうちには二階堂氏から「中条が直接出向き取りに行く」と聞いており、中条からの連絡を待っていました。

ですが中条のご伴侶様である奥様のブログによりますと旅行に明け暮れているばかり…。
連絡する時間はあるはずなのに、連絡も無く、取りにくる気配がございません。

ブログには時差をつけて「対策」を打っているという表記もありますが、何に対する「対策」なのでしょうか。

告訴されました事で経緯についてかいつまんでご説明させて頂ける範囲で書かせて頂きます。
大変長文となります。申し訳ありません。
(休み休み書きました)

中条の弁護士から来ました一番最初の内容証明は「御稲荷様と御仏様の宅配」です。
その内容に驚愕致しました。
通常の日本人の常識では考えられないからです。

業者はどこも引き受けてくれません。
理由は「何かあってはいけない、お金に換算出来ない「見えない保障」などが伴うから」…という事です。

一番心配な御仏像ですが、中条(現:藤崎?)が予定よりかなりお値打ちの木で発注した為に、大変脆くなっております。お値段の決定は中条のご伴侶様がされました。

その脆さから大きな車で、しっかりと養生し、丁寧に運ばないといけません。
こちらへの移動の際は、彫り師が修正しながら直接搬入いたしました。3時間の道のりを5時間かけて届けてくださいました。

それらへのお返事を内容証明による期限内にする前に、サイト上に「刑事、民事で告訴する」と書かれてしまいましたので弁護士と相談の上、推移を見守る事にしました。

今、手元にあります裁判の訴状の内容を拝見しておりますと、かみさまへの畏敬の念などが中条には今ひとつ無いのではないか?という疑問が涌いてきます…。
つまりご寄進者の皆様のお気持ちは全く反映されていない内容です。
「自分(中条)のものである、だから返すこと」それのみです。

毎日同じ時間に朝夕2回、正確に祈祷祝詞をしなくてはなりませんが
祝詞は市販の印刷物やネットなどのものとは違います。
基本としまして、日々のお奉りの祝詞と月次の祝詞、大祓の祝詞など全てルールが決まっております。
当時それら「必要なお奉りが必要な時に出来ない」と二階堂氏の依頼で私が事務所でお世話を「仮に」お引き受けしました。

私の職場も借地ゆえ、一時的なお預かりです。
一日も早い社の建立をお祈りしていました。
職場ですので、自由にご寄進者の皆様に参拝して頂けない事も心苦しく深い悩みでした。

「二階堂氏の希望する場に豊川稲荷クラスの社を持つ」事も伏見との約束です。
それが叶うようになったのかもしれません。
(御魂は厳密に言うと伏見に帰属しますので「お預かり」と言うのですが…)

いい加減な条件で簡単に渡してしまう事はご寄進された方と、なにより御魂に申し訳が立たないので、こちらも慎重にならざるを得ませんでした。
それゆえ、中条からのメールを待っていたのですが…。

伏見へ相談にあがらせて頂きました事についてですが、当時中条が2013年10月17日付けのサイトに記載された日付と人数、担当宮司は全く違っております。(実は連絡が取れるご寄進者さまを証人数人と、複数でお伺いしたのです)

今回地裁よりの出頭命令が届きました事で中条のお奉りに対する「真摯な覚悟」を信じたいと思うに至りました。
信じてみよう、というのが正直な気持ちです。
(早速伏見に報告させて頂きます)

一生どころか、のちの世代までつづくお奉りです。そして氏神となり、その地を護る…それが御魂預かりの意味です。どのように奉り続けるのか、中条からご寄進者様へのキッチリとした説明を期待します。

御稲荷様を動かす事についての不安は率直に申し上げて、ございます。
手順に沿わないと御稲荷様は力が強いため、善のものが反転してしまう可能性があります。
それゆえ、お手渡しは当然必要な事となります。
御仏様ももちろん同じ事が言えます。

重ねますが、2013年10月13日に中条の弁護士より内容証明が送られて参りました。
17日には民事刑事で訴えるという内容をサイトに書かれてしまいました。
内容証明の回答期限は14日以内という事でしたので、身動きがとれなくなりました。
中条が14日間というくくりを設定した以上、その日まで待つべきではなかったのかと今も疑問が残ります。

御稲荷様と御仏様の行き先は中条の下と、私は覚悟を決めております。
ご理解くださいますようお願い申し上げます。
所有権で争う裁判の特性上「ご寄進者様の御稲荷様、御仏様」ではなく、「中条の私物」という事になるからです。

御魂は、モノではありません。
「中条の所有権」を主張する内容に本当のお奉りができるのかどうか、そこも大変危惧しておりました。
御魂はモノではなく、お奉りする人の名前が代々帳面に書かれて何百年も継がれていく、そういうものです。例えるならば「地元」だったり「ご寄進された皆様」が大切にしていくものです。
地域の神社では、奉書にその地域の代表の名前が書かれます。
「だれのモノか」という話ではありません。氏神さまとなられ、地元の方やご寄進者を御護り下さる大きな存在、心のよりどころです。
…この裁判はまるで新興宗教のご本尊争いのようです。
中条の意図はわかりません。

私は、ご寄進者の方々を代表してお奉りを行っていました。
責任ある立場との自覚で、毎日のお奉りは空の宮とは言え欠かさず行っております。普通の暮らしをしていく上で、かなり煩雑とも思える行為ですが、遊びと仕事が一緒という多忙な中条が、どこか伏見のような御山のようなスペースを使って、毎日お奉りを続けることができるのか、今でもとても不安ではあります。
とはいえ、私にもそのような場所を確保する事が今のところ出来ません。
そういった事から、中条に託しご寄進者様のご意見を是非汲み取った結果になる事に委ねようと決心しました。

中条が御魂の「所有権」を主張する以上、何があっても自身の手でお奉り頂く覚悟があるのだと私は思います。
私個人は御魂の所有者は御寄進頂いた全ての方々にあると思います。
その事を中条が理解し、お奉りしてくれる事を願ってやみません。

何度も書かせて頂きますが裁判後は訴状の内容に沿いますと御魂様、御仏様は全て中条の私物という事になります。
今後につきまして詳しくは中条(現在藤崎と名乗っておられるようです)に、お問い合わせください。

AQ株式会社の口座へご寄進されました方はそちらにお問い合わせください。
http://a-q.co.jp
J-CIAのお問い合わせフォームでも良いかと思われます。

また中条のご伴侶様(奥様)は霊媒体質であられ、魂下ろしが出来る方とご本人のTwitterやブログにて告白されています。
そちらのお力も非情に心丈夫に感じております。

次にご報告しますときには全て解決し、中条も事の重さを真摯に受け止めているという報告になりますよう祈っています。

-------引用終わり

「重ねますが」、「何度も書かせて頂きますが」という言葉とともに、まさに、同じ内容が「いろんなお言葉」で「行きつ戻りつ」記述されています。「余命一派殲滅大作戦」において、青山さんのブログへの投稿は重要な意味を持つと考えられるので、それを行ったのは、この作戦を主導しており、この投稿がどのように書かれなければならないかをよく把握しているH氏かMH氏のどちらかだと推測されます。文章の特徴から、それはMH氏と特定していいでしょう。

■ 「余命一派殲滅大作戦」とは、何だったのか
これまでのことから、「余命一派殲滅大作戦」は、結局、青山繁晴氏と余命さん、お二方に対する偽計業務妨害という一面を持つと言えます。「偽計」をもってお二方の間に係争を生じさせ、お二方の活動を妨害しようという企みだったからです。そして、それを企てたのはH氏で、主要な実行者はMH氏であると推定できます。そのことは、即ち、H氏とMH氏が主犯として偽計業務妨害罪に問われる行為をしていたと推定されることを意味します。
[注: 以下のサイトを参照して下さい。
意外と成立しやすい「業務妨害罪」
https://www.step-law.jp/nice-legal/keijijiken/entry00011.html
http://archive.is/TqpiO
「業務妨害罪というのは範囲が広く、わざと何かをやって仕事中の人だとかに迷惑をかけた場合に結構な割合で成立します。『業務』というのが仕事はもちろん精神的、文化的活動まで広く含むと考えられているからです。」]


青山さんはご多忙でいらっしゃいますし、このようなことを訴えられることはないでしょう。また、余命さんも、この件での罪をお問いになることはない思います。したがって、この事件が捜査されることはないでしょうが、このような行為が「犯罪行為」であることに変わりはありません。もし、MH氏、H氏に身に覚えがあるのなら、自らの行為を今一度、振り返って、十分に反省すべきでしょう。このようなことを繰り返していれば、いつかは、罪に問われる日が必ず来ます。

768514_I.png

資料: 『真太郎のブログ』より「青山繁晴氏」を含む、あるいは関連する記事の抜粋

『真太郎のブログ』より「青山繁晴氏」を含む、あるいは関連する記事
http://web.archive.org/web/http://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963

収録記事の一覧は以下のとおりです。

◇意外に重要 青山繁晴は微妙確定
◇「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」程度のわかりやすい日本語
◇ただの人間に興味はありません
◇メタンハイドレートとかどうでもよくなって来たと発言していた。
◇途中で止めた余命に出すコメント。理由は、大物ではないのがハッキリしたため。気が変われば出すかも。S氏も同じ。
◇余命読者の鋭いコメントと余命Pの恐い発言。
◇余命Pが大きく仕掛けて来た!青山繁晴氏の対応が楽しみ。
◇いざ戦いとなるとどうしても心中穏やかでおられなくなる人はいる。
◇政治家は通常、強い支持組織がバックに控えている。
◇青山繁晴氏の梅田ヨドバシカメラ前の演説を動画で見た。
◇井上氏は警察公安が守ってくれるからある程度自由にものが言える。しかし、彼も警察や警察につながっている在日の悪口は言い辛かった。
◇青山繁晴氏の演説内容は少しづつ真保守に近づいている。どうやらネットの反響を参考にしているようだ。
◇特に売国奴が恐れる外患罪を取り上げれば効果絶大
◇毒を以て毒を制する
◇これで、予想どおり自民党圧勝だ。さて、次は外患罪で刑事告発!その前に投票と寄付を忘れずに。
◇青山さん、どれも反対勢力(反日勢力)を外患罪等で脅すか社会的に抹殺するかしなければ実現しそうにないですよ。
◇素直に見習いたいと思う。このような地道な監視活動が、当局の捜査や調査の助けになる。
◇米国務省と仲良しさんの青山繁晴議員が「反日」と名指ししたのは大きい。
◇余命Pがネット上の事実に基づかない中傷を刑事訴訟する意義
◇青山繁晴氏の方が余命の主張に寄って来たのが余命読者支持を集めた原因。ただ、露骨な在日鮮人追放と売国奴外患罪処理までは最後まで主張されなかった。
◇命をかけている方とそうで無い人を同列に語るのは、止めた方がいい。余談だが、確かに在日右翼の公安監視は強化されている。
◇それと、真保守はこのようにすぐに話がまとまる。
◇不確定なのは氏という方がおられるように見える。(笑)
◇さて、この人物はどなたでしょう?共産党の方?
◇目覚めかけた日本人をミスリードしている似非保守も、外国と通謀していれば外患誘致罪で死刑だ。何らかの支援を受けているのが確実なあの人達も告発対象だ。陛下をただの良い人呼ばわりしている人達もだ。
◇似非保守をこれで外患誘致罪刑事告発死刑が可能になる。余命Pや大和会に告発人になって頂くのは負担が大きいので自分達が告発人になるのがいいだろう。
◇いよいよ嫌韓が一般化する動きが始まったようだ。
◇青山議員の熱心な支持者は外患誘致罪適用の請願をしてもらいたい。
◇余命爺様の.....は、一体何を言わんとしたのだろうか?
◇北鮮の脅威を宣伝する日本の国会議員。

なお、以下の引用中、注釈は私が加えました。

………………………………………………………………………………………………

◇意外に重要 青山繁晴は微妙確定
2016/4/10(日) 午後 5:25

日韓の自称従軍慰安婦手打ち合意に反対して安倍政権を批判するのはかなり?だった。あの時点で、日米の企みに気付かないとか知らないなどのレベルでは肝心な時に信用できる情報源になり得ない。
[注: これ以降は、余命記事「624 巷間アラカルト28」からの引用。これ以前は、真太郎氏の文だと思われます。]
なお、水島氏の名前が出ているが、再三お願いしているように水島氏とか青山氏の言動について余命は一切関知していない。立ち位置がまったく違うので、両氏も迷惑だと思う。 引用しての投稿はすべて削除しているのでご了承いただきたい。
[注: 青山さんが信用できる情報源になり得ないというのは真太郎氏の私見なので、特に言うことはありません。ちなみに私は、青山さんを信用できる情報源であると評価しています。「確定」というのは、あくまでも真太郎氏の中で、ということですね。]


◇「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」程度のわかりやすい日本語
2016/4/29(金) 午後 9:18


余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。
桜井氏と同じように以前、余命様にバッサリ切られた青山繁晴氏についてです。
彼もまた平成27年8月13日に平和安全法制の早期成立を求める国民フォーラムに参加して「国会において真にわが国の安全保障を見据えた審議を行い、一刻も早く平和安全法制を確立することを強く要望する。」と声明文を発表しています。
 ところが、平成27年5月14日に閣議決定された安全保障法案(国際平和支援法案と平和安全法制整備法案)に青山氏は出演した番組で強く反対していたのです。「このままでは自衛隊員24万人が死んでしまう!」と語気を荒げてもいました。その反対理由は、「変な日本語でわかりにくいし、何とか事態ってどういう状態か判断できない」というものです。
平成27年5月14日の閣議決定の内容はコメントにコピペさせて頂きましたが、存立危機事態は明らかに朝鮮戦争を想定しているし、「我が国の領海及び内水で国際法上の無害通航に該当しない航行を行う外国軍艦への対処について」に至っては「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」程度のわかりやすい日本語だと思います。報道を生業としている人にわかりにくいわけがない!
彼もまた、「まず問題ありき」という姿勢≒「まず反対が前提」だったのです。
 それから、「平和安全法制の早期成立を求める国民フォーラム」自体もビミョーです。日本の安全保障で朝鮮戦争再開に言及しないのは恣意的との批判を免れません。 
 
 国会に対し、わが国の安全保障を見据えた審議と、平和安全法制の早期成立を要望する
現在、国会で行われている平和安全法案の審議は、集団的自衛権の限定的容認をめぐる政府見解の合憲性や過去の政府解釈との整合性など、憲法解釈論争に焦点がおかれている。だが、最も重要なのはわが国周辺の安全保障環境の変化に着目し、現実的な審議をすることである。
集団的自衛権の行使は、国連憲章五十一条によってすべての加盟国に認められた国際法上の権利である。日本にも当然、認められている。ただ、わが国には自衛力を超える「戦力の不保持」を定めた憲法九条二項がある。従って、行使に一定の限界を設け、「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求する」(九条一項)という国民の願いに合致する内容でなければならない。
政府が新三要件で示した「わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底からくつがえされる明白な危険のある場合」に限り、集団的自衛権の行使を容認するとの見解は、この意味で明らかに憲法の許容範囲内である。また日本が主権国家として「固有の自衛権」を有し、「必要な自衛の措置」を取り得ることを認めた砂川事件最高裁判決の法理に照らしても、まったく問題はない。
今、わが国周辺の安全保障環境は激変しつつある。オバマ米政権は内向き志向を強め、軍事費を大幅に削減する一方で、一昨年九月には「米国はもはや世界の警察ではない」と宣言した。これに呼応するように、中国は国際法を無視した「力による現状変更」に拍車をかけ、南シナ海では、近隣諸国からの強い抗議をよそに七つの岩礁を埋め立て、三千メートル級の滑走路も建設した。東シナ海でも、日本との中間線上付近に十六基のガス田用のプラットフォームが確認され、軍事転用される危険もある。これらの海域はわが国にとって重要な海上輸送路であり、中国による軍事支配は、航行の自由を脅かし、国民生活を根底からくつがえすことになりかねない。また、北方四島を不法占拠しているロシアはクリミア半島を併合し、武力による露骨な領土拡張政策を推し進めている。北朝鮮は核開発を進め、日本海に向けて弾道ミサイルを何度も発射している。
このような現状を見れば、平和安全法制の整備こそ急がれる。日米安保条約を緊密にし、抑止力を高めることが大事である。
平和安全法案は戦争を抑止するためであり、「戦争法案」ではない。にもかかわらず、「徴兵制に行き着く」などとあり得ない危機を煽るのは、無責任であり、非現実的である。
国会において真にわが国の安全保障を見据えた審議を行い、一刻も早く平和安全法制を確立することを強く要望する。
平成二十七年八月十三日
平和安全法制の早期成立を求める国民フォーラム



◇ただの人間に興味はありません
2016/5/3(火) 午前 11:43


余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。
 桜井氏と青山氏の話題があらぬ方向に進んでしまい責任を感じている今日この頃です。そこで、真保守とは何かを考え直そうと思い、エア友達のトモちゃんに手始めに桜井氏や青山氏の評価を聞こうとした。
「ただの人間に興味はありません」
と即答された。少しイラッとしたので
「じゃあ、宇宙人、未来人、異世界人、超能力者以外で興味がある人物は誰?」
とかえしてやった。さすがのエア友達トモちゃんもこれで答えに窮するだろう。ざまあみろ!
「陛下。そして、天皇家」
速攻で返された。
「理由を聞かせてくれ。ただし、バチカンや英王室より歴史や伝統があるからというのは無しでだ!」少し意固地になってしまった。
「生ける『神』だから」
「はぁ?!」
「陛下は、一生をかけて『神』になって行く。天皇家はそれをサポートしている。本当に『神』であることを事実上明るみにしている人物は世界ども天皇陛下だけ。しかも伝統的に『神』を育て上げ続けられる天皇家も世界に二つとない。だから、陛下への信仰に目覚める外国人がいても何の不思議はない。いわんやおいておや、日本人。なので、陛下を『神』と直覚するのが真保守の当面の目標」
「・・・」

ウエスト博士「私は日本人になりたい」
 昭和51年に発行された難波江通泰氏の「天皇陛下にお仕へしたい ウエスト博士の思ひ出」
という著書があります。
この中でウエスト博士は、
「日本の繁栄はすばらしい。無限の可能性を持っている」
と言うと難波江氏は、
「あなたの考えでは、日本の繁栄の根本的な原因は何であるとお思いですか?」
「それは、日本に天皇陛下が居られるからです」
「・・・・・」

ウエスト博士は続けてこう言いました。
「私は日本人になりたい」
「どうしてですか?」
「それは天皇陛下が居られるからです。天皇陛下が居られる国だから、私は日本へ来たのです。
もし日本に天皇陛下が居られないならば、それはドイツやソ連やイギリスやメキシコやアメリカなど、
世界のすべての国と同じであって、そんな国ならどこへ行っても同じことです。
イギリスやオランダなどにも国王や女王が居られるけれども、
それらは日本の皇室や天皇陛下とは違う。天皇陛下が居られるのは日本だけだ。
絶海の孤島の漁師でもいい。山間僻地の貧しい百姓でもいい、
私は日本人になって天皇陛下にお仕えしたい」
・・・・。


ジョージ・ランボーン・ウエスト博士。
1929年、米国テキサス州サン・アントニオに生まれ、テキサス大学で法律と歴史を専攻して法学博士の学位を得、メールランド大学など数校で教授を歴任し、ダラス市で弁護士をしていました。
少年時代にラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の手紙を図書館で見てから日本に憧れ、
博士の夫人も日本人女性です。

ウエスト博士は昭和44年から日本マネージメント協会の顧問として来日してから、
たびたび日本で講演を行ってきました。
博士の講演は、日本が真珠湾攻撃を行ったのはアメリカが仕掛けた罠にはめられたと述べ、
東京裁判の不当性を衝き、米製憲法を強制したことを糾弾します。
この講演内容については昭和55年「憲法改悪の強要」(嵯峨野書院)を出版しました。

ウエスト博士が昭和57年に来日した時、元国会議員の会合で講演し、
このようにお話ししました。
「日本に何回来ても憲法改正の声が起こっており、その運動も続けられている。
少しは改正されたのかと思って今度の来日でも聞いてみたが、全然改められていない。
日本人は基本の魂を取り戻さなければならない。
・・・・。
私はかねてから一度やりたいと思っていた夢を、ここでかなえさせて貰いたい」
博士はこのように前置きして、自ら音頭をとって、
「天皇陛下万歳」を三唱しました。
並みいる日本の元国会議員たちは度肝を抜かれましたが、
こぞって呼応したといいます。

平成6年3月、ウエスト博士は千代子夫人と来日しました。
東京に着くと、明治神宮、昭和天皇武蔵野陵、東郷神社、乃木神社に参拝しました。
同年6月26日には靖国神社に参拝しました。
その日、ウエスト博士が靖国神社の遊就館で講演会を行う日でした。
講演会の事前の有志との打ち合わせで、博士はこう聞いてきました。
「今上天皇は靖国神社に参拝されたことがあるか?」
これはこの時丁度、両陛下は訪米中で、
アーリントン墓地とハワイのパンチボール(国立太平洋記念墓地)に参拝しておられたからです。

続けて博士はこのように言いました。
「靖国神社に参拝されずに、アメリカのアーリントン墓地に参られるとは、何事であるか」
この場にいた通訳の足羽雄郎氏は
「日本は天皇の専制国家ではない。君民共治の国だから、首相が参拝して、
国民すべてがそれを望むような雰囲気が作られないと参拝はされないのだ」と言おうとしたら、
傍にいた名越二荒之助氏がこう言いました。
「アメリカが訳のわからない憲法を押し付けたからだ」
すると博士は
「あれは憲法の名に値しない。いやしくも日本人が憲法というなら、
聖徳太子の十七条の憲法と明治天皇の帝国憲法しかないはずだ。
現在の日本国憲法はマッカーサーの押し付けたアメリカ製だから、
日本人は英語でコンスティテューションと呼ぶべきだ」

名越氏は
「日本では昭和天皇も今上天皇もアーリントン墓地に参拝して花輪を捧げておられる。
今度クリントン大統領が来日したら靖国神社に参拝するよう厳しく言いつけてもらいたい」
「それは駄目だ。クリントンはベトナム戦争の時、徴兵を忌避した反戦主義者だ。
そんな男が参拝したら英霊の冒になる」
これを聞いた足羽氏は
「日本の政治家の中には、靖国神社には気の毒な戦争犠牲者が祀られている。
私はその人たちを慰霊するために参拝する、と公言する人がある。
こんな心根で参ったのでは英霊の冒になるのではないか」
こう思ったという。

その後、遊就館での博士の講演会の締めくくりはこうでありました。
「アメリカの占領政策でジョン・デューイの教育哲学が日本に持ち込まれたことが教育の荒廃をもたらした。個性尊重と称して子供を甘やかし、学校も親も道徳教育への自信を喪失した。
それは日米ともに同じである。
教育再建のためにはアメリカは開拓者精神に帰り、
日本は教育勅語を復活させねばならない。日本人は喪った魂を取り戻すべきである。
そのために陛下の万歳を三唱をしよう」
ウエスト博士は頬を紅潮させながら音頭をとったそうです。

ウエスト博士のように日本を知る方がいることを我々は決して忘れずに、
日本人として日本の国柄を大切にしたいものです。



◇メタンハイドレートとかどうでもよくなって来たと発言していた。
2016/5/4(水) 午後 0:20


余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。
今回は、天然資源やメタンハイドレートについてコメントしようと考えてました。しかし、なぜ桜井氏や青山氏等について書き込みすると本人や関係者まで登場して剥きになって似非保守であるのを否定するのか気になって仕方ありません。
 そこで、僕は「最優先事項よ!」とエア友達のトモちゃんに急いたのです。
「彼が日本を裏切った事を井上太郎に暴露されてあのまま『青山繁晴似非保守論』を放置すればそのうち賢い余命読者に見抜かれてしまう不安があったから」
「何を」
「『一度裏切ったやつはまたやる』のは常識よ」
「でも、今は怪しい政治運動とはしてないと思うけど」
「ペルー大使公邸占拠事件で司法治安当局本部まで金で切り崩し地下突入トンネルの位置まで武装ゲリラにばらして特ダネを得ようとしたのでしょう?」
「それは、そうかもしれないけど過去のことだし若気の至りとか・・・」
「日本海側のメタンハイドレートを調査する費用はどこから出ているのかしら?利益が出る見込みはまだないのに。どうして普通に掘削機で海底を掘って普通のメタン(天然ガス)を採取しようと思わないのかしら?ただの魚群探知機でガスが噴出しているのを確認済なのでしょう?」
僕は答えに困った。エア友達のトモちゃんは更に続けた。
「日本海の海底をくまなく調査したら、れいの海底ケーブルやノンケーブルの位置や性能の調査できるわ」
「れいのケーブルって、敵国潜水艦探知用のこと?地震や津波の調査にもつかっている」
「ええ、日本の潜水艦はれいのケーブルを使って通信もしているから海面近くまで浮上しなくても通信できるの。中共や朝鮮はその情報も欲しいでしょうね」
「ちょっと待って!青山さんはスパイってこと?」
「そうは、言ってない。ただ『司法治安当局本部まで金で切り崩し地下突入トンネルの位置まで武装ゲリラにばらして』をもう一回よく考えて」
「わかった。すぐに余命ブログにコメントするよ」
「承認されないと思う」



◇途中で止めた余命に出すコメント。理由は、大物ではないのがハッキリしたため。気が変われば出すかも。S氏も同じ。
2016/5/22(日) 午前 9:50


二人共、海外のとある勢力から支援を受けているようだ。とはいえ、その勢力自体が中枢から外されつつあるので今となっては大した意義はないと感じた為。


余命プロジェクトチーム様、余命読書様お疲れ様です。

この物語はフィクションです。実在の人物とは無関係です。

僕が、青山氏に違和感を最初に感じたのは内閣府職員の怪死を単なる事故だと地上涙で解説付きで主張した時だ。僕ではどうにもならないので彼についてはエア友達のトモちゃん達に丸投げした。

ある日僕は、csで国民保護法について解説して欲しいという視聴者のリクエストに彼が答えていたのを視聴していた。彼は、国民保護法やその計画について深く関わっているはずなのに視聴者のリクエストに何故か答えようとしない。それどころか、最近の自治体の危機意識は薄まるばかりと批判した。放送時間はまだたっぷりあった。国民保護法はどうなったのだろう?

なのに、元自衛官の自衛隊へ苦言を呈する手紙を取り上げ自衛隊サゲ特に陸自サゲ発言を始めた。散々、こき下ろした後で突然に泣き出して一部に素晴らしい自衛官が存在しているから全否定はしないでなどと訴えた。

その瞬間にわかった。彼は嘘を付いている!

「トモちゃんありがとう!教えてくれたんだね」何故か返事がない。どうやら出てきたのはエア友達のトモちゃんではないみたい。

「あっ!あなたは・・・」

徒然草で吉田兼好が冒頭で「いであ!」とまみえた時に感動した気持ちが僕にもわかった。

僕は、おもむろに外患誘致罪告発メールの準備に取り掛かった。これを公にすれば、僕は敵意や悪意を受けるだろう。だけど、日本を守って死んで行った防人や英霊と同じように僕は今の僕にできることしようと決意した。



内閣府
契約業者:株式会社独立総合研究所(社長 青山繁晴)
契約内容:諸外国におけるテロ事件被害者等への経済的支援に関する調査
契約金額:4,046,700円(一般競争入札 予定価格22,177,050円)落札率18.2%
契約日:2008年(平成20年)12月19日
http://www.e-procurement-cao.jp/choutatsujouhou/pdf/KoukyouChoutatsu38.pdf

経済産業省(貿易経済協力局)
契約業者:株式会社独立総合研究所(社長 青山繁晴)
契約内容:平成20年安全保障貿易管理情報調査委託事業
(安全保障上重要な物資・技術に関する技術動向、生産及び調達調査)
契約金額:7,956,314円(予定価格非公表)
契約日:2008年(平成20年)11月12日
http://www.meti.go.jp/information_2/data/

経済産業省(原子力安全・保安員)
契約業者:株式会社独立総合研究所(社長 青山繁晴)
契約内容:平成20年度原子力発電施設等核物質防護対策事業
(国際原子力機関(IAEA)の核物質防護に関する動向調査)
契約金額:10,500,000円(一般(総合評価方式)予定価格14,975,208円)落札率70.12%
契約日:2008年(平成20年)10月17日
http://www.nisa.meti.go.jp/nyuusatsu/nyuusatsu-2009/kyousou-2.pdf

防衛省
契約業者:株式会社独立総合研究所(社長 青山繁晴)
契約内容:自衛隊業務における部外力の活用促進等に関する海外事例調査
契約金額:2,908,500円(一般競争入札 予定価格4,704,540円)落札率61.8%
契約日:2008年(平成20年)6月20日
http://www.mod.go.jp/j/info/chotatsu/naikyoku/keiyaku/2008/06/06_k_buppin.pdf

農林水産省
独立行政法人水産総合研究センター
契約業者:株式会社独立総合研究所(社長 青山繁晴)
契約内容:計量魚探データ解析業務 一式
契約金額:2,583,000円(一般競争入札 予定価格データなし)
契約日:2007年(平成19年)11月19日
http://www.fra.affrc.go.jp/nyusatu/H19/191109/rkeiji191109cyuo02.pdf

独立行政法人原子力安全基盤機構
契約業者:株式会社独立総合研究所(社長 青山繁晴)
契約内容:核物質防護に係る検知・阻止技術に関する調査(I)海外技術動向調査
契約金額:7,971,000、落札率99.8%(注目!)
契約日:2006年(平成18年)12月契約
http://www.dpj.or.jp/special/yobicyousa_h20/pdf/03/95_02.pdf
(これは民主党の調査によるもの)

総務省消防庁
契約業者:株式会社独立総合研究所(社長 青山繁晴)
契約内容:イスラエルにおける国民保護体制に関する調査研究
契約金額:7,369,003円(予定価格7,484,720円)落札率98.45%
契約日:2006年(平成18年)11月27日
http://www.fdma.go.jp/html/zuii/zuii18/zuikei10-.pdf

警察庁
契約業者:株式会社独立総合研究所(社長 青山繁晴)
契約内容:重要施設におけるインサイダー対策に関する各国調査研究
契約金額:4,789,321円(随意契約)
契約日:2006年(平成18年)10月17日
http://www.npa.go.jp/chotatu/chotatsu/pdf/pdf_H18/buppinekimutouzuikei.pdf
 



◇余命読者の鋭いコメントと余命Pの恐い発言。
2016/6/25(土) 午後 5:56


偽保守は、意外にばれている。彼等の行動を時系列で見たり、詳しく調べるとすぐにわかる。
 青山繁晴氏は外患罪をネタに立候補を迫られたと真太郎も見ている。(直接的な脅し文句はなかったかもしれないが)成果を上げれば、見逃してやると。宣教師が転んで切支丹弾圧に奔走するのと同じ理屈だ。

 日欧米には南鮮は既にどうでもいい存在になっていると思われる。(利益が全くでないから。)主題は中共をどのような形で植民地化するかだろう。(ちなみに日中戦争勃発となれば、完全に植民地化される。なので、今人民解放軍で挑発行動している輩は、むしろ米の工作員あるいは工作員に踊らされていると勘ぐっている。)中国は、それを出来るだけ防ぎたいので中国共産党を捨てると予想している。中国は被征服王朝の歴史でもある。


kyjymyky
余命様、私は、ひきこもりの主婦ですが、私なりに、参院選について考えてみました。安部総理の、青山氏潰しではないかと、年末の慰安婦合意に対する青山氏の批判は、特にひどかった。
 私も青山氏の批判の内容もひどく,しつこかったと思っています。安部総理を、本気で怒らせてしまった。敵は、身内へ囲い込むと言う作戦だと。慰安婦合意は、アメリカの都合だと思うのですが、その見返りが、在日の、資産100兆円をアメリカとイギリスとフランスで、探して、リストを朴槿恵に渡す。そのための、パナマ文書ではないかと。という妄想をしてみました。


 偽真太郎も当然のことだが、「なりすまし誹謗中傷事案になっているから刑事告発になりそうだ。」本物の真太郎は優しいから連中を外患罪告発しないかも知れない。もっと他に公職追放するべき人物がいて彼らを告発したいと個人的に思っている。
 しかし、「太郎騒動」で騙されて右往左往させられた余命読者はそうは行かない。魚拓もしっかり取ってあるようだし。
 名誉棄損等の民事訴訟ではなく刑事告発だと余命Pが書いているのを肝に命じておくべきだ。


.....桜井氏が政治団体を立ち上げたため、その関係で保守組織と口座関係その他に変更と調整が必要となっている。3日ほどで終わる予定だ。
 今度の組織は、すみれの会と違って告発サイトだから慎重に進めている。すみれの会での余命の役割はバックアップだったが、今回は匿名というかたちにはなるが、時間的な問題があるため、少なくとも稼働までは直接支援ということになる。
 今、あちこちで余命叩きをしている連中も標的だから、さすがに、だいぶ焦っているようで必死だな。勇み足で警察、保守層や一般国民をも巻き込んだり、なりすまし誹謗中傷事案になっているから刑事告発になりそうだ。データについてはその際にお願いすることになる。



◇余命Pが大きく仕掛けて来た!青山繁晴氏の対応が楽しみ。
2016/6/25(土) 午後 6:36


もちろん、単なる誹謗中傷や悪質ななりすましは民事訴訟を含めた対応が可能だ。余命Pが言う通り色々なサイトに出鱈目を書き込みそれを青山繁晴氏承認のような書き方をしている悪質な輩は氏も対応可能だろう。
 しかし、青山繁晴氏批判の中にはかなり鋭い指摘も見られる。そのような方々に対して訴訟を起こすとなれば、その方々の鋭い指摘に答えなければならなくなる。とても、答えられない事柄も多いだろう。
これ以後、青山繁晴氏批判をしたい方は尋問するつもりで証拠集めをすると良いだろう。
 ちなみに真太郎は、彼が転んだ宣教師なみに切支丹弾圧に取り組むと予想していますので、応援しますよ!青山繁晴さん!関ケ原の合戦の直前に徳川方についた武将達のように頑張って下さいね。


青山繁晴氏へ
余命ブログの管理人です。
今般、いろいろなサイトに以下のような書き込みがあります。
いずれも青山繁晴氏が承認されているかのような書き方ですが、ご承知でしょうか。
もし違うのであれば、これは青山氏を貶める悪質な選挙妨害行為であると思われます。
即刻、厳しく、しかるべき対応をとられたほうがよろしいかと思います。
●『 青山繁晴氏 自民から参院比例出馬会見 』 完全版

青山繁晴 街頭演説
●大阪経済ど真ん中!朝9時!参院選演説!【大阪市役所・日本銀行大阪支店前】

● 大阪・阪急梅田駅に初参上!

●大阪天王寺駅前 「ぼやきくっくり」
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
安部総理の最優先課題は 『 憲法改正 』
正体不明の 「余命 」の 寄付金募りは 『 オレオレ詐欺 』 『 募金 ビジネス』
草稿たった四年で既に 余命四代目
脅威の早変わりブログ主
洗脳されたカルト信者は 疑いを持たない  洗脳されてる事を認めたくない
第三者の指摘、忠告には一切 聞く耳を持たない  自分の頭で考えない

ケント・ギルバート氏は余命の応援なんかしていない
ケント氏を利用しようとする余命
「余命 」 の宣伝書き込み載せるこのサイトは
「保守分断」 糞サイト
余命反論者は全て、『在日認定』 『朝鮮人認定』
余命本出版社「青林堂」の正体 井上太郎を支持する余命 「683」
捏造著書で訴訟された井上太郎。 敗訴。 青林堂は「井上太郎」が誰だか、何者だかわからない。
http://matome.naver.jp/odai/2142493727587168001
http://datsuaikokukarutonosusume.blog.jp/archives/1033915824.html
http://e-vis.hatenablog.com/entry/2016/03/17/234429
官邸メールはサイバー攻撃=大量スパムメール 自民党 大迷惑



危険な 「 余命コピーサイト 」 & 「 Posted by ありがとう 」
Posted by 名無し at 2016年06月25日 13:18



◇いざ戦いとなるとどうしても心中穏やかでおられなくなる人はいる。
2016/6/22(水) 午後 10:39


そして、それは簡単には直らない。何故なら人は生死を掛けるかもしれないような戦いに慣れる機会に普通は恵まれないので戦いに慣れられないからだ。今回の騒動はむしろ、日本再生に向けての戦いがいよいよ本格化しようとする矢先に起きたと考えれば勝ちが見え始めた喜ばしい兆候とも言える。
騒動の発端は、川崎事変ではなく、真太郎が櫻井氏や青山氏についてコメントして始まった。偽保守や知日派と言われる反日やジャパンハンドラーについてはここでは触れない。(一見味方のようなので扱いが1番厄介な敵とも言えるが。)
ただ、安倍首相は毒を持って毒を制する手法で彼らまで使いこなすつもりだ。彼らを信じていた方々は裏切られたと思って落胆する必要はない。戦いは決着が大切で最後に勝った方についておれば、途中のアレヤコレヤは目を瞑ってもらえる。
なので、皆さんは勝つ方について下さい。とはいえ、信濃さんも支えてあげて下さい。ついて行くのは微妙ですが。
とりあえず、戦争時には取り乱した味方は敵よりも厄介なので適切に処理されることも致し方なし、は肝に銘じておいて下さい。

真太郎は、ご覧の通りネットでもリアルでも友達はほとんどいませんのでいつでも身軽です。余命Pに出て行けと言われればいつでも出て行けますのでご安心下さい。



◇政治家は通常、強い支持組織がバックに控えている。
2016/7/2(土) 午前 8:54


それを、知ったうえで応援するのがこれからの大人の事情をわかった有権者だと思います。おそらく青山繁晴氏は頑張ってくれるでしょう。真太郎も応援しています。

るる
News U.S. 続報です。
2日程前にさらにカオス状態になったと投稿したのですが、28日途中より突如、コメント欄に沸いていた安倍総理、余命翁、桜井誠さんを批判する意味不明長文コピペが全く無くなりました。
原因はこれでしょうか?↓

『News U.S.より 6月29日の記事
「法務省入国管理局が韓国や中国など5カ国の大使館に対し、不法滞在している自国の出身者に自主的な帰国を促すよう要請したことが29日、同省関係者への取材で分かった。不法滞在者が2年連続増加したことを受けた異例の対応。」
これでしょうか?
それとも、身バレしたから逃亡でしょうか?
高速冷房さんや余命ブログの皆様の尽力の賜物でしょうか?
高速冷房さんへ、「急速冷房」って何でしょうね(笑)
ホント、パクってばっかりですね。
お陰様でコメント欄が読みやすくなりました。ありがとうございます。
まぁ、ほとぼり冷めた頃に又、出現するとは思いますが。』(←違います。と余命爺は言いづらいので以下の通りのコメント)

.....普通、ブログとかツイッターで、かなり悪質な誹謗中傷を繰り返しても、せいぜい民事で時間と手間をかけても割の合わない結果になることが多い。静岡でのしばき隊ツイッター誹謗中傷裁判の結果はまるまる1年かけて勝訴にもかかわらず、野間の損害賠償は、わずか20万円であった。
 そういうことを踏まえての余命叩きだったのだが、最初に担いだ人選に問題があった。
うまく利用したつもりだったのだろうが、その御仁が参院選に立候補してしまったことから、いろいろとややこしくなってきたのである。
 青山氏が彼らの余命叩きの誹謗中傷や捏造記事、なりすましコメントを容認しているわけはないから、このままでは公職選挙法違反に問われる恐れが出てきたというわけだ。
まともに刑事事件だから、そりゃ慌てるだろう。
 周辺でも選管あるいは警察に通報したという話があるし、本人が気づいたか、警察から事情を聞かれたか、そのあたりはまだわからないが、遅かれ早かれ正式に告発されそうだから大変だね。最低、複数犯だから楽しみだな。(←青山氏の応援団を刺激した為でしょう。)



◇青山繁晴氏の梅田ヨドバシカメラ前の演説を動画で見た。
2016/7/3(日) 午後 7:49


青山氏といえば、井上太郎氏にA氏と揶揄されたり過去に色々あった。真太郎もあのままなら偽保守の一員として証拠集めを続行していただろう。
 ところが、彼は安倍総理の説得に応じて参議院選挙に立候補することになった。最初は彼をかなり疑った。演説内容も今までの日本を弱くして行きながらアジアを安定させようとする所謂イスラエル系ユダヤの意向にそうものだった。とういうことで、応援する振りをしながらイスラエル系ユダヤを調べていた。数年前から中東問題にイスラエルの名前がほとんど出てこなくなっているのには気付いていたが。
 すると、米本国ユダヤが彼らを切り離してにかかり、日本がそれをフォローし始めているのがわかった。
 どうやら、政治決着していた。

 というわけで、青山繁晴氏は安倍内閣の為に死ぬ気で働くだろうし、彼のバックもそれを望んでいる。青山氏には情報も提供されているようなので、日本の真保守がまだ彼を許してないと知らされると演説内容も変えチャイナマネーが日本の政治家、官僚だけではなく東大京大阪大をはじめとする日本の有名大学の知識人にも入って裏工作をしていると暴露し、難民移民(主に中共から)受け入れに反対し、左翼をこき下ろした。(ちなみに、立候補する前はケントギルバート氏がクリントンにチャイナマネーが入っていると発言したのを慌てて火消ししていた側だった。)

青山氏一次試験

  合格!

ということで、今度は青山氏の演説内容はイスラエル系ユダヤの了承を得ているだろうからある程度の実現性があるとみて聞くと良いだろう。北鮮からの拉致被害者奪還も少しは前進しそうだ。
 余命読者様方は、大人の事情をわかったうえで政治家やジャーナリストや評論家(あらたにブロガーも加わりつつある)を監視し応援して頂きたい。その絶好のモデルが青山繁晴氏なのだ。


>民主党のヒラリーがFBIの取り調べを受けたり、イスラエル首相とオバマ大統領が口論になったり、日本がイスラエルと経済協力を約束したり、日本が無人機をイスラエルと共同開発したり、イスラエルに国民保護法の為に調査研究(青山繁晴氏の独立総合研究所)に行ったり、諜報機関組織作りのノウハウを学びに行ったり、核兵器開発のノウハウを学びに行ったり(最後の二つのソースはエア友達のトモちゃん)等の理由がこれでよくわかった。

周りが敵だらけの日本は、同じく周りが敵だらけのイスラエルから民間防衛や諜報機関設立など学ぶべき事がたくさんあるだろう。



◇井上氏は警察公安が守ってくれるからある程度自由にものが言える。しかし、彼も警察や警察につながっている在日の悪口は言い辛かった。
2016/7/6(水) 午前 7:58


では、民間人を自称する青山繁晴氏はどうか?完全に守りがなければすでに彼は刺されているか、田母神氏のように犯罪に巻き込まれているだろう。彼もまたある程度守られているし、その団体の意向に沿う発言をしている。
憲法9条を改正しなくても拉致被害者を救出は出来る。(多少法の拡大解釈が必要になるが)なので、あえて拉致被害者救出のハードルを上げていると疑われても仕方ないだろう。
本音を言えば、陛下と英国王女を同列に語った時点で「私」的にはやはり隠れ反日信用出来ない!となるが、真太郎的には毒を持って毒を制するのを安倍総理が決断されたので青山繁晴氏支援に回っている。




マサムネ
この辺が余命様との立ち位置の違いの一つであると言えましょう。しかし先日街頭演説を聞きに行った折、氏は反日勢力(文春とその裏の勢力)と戦うと力強く宣言されておりました。加えて外国人労働者受入れ絶対反対であるのも我が国の朝鮮移民の実態を念頭においての事でありましょう。
 自衛隊に軍法を備え9条を改正し交戦権を取り戻す急務の国防事案に加え、NSCの強化、日本版CIA、国家警察、スパイ防止法、共謀罪、氏が問題意識を持っている事に着手すれば在日、特亜にとってこれほど都合の悪い人物はおりますまい。
 腐敗した官僚組織にも心ある者との人脈がありそして政治を知り尽くしております。毎朝行われる自民の勉強会で発言して(自民党議員を変えて)ほしいと安倍総理に直接頼まれたそうですが、氏の発信力が与える影響は大変なうねりとなる可能性も秘めております。 この男を日本を取り戻すために使わない手はないのでございます。異常な書き込みでありましょうか?しかしこのマサムネ出禁覚悟で皆様に氏の支持を訴えます。最後に以前青山氏を貶める不本意な書き込みの元となった井上氏が何故あのような表現をしたのかずっと思いを巡らせておりました。保守分断の離間の計でないのなら。つまり井上氏にとって青山氏は顧客が被る同業他社とみる事ができるのだと思い至って合点がいきました。しかしもうそれ以上は申しません。文春も然りたとえその通りであったとしても何ら色褪せるものではないのです。



◇青山繁晴氏の演説内容は少しづつ真保守に近づいている。どうやらネットの反響を参考にしているようだ。
2016/7/6(水) 午後 9:15


10万票で当選するそうだ。このまま行けば当選すると思う。在日の排除をまだ語らないのは残念。

以下のように東京地検特捜部(東京地方検察庁特別捜査部)あてに東京地方検察庁HPの御意見・御質問にメールを送信しました。
「参議院選挙に立候補している青山繁晴氏の選挙活動を週刊文春が事実無根の記事で妨害しました。妨害された青山氏が東京地方検察庁特別捜査部に刑事告発していると思います。
 週刊文春の記事の中で福島第一原発の映像は、無許可で撮影したと書かれています。しかし、その映像(放送され公開されている。)を見れば許可されたものであるとわかります。(動画に吉田所長が承諾されたのも映っている。)
 一般人の私が少し調べただけですぐに明らかになるのに週刊文春はその程度の調査や取材をせずに記事を書いて出版しています。選挙妨害を意図した行為であるのは明らかであり公職選挙法第235条の2に違反しています。青山氏の刑事告発を速やかに受理し捜査を開始されるのをお勧めします。」
住所氏名電話番号メールアドレスを記入する必要があります。しかし、それでも汚鮮されたマスコミの除鮮開始の大きなきっかけになるかも知れません。尚、YouTube 【参院選 全国比例】705 青山繁晴@品川駅前南口(11:00~)を参考にしました。


◇特に売国奴が恐れる外患罪を取り上げれば効果絶大
2016/7/7(木) 午後 9:24


今回も青山繁晴氏街頭演説ネタ。
 数日前に青山氏が街頭演説の中で拉致被害者を奪還するのに憲法改正が必要とされたので、意図的にハードルをあげて実現させないつもり、拉致被害者奪還なら現行の憲法下でも可能と真太郎のブログに書いた。しかし、同じような意見が青山氏に届いたようで、新宿西口 2016/07/06 19:00(YouTube)55:00あたりから氏は閣議決定で拉致被害者の奪還可能と力説されていた。
 そこで、青山繁晴氏が当選する、もっと言えば余命読者の票を獲得できる方法を考えてみた。余命読者は日本再生には在日敵国人(特に在日南北朝鮮人)と売国奴の殲滅が必要と理解している。しかも、有事には在日敵国人は軍籍となり、ゲリラやスパイとして処理でき、売国奴は外患罪(特に外患誘致罪)で処理できると分かっている。
 もし、青山繁晴氏が街頭演説の中でこれらに触れれば10万人いるかもしれない余命読者の多くが氏に一票を投じ、当選ラインの10万票獲得が可能になるだろう。


https://youtu.be/ZQYXvb17UdA

 
 



◇毒を以て毒を制する
2016/7/8(金) 午前 6:21


あるいは転んだ宣教師のキリシタン弾圧は凄まじい。安倍総理が対売国奴、反日勢力に担ぎ出した劇薬と青山繁晴氏を見ています。
よっちゃん
余命様、いつもありがとうございます。真太郎様へよっちゃんと申します。 以前は私も青山氏を応援しておりました。しかし梅田での街頭演説初日の第一声「私は自民党が嫌いです」との発言には驚きました。たとえ安倍総理からの要請であったとしても自民党候補ですよね。その事で青山氏にはコメントをしましたが、当然の事ながら捨てられました。未だに自民党と安倍総理の批判をされていますが、この件についてはどうお考えなのでしょうか?安倍総理に大変失礼な発言だと思います。総理にお願いされた事で天狗になってる?何か勘違いをされてる?虎8でファンが多い事で有頂天に?小さなルール(虎8での写真を1枚だけと言うのに20枚以上も出す事)さえも守らない方です。確かに世界情勢については何方も知りえない情報をお持ちで感心します。しかしながらヘイトスピーチだけにはコメントがないのは不思議でなりません。 自民候補でありながらそれを批判する人が何処にいるでしょうか。恐く野党への批判は無いのでは?全て聞いている訳ではないので、何とも言えませんが、期待していただけに非常に残念です。ご意見をお聞かせください。



◇これで、予想どおり自民党圧勝だ。さて、次は外患罪で刑事告発!その前に投票と寄付を忘れずに。
2016/7/10(日) 午前 9:25


参院選 期日前投票1320万人 前回比24%増
7月9日 18時58分

今回の参議院選挙で、8日までに期日前投票を行った人は、およそ1320万人で、前回、3年前の選挙の同じ時期で比べると投票日数が1日多いものの、およそ259万人、率にして24%増えていることが総務省のまとめで分かりました。

総務省は全国の都道府県の選挙管理委員会を通じて、公示翌日の先月23日から8日までの16日間の期日前投票の状況をまとめました。それによりますと、期日前投票を行った人は全有権者の12.38%に当たる1319万7568人でした。今回の参議院選挙は、選挙期間が通常よりも1日長い18日間となっているため、前回、3年前の同じ時期で比べると、投票日数が1日多くなっているものの、期日前投票を行った人はおよそ259万人、率にして24%増えていて、有権者に占める割合でも2.2ポイント高くなっています。

都道府県別では、すべての都道府県で前回より増えていて、期日前投票を行った人が増えた割合が最も大きかったのは、青森県でおよそ64%の増加、次いで福井県、長野県の順となっています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160709/k10010589001000.html



◇青山さん、どれも反対勢力(反日勢力)を外患罪等で脅すか社会的に抹殺するかしなければ実現しそうにないですよ。
2016/7/10(日) 午前 9:41


どれも反対勢力を潰さなければ実現不可なので、もしかしたら青山繁晴氏は怒鳴るだけでほとんど何も実現しないかもしれ知れない。しかし、その時は意図的にそうしたと見なす。外患罪という武器を使わない理由を正当化出来ない。国民保護計画作成に携わった位の専門家が外患罪を知らないでは済まされないからだ。
ということで、一票入れるので死ぬ気で頑張ってくださいね。

▼みなさん、最後の最後まで、志を共にする熱き連帯をありがとうございます。
 ぼくのささやかな手作り遊説は初日から最終日まで連日、どこの地のどの会場でも、想像もしなかった数のみなさんが一切の動員なく集まってくださいました。
 最後になった大阪の南海なんば駅前は、言語に絶すると言いたいぐらい沢山の有権者が自らの意思だけで集結なさり、凄まじいまでの盛りあがりでした。

▼それでも結果は分かりません。
 選挙中に申しあげてきましたように、ぼくは団体・組織の票をすべてお断りしています。
 しかも、ぼくの著作、テレビ・ラジオ、ネット動画、講演での発信をいくらかご存じの有権者でも「まさかの選挙立候補」をご存じのかたは、ごく少数にとどまった感があります。
 これは参院選公示のまさしく直前に、それまでの固辞をみずからあえて覆して立った結果でもあり、一切合切、ぼくの責任です。
 したがって、当落は正直、まったく分かりません。
 すべては、自由な有権者、国民が7月10日・日曜に示されるご意思次第です。

▼以下に差しあげるお話は、あくまで仮定の話ですが、どうぞお読みください。
 もしも万一、当選しても「万歳三唱」はしません。「だるま」も飾りません。
 それは「当選」がゴールではないからです。
 これから、ただ国益のために戦う、身震いする瞬間が当選だと考えています。
 そのために、お祝いの花や祝電も、申し訳ないですが一切いただけません。お祝いに結びつくものはすべてご辞退したく思います。
 あらかじめ諒解していただければと、伏してお願いします。

▼そして、選挙のあいだ、願いと祈りを共にしたみなさんに、いちばん辛いことのひとつをお伝えせねばなりません。
 ぼくが大阪市内にかろうじて設置した小さな選挙事務所は、ビルの一室です。
 ここに投開票日7月10日・日曜の夜に人が集まれば、必ず近隣のご迷惑になります。特に、日曜の夜から月曜の未明に掛けての時間帯ですから、多くのかたがたが月曜からの仕事に備えておやすみだと思います。
 そこに騒音迷惑をおかけすることは決して、できません。
 さらには、いま大雨の被害が近畿でも出ています。防災は国政の第一級の課題です。国政に出るための選挙事務所の周辺が、大雨被害を横目に喜びに沸くというのはどうでしょうか。

 ですから、選挙の結果が出る前後の事務所ご訪問は、ぼくもこころから寂しいですが、お受けできません。これは議員の方々のご訪問も同じです。事務所に出入りするのは専任のスタッフだけという、地道なあり方に徹したいと思います。

▼ぼくはこれが残念で、後日に報告会をと考えたのです。
 ところが、法は「何人たりとも、選挙後に当選または落選について有権者に戸別訪問、文書、祝賀会で挨拶してはならない」という趣旨を厳しく定めています。 (公職選挙法第178条 選挙期日後のあいさつ行為の制限による)
 したがって、報告会などを開くこともできません。
 たとえば、独立講演会は報告会の目的で開くのではありませんから、そこで簡潔にごあいさつしたり、関連の質問をお受けすることはできます。それは確認済みです。

 そして法は、インターネットでの報告などは認めています。選挙後に、再びこのサイトでお目に掛かりましょう。
 テレビやラジオの生中継などでも、いくらかお目とお耳に掛かれるかも知れません。

★さらなる仮定の話になってしまいますが、もしも国政に出ればまず優先的に取り組みたいことを順不同で、簡潔な項目として挙げておきます。

【拉致被害者の救出】

▽そのための新しい方法論(皮切りとして、野党議員と連携しての質問主意書を内閣に提出することなど)を超党派で実行する。
▽現在の拉致問題対策本部をいったん解体するか、解体的改組を行い、官邸内の総理直属の機関として再出発を図る。
▽拉致被害者救出のための立法措置、憲法改正を提起する。

【日本にはできないはずの資源産業の勃興】

▽日本海の表層型メタンハイドレートを実用化し、過疎に苦しむ日本海側の経済苦境を逆に「日本経済の伸びしろ」と捉え直して、日本海沿岸に建国以来初めての自前資源による本格的な資源産業を興していくことに取り組む。
▽京都府の舞鶴から兵庫県の三田(さんだ)までパイプラインを敷設することに取り組む。その際に既存の高速道路を活かした敷設とする。
▽メタンハイドレートだけではなく熱水鉱床、レアアースを含めて、日本の海底資源を包括的に研究開発する。
▽日本海側で、メタンハイドレートで動く公営バスを走らせ、バスの胴体に「自前資源で走るバス」と明記し地域住民と国民に知っていただく。

【日本農業の希望型産業への大転換】

▽大規模農業への転換ではなく、小規模農家を含め農家の自立した意思と、小規模資本の自在な連携による輸出市場の拡大を図る。それにより農産物の付加価値を増大させる。

【資源と農産物の輸出による平和への貢献】

▽自国の利益だけを目指したり世界支配を狙う資源輸出・食料輸出ではなく、資源がない国々、そして安全で美味しい日本の農産物・食料を求める国々にフェアに輸出をし、それをもって、資源と食料を争って戦争になる世界を変え、本物の平和国家に成長することを目指していく。
▽日本の社会に、国民が共有できる「人のために生きる。世界を助ける」という国家の理念と哲学をつくり、子供たちが何のために勉強するかという根っこが分かり、社会人も何のために働くかの根っこが分かり、子供のいじめが減り、働く私たちが対人関係に苦しむことを和らげていける新しい社会をつくっていく。

【教育の転換】

▽子供を同じ年齢で輪切りにして教育する現行のクラスだけではなく、年齢を縦にしたクラスをつくる。
▽現代史から先に教える歴史教育への転換を図る。
▽立入禁止の硫黄島を、教育の島として見直し、小中高の修学旅行、社会人の教育旅行の地として再生し、自衛隊基地とも両立させる。決して観光の島にはしない。
▽その硫黄島に取り残された英霊のご遺骨をすべて故郷に取り戻す。

【沖縄と本土の和解】

▽尖閣諸島の資源を活用し、沖縄に在来型資源の資源産業を興し、中国からの観光客に依存する経済から脱し、自立型の沖縄経済をつくっていく。
▽沖縄が祖国に復帰した5月15日がこれまで沖縄の県民感情によって祝祭の日になっていないことを直視し、沖縄県民と全国民が共に祝う国民の祝日にする、そのための国民対話を提起する。
▽歴史を共に考え、日本国民が沖縄を愛していたからこその沖縄戦であったのではないかということを提起する。

【福島原子力災害の克服】

▽福島第一原発から漏洩した放射線量が、民主党政権時代に発表された放射線量のおよそ100分の1だったという学説が国際社会では広く知られていることを日本政府として、公開研究として検証する。
▽事故の原因が地震ではなかったという学説も、日本政府の公開研究として検証する。
▽上記を踏まえ、IAEA(国際原子力機関)に現状の「レベル7」(チェルノブイリ事故と同等)の見直し・下げを求める。

【安全保障の根幹の整備】

▽自衛隊が「これだけはしてもいいよ」のポジティヴ・リストを持たされているという国際社会では極めて非常識な事態を克服し、「これだけはしてはいけない」のネガティヴ・リストに転換して、国民を護るためには、たとえば「捕虜を虐待してはならない」といった禁止事項以外は何でもやらねばならないという、国際法に沿った態勢に大転換する。
▽自衛隊に、これも国際法に沿った軍法を導入し、防衛出動を閣議決定した際でも市民と同じ正当防衛しか行えないという懸念を払拭して国民を護るための正当な力を発揮できるようにし、戦争を未然に防ぐ抑止力を充分に備えるように改革する。

【国家危機管理の根幹の整備】

▽内閣に、現行のNSC(国家安全保障会議)と併存する組織として、内閣情報局(ないし国家情報局/いずれも仮称)を新設し、ここに既存の複数のインテリジェンス(情報機関)を統合する。

【外交の根幹の整備】

▽防衛省との連携を強め、「ただ話し合いましょう」ではなく、実効性を高めた外交力の構築を図る。
▽日米同盟における対等の関係づくりを図る。
▽「領土・領空・領海保全基本法」(仮称)をつくり北方領土返還交渉、竹島問題解決、尖閣諸島の安全確保のいずれについても、いわば国としての橋頭堡の形成を図る。

【正憲法の制定】

▽現在の日本国憲法が外国の占領下で武装解除を完遂するための仮憲法であったことを提起し、正憲法の制定を目指す。
▽そのためにも、憲法9条の最後の一行、「国の交戦権は、これを認めない」の削除を提起する。
▽さらに、憲法本文に、国民をいかに護るかの定めが一字も無いことを見直し、また、「日本国民の安全も生存も、諸国民、すなわちどこの誰とも知れない外国人にお任せする」という趣旨の前文も見直し、日本国がその国民を護るという国際法上、あまりにも当然の規定を加えることを目指す。

 これらはすべて、一民間人としてのぼくがささやかに現場で取り組んできた課題ばかりです。
 それらをまずは、国政の場で問います。
 これは、国政に臨むための最初のメモだとご理解ください。

 さて、国政にもしも行くことができるのであれば…のメモです。

 もう、ブログを更新できる、公選法上の制限時刻(7月9日午後11時59分)が近づきつつあります。
 まだ不十分ですが、最初のメモとしては、ここまでにしておきたく思います。

        みなみなさまへの、深い共感を込めて。

                                            青山繁晴 拝



◇素直に見習いたいと思う。このような地道な監視活動が、当局の捜査や調査の助けになる。
2016/7/14(木) 午前 7:46


ケイイチ
投稿が遅くなりまして申し訳ありません。今回で3回目の投稿となります。
集団ストーカーについて読者からの投稿を時折、ブログに載せて頂きましてありがとうございます。多くの日本人に、この犯罪を広く認知されるのが解決への第一歩だと思っています。そうすれば、在日帰化人達が声高に叫ぶ「共生」が絵空事だと、日本人に理解して頂けると考えております。(←その通り!間接侵略の旗印)

今回の参議院選挙について、私は以下のように投票しました。
小選挙区 二之湯 智(当選) 比例代表 山田 宏 (当選)
 京都は2人区なので、小選挙区は二之湯代議士と福山(陳)哲郎という順当な選挙結果でした。ただ、今回初めて、福山が2位当選という所に民進党の衰退が透けて見えました。
 但し、城陽市は福山が得票数1位だったりして、事態は深刻ですが・・・。
読者さんの中には、青山さん押しが多かったですが、私の住んでいる市長になって欲しいという身勝手な願望を含めて、比例代表は山田宏代議士に投票しました。
 読者さんの投稿の中で、期日前投票で免許証等の本人確認がないという投稿がありましたが、私も6/25に行きましたが宣誓書のみで本人確認がありませんでした。また現場にいる投票管理者にも強い違和感を感じました。

 私は期日前投票でいつも済ませるのですが、去年の統一地方選挙でも市役所4階第5会議室で行われていた投票現場で、老婆の付き添いで来ていた中年男性が民進党(当時民主党)の酒井つねおの名前や経歴である警察官であることを会議室にいる人全員に聞こえる大きさで声に出しているにも関わらず、選管の誰も注意しないのです・・・。
 私が出来る不正選挙対策は、いつも持参したボールペンで記入しているぐらいです・・。

本当は、今回の参議院選挙の開票現場に行きたかったのですが、夜勤が入っており、ビデオ撮影出来ませんでした。ですが、城陽市市役所前の掲示板に掲示されていた
期日前投票管理者 
城陽市選挙管理委員会 委員長
投票管理者
の住所・氏名はデジカメで保存しました。
ですから6/25の期日前投票管理者および期日前投票管理者職務代行者6/27付けで第3投票区 投票管理者が変更になっている事を確認しているので入管通報してみようと思っています。効果はないかもしれませんが・・・。
 在日帰化人に乗っ取られた城陽市役所です。一矢を報いてやりたいです。というか選挙ぐらい誰が見ても瑕疵のない公正な選挙をして欲しいです。

選挙開票速報では、KBS京都の番組を録画視聴しました。明らかに左翼よりな司会者、解説者でした。視聴目的は、思わずローカル番組ならではのポロリがあるかなと期待したからです。前回の統一地方選挙だと出演していた公明党の代議士に当時の民主党の福山が、公明党(創価学会)の票が民主党に流れた事に対する感謝を番組で述べておりました・・。(言うように強要された感はありますが・・・)自民党と連立政権を組んでいる公明党がなぜ民主党に票を流すのか?まあ所詮反日政党同士です。
 かならず自民党が選挙で勝ちすぎないように衆議院選挙でも参議院選挙でも競った選挙区で野党側に勝たせる裏切りの公明党(創価学会)であり、党員の人間性が垣間見えますね。前回の衆議院選挙でも、京都6区で山井和則が小選挙区で競り勝ったのは、公明党であると私は考えています。選挙戦最終日、近鉄大久保駅での辻立ちをしていた山井のすぐ近くに民団、朝鮮総連、創価平和会館がありますので・・・。

 大嫌韓日記1冊購入と都政を国民の手に取り戻す会への寄付3千円しか、桜井氏への応援が出来ておらず申し訳ないです。しかし厳しい選挙戦になるとは思いますが、今の日本の現実を多くの日本人に知って頂きたいです
 600字制限を大きく超えて申し訳ありません。また拙い文章を、どうかお許しください。
 余命さんの負担になっていて心苦しいのですが、すみれの会への寄付に対する読者さん達のメッセージが好きでした。勝手な思い込みでお恥ずかしいのですが、励ましてもらっているように思えたのです。読んでいるとき、心が温まるひとときになりました。
余命さんおよびスタッフの皆さま、身辺及びブログのセキュリティー対策に、十分にご注意下さい。
皆さんは、私にとっての希望の星です。
それでは失礼します。



◇米国務省と仲良しさんの青山繁晴議員が「反日」と名指ししたのは大きい。
2016/7/17(日) 午後 7:17


2016-07-15 06:25:07
Comments (76)
当然ながら…
…来週21日木曜の虎ノ門ニュースで、都知事選について、その後の考えを述べます。
 選挙開始から1週間を経て、各候補が実際に有権者に何を話したかが、その時には、はっきりしているからです。
 きのう14日の虎ノ門ニュースは選挙の始まった当日の朝8時から10時ですから、各候補の選挙本番での主張は何も聴けていません。選挙開始の前日までの「(その)現時点での」考えを述べました。

 都知事選についての強い危惧は、深まるばかりです。
 このままでは反日を是とする勢力に担がれた都知事が、たとえば、わたしたちの東京五輪・パラリンピックに力を振るうことになりかねません。
 単に保守というより、単に東京というより、日本の危機です。
 正直、その深刻さに身震いしています。
 参院選の一方で、この危機が進行してしまいました。
 参院選の当事者になったことに悔いはありません。みんなの眼の輝きに出逢えたからです。
 ただまるで参院選のウラを突くように、反日の側だけがある種の大同団結を実現して、祖国を甦らせる側は対照的に分裂を深めた、その現実には震撼(しんかん)します。
 この大同団結はにせものです。ところが日本を貶めるという一点だけは、従前から、非常に深い部分で団結してしまっているのです。
 都知事選で急に起きたのではなく、敗戦後の日本で一貫して71年間、起き続けていることです。
 まさかの一手、奇蹟の一手を考えるほかないほどの危機だと思慮します。
[注『青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road』「2016-07-15 06:25:07 当然ながら…」からの引用だと思われます。]


◇余命Pがネット上の事実に基づかない中傷を刑事訴訟する意義
2016/7/18(月) 午前 8:51


余命Pが反余命伏見グループを刑事訴訟すると発表した。合わせて民事訴訟もおこすそうだ。これは、これから保守勢力が反撃するうえでかなり重要な意味を持ってくる。
 先の参議院選挙では、反日側の選挙妨害が多発した。しかし、刑事告訴で対抗した候補者はあまりいなかった。選挙運動で忙しい中で訴状を作成するとなると更に忙しくなる。しかも、民事裁判は長引いてしまう。結局、告訴も告発もしない。
 反日側もそれを心得て適当に加減を見て妨害しているのだ。
 ただ、今回参議院選挙では青山繁晴氏が週刊文春を刑事告訴した。そのため、文春は、かなり応えたらしく小池候補に対して「怪しい」としか書けなくなった。青山氏の刑事告訴はそれだけでもかなりの効果があったのだ。

 同じことが、今回の余命Pによる伏見グループ刑事告訴+民事訴訟にも当てはまる。これで、反日勢力がネット上であからさまな反日活動するのが困難になるからだ。
 しかも、すみれの会が設立され保守側が裁判支援をしてくれる。保守側が裁判をしやすくなっている。

これからは、桜井誠氏並みの反日勢力に対するどぎつい書き込みも名無しではなく本名でも可能になって行くのだ。



◇青山繁晴氏の方が余命の主張に寄って来たのが余命読者支持を集めた原因。ただ、露骨な在日鮮人追放と売国奴外患罪処理までは最後まで主張されなかった。
2016/7/22(金) 午前 7:48


余命と完全一致までは行かなかったが、青山繁晴参議院議員の後継者はさらに余命主張と近くなるだろう。その時までには桜井誠氏が議員になっているだろうが。[注: 真太郎氏が何を根拠として「青山繁晴氏の方が余命の主張に寄って来た」と言っているのか分かりませんが、ザ・ボイス、虎ノ門ニュースその他のラジオ、テレビ、動画で見聞する限り、青山さんの主張されていることは、選挙以前と以後とで変化していません。したがって、余命さんの主張に擦り寄ってきたということもないのです。]


マサムネ
いよいよ反撃の狼煙があがります。何かとお忙しいところ大変恐れ入ります。青山繁晴氏の件で真太郎様宛ての書き込みをさせて頂いたのですが真太郎様のブログにて自己解決しましたので削除願います。既に削除済みかと思いますが以前削除済みと思っていたものが掲載された事がありましたので念の為にお知らせいたします。そして余命様は感謝される筋合いではないと感じられますでしょうが選挙前に青山氏支持を訴える書き込みを掲載していただきましてありがとうございました。感謝の念筆舌に尽くしがたしであります。

.....選挙期間中は異常と思われるほどの青山繁晴氏関連の投稿があった。公選法の問題があるので、とりあえずプールしておいたのだが、さすがに転記してまでの保存はできないので、そのほとんどを削除している。
 余命とはまったく関係のない御仁なのだが、氏の情報発信についてよく余命ブログが使われる。日本ではほかに長文の意見投稿する場がないのだろうか、いつの間にか集まって議論となる。
 あるレベルまでは許容しているが、もともとサイト違いということをご理解願いたいと思う。氏のテーマは在日特権とか外患罪とかは除外されている。要するに100%立ち位置が違うので余命の闘いにおいて連携ができる友ではない。氏も迷惑だろう。



◇命をかけている方とそうで無い人を同列に語るのは、止めた方がいい。余談だが、確かに在日右翼の公安監視は強化されている。
2016/8/9(火) 午後 0:21


余命爺様が青山氏に良い顔をしないのはそれなりの理由がある。表に出ている情報だけでもその理由を推し量れる。今も、拉致被害者奪還や自衛隊の治安、防衛出動を改憲しなければ出来ない様に思わせる発言は真保守とは言い難い。[注: 青山さんが真保守であるかどうかはともかく、愛国者であることは疑う余地がありません。また、余命記事「341  ホワイトハウス誓願署名 2015/09/14 」の中の余命さんの述懐から見ても、余命さんの青山さんへの評価は決して低くありません。青山さんを評価すればこそ、本音の厳しいぶつかり合いも辞さないというところがあるのではないかとも感じます。]


通りすがりの774
ちょっと気になる書き込みが…
真保守という呼称は避けませんか?
青山先生、桜井先生、余命爺様のいずれも「保守の連係は難しい」と仰ってます。
国を愛する気持ちは共通でも、許容できる言動は様々でしょう。
元々まとまりにくいのに、「真」なんて付けてしまったら、一神教と同じ轍を踏むのは必至ではないでしょうか。
一々「似非」等のレッテルを貼らなくても、然るべき時に皆、必ず踏み絵を踏まされますよ。

.....真だか似非だか誰が判断するのか知らないが、少なくとも桜井氏や余命は言葉の遊びはしていない。したがってその関係の判断基準はともに闘えるかどうかということだけである。
 この参院選や都知事選の選挙期間中、青山氏や水島氏に関する投稿が数多くあったが、すべて没にしている。扱うテーマや立ち位置が違うので取り上げようがないということもあるが、それ以上に相手方が迷惑するだろうということを考慮したものだ。
 余命もそうだが青山氏も桜井氏も並べられていい顔をする関係ではない。
すでに保守だけではなく、右翼、左翼の線引きが進められていてあぶり出しが行われている。昨年の7月9日以降は、在日右翼の動きに関して監視が強化されている。第一次入管不法滞在通報リストに載っていたのは在日暴力団幹部であったことを忘れてはならない。
 日の丸を掲げた街宣右翼は100%在日組織であると考えても間違いはない。なにしろ日本人が攻撃されているカウンターデモにただの一回も顔を出したことがないのである。
 今年の8月15日はどの面下げて出てくるか楽しみだ。状況が状況だけに警察関係に押さえ込まれる可能性もありそうだ。靖国神社は賑わうだろう。



◇それと、真保守はこのようにすぐに話がまとまる。
2016/8/11(木) 午前 7:11


日本の本当の権力に通じているから、もめ事があったとしても更に上の権力(ここまで行くと権威も)が出てくればそれで解決する。

青山氏が保守派はバラバラ、一方敵方は改憲反対で一つにまとまれるから保守派は団結しなければならないと主張している。まずは、彼が余命Pに連絡を入れて真保守に加わるべきだ。
 そして、外患罪等について言及するべきなのだ。そうでなければ、これからも真太郎は彼を亜保守として扱う。これでも、偽あるいは似非保守(≒売国奴)からは評価を高くしたつもりだ。



◇不確定なのは氏という方がおられるように見える。(笑)
2016/8/25(木) 午前 7:46


1141 おまたせしました
 二週間も死んだふりしていれば何かよからぬことをやっていると思うのは、余命読者の常識である。まさにその通り、100%シナリオ通りに余命劇場の最終幕まで一気に進んでしまった。
 目的ブログであるので、「日本再生大作戦」を優先して投稿コメントがなおざりになってしまったが、いずれ全部アップするつもりである。ご了承いただきたい。
 これからしばらくは、テーマ別に区切って発信する。通常はA4サイズ5枚程度にまとめるのだが、当面はとらわれないで発信する。
.....伏見事案
8月3日に地検へ提訴、17日に事情聴取の連絡がはいっている。内容は、資料に挙げてある中にでてくるみなさんの誹謗中傷に関するもので、被害届の有無、告訴、告発の有無、そして具体的なわかる限りのトラブルの内容提供であった。
 余命はいくつか情報補提供をいただいているが、それはすべて非公開を前提にしているので、今回のように原告への要請についてはまったく応じていない。ただし、地検から直接、捜査情報として求められたときは、資料として提出する旨をお断りしておく。
 意味があまりわからないのだが、以下のようなみなさんの名前が書き込まれている。もちろん、余命もみなさんとは一切の面識も情報のやりとりもない。
「余命にあなたからの被害を届け出たのが確実なのは
花菱
ぱよぱよ日記(yosh)
豆腐おかか
信濃太郎
真太郎
不確定なのは
大和心への回帰
TK
楚練」
 後述するが、地検の対応が早いのでしばらくは様子見で対応されたい。なお9月10日以降は外患罪を付加した集団告発のリストにも入っているから原告代表になるのもいいだろう。その際は連絡させていただく。
 今回の地検の対応は過去の例を考えると異常に早い。告発からは数日で対応している。
参院選中の青山氏への公選法違反ということで何件か通報があったようだが、それとは事案が違う。内容的に警察をはじめとする行政、国税局その他、官公庁の対応についての記述が、真偽はともあれ放置するわけにはいかないレベルだったのが主な理由のような気がするが、もしそうだとすれば、そちらの方からも告発されるだろう。
 過去の例からは、単独での告発は、うやむや不起訴とか棚ざらし無視もあり得たが、今回はまともに起訴まで進みそうだ。その過程でリアルタイムにすべてが明らかになる。
 この刑事告発は事実関係で争える事案ではないから、起訴されれば決着は早いだろう。
 余命は関係がないが、原告から提供されれば裁判の状況は当然アップするつもりである。
 真太郎は、17日に事情聴取が入った時点で伏見くんは伏見ブロググループから外されたように思う。今は、別人が書いているように見える。いずれにせよ、余命Bに書かれている様に地検の対応が伏見事案では早く決着まで短期間で終了しそうだ。伏見くんは罰金で済むと思うがこの件で犯罪者となってしまった。もうネット上でも持論を展開するのは控えた方が良いだろう。次回調子に乗れば罰金では済まなくなるだろうから。
 「意味があまりわからないのだが、以下のようなみなさんの名前が書き込まれている。もちろん、余命もみなさんとは一切の面識も情報のやりとりもない。」不確定なのは氏など皆様の事情は分からないが真太郎は余命Bに書かれている通り余命と連絡のやり取りは一切していない。
「なお9月10日以降は外患罪を付加した集団告発のリストにも入っているから原告代表になるのもいいだろう。その際は連絡させていただく。」これは、楽しみ!




◇さて、この人物はどなたでしょう?共産党の方?
2016/8/30(火) 午前 8:01


共謀罪、住民基本台帳ネットワークシステム・住民票コードには反対で「国民共通番号制に反対する会」共同代表を務める。同会には斎藤貴男や佐高信も参加していた。


正解は、櫻井よしこさんでした!

ただ、今国会での新テロ等準備罪は賛成されると思います。青山議員と同じくそこらへんは外さないと予想しています。

むしろ、竹熊健太郎さんなんかは外してしまう恐れがあります。



◇目覚めかけた日本人をミスリードしている似非保守も、外国と通謀していれば外患誘致罪で死刑だ。何らかの支援を受けているのが確実なあの人達も告発対象だ。陛下をただの良い人呼ばわりしている人達もだ。
2016/10/30(日) 午前 9:39

と以前書いたが、別に通謀していなくても「日本が外国から武力行使されている」と首相が正式に認めただけであらゆる反日行為は外患誘致罪刑事告発可能になる。
と言うことで愚かな味方なのか似非保守か区別がつかない時は両方とも外患誘致罪で刑事告発すると良いだろう。
[注: 「陛下をただの良い人呼ばわりしている人達」については、余命記事「737 巷間アラカルト58]の真太郎氏の投稿を参照してください。その投稿中で紹介されているエッセイは、櫻井よし子氏が執筆されたものです。そこから分かることは、真太郎氏は櫻井氏のことを「陛下をただの真面目で優しい人ととらえている」つまり、「ただの良い人呼ばわりしている」と言っているということであり、櫻井氏に賛同する方々も含めて告発対象だと言っているということです。(その中には、櫻井氏を擁護する投稿を余命ブログにした私も含まれるでしょう。それについては、当ブログ記事「投稿が余命ブログ本稿に採用されました」を参照して下さい。)また、余命記事「699 巷間アラカルト47」での真太郎氏の投稿で、櫻井よし子氏と青山繁晴氏は「似非保守」と仄めかしています。つまり、真太郎氏は両氏を「死刑だ」と断罪しているのです。]


◇似非保守をこれで外患誘致罪刑事告発死刑が可能になる。余命Pや大和会に告発人になって頂くのは負担が大きいので自分達が告発人になるのがいいだろう。
2016/10/30(日) 午前 9:53

.....委任状なので、形式その他はまったく自由である。今後は委任状から告発状に切り替えていくことになる。

標的は、不法入国者とその子孫である在日南北朝鮮人+在日反日工作員と似非保守(隠れ売国奴)だ。

特に、目覚めた日本人をミスリードして保守から遠ざけたり反日勢力への攻撃をさせないようにした人物は明らかな売国奴よりもその売国度が高いと考えられる。
連中は、明らかな証拠を残してないので大和会に似非保守とみられるAやSやW氏などを外患誘致罪刑事告発したいと連絡すると良いだろう。[注: 「余命一派殲滅大作戦」で重要な役割を果たした真太郎氏、という観点からすれば、A=青山繁晴氏、S=櫻井よし子氏と考えるのが妥当です。『真太郎のブログ』記事中で、真太郎氏はこの両氏のことを度々誹謗中傷していることからも、そのように見て間違いないでしょう。W氏については、真太郎H氏=H氏と推定されることと、H氏が執拗に和田政宗議員を誹謗中傷していることから、W氏=和田政宗議員と考えられます。]
また、真保守運動の足を引っ張る愚かな味方か敵工作員か見分けがつかない時は両方とも外患誘致罪刑事告発したいと大和会に連絡するのも良い。余命読者や支援サイトにも紛れているかもしれないので心当たりのある方は大和会に告発希望を出すのも良い。[注: 余命読者に紛れ込み、支援サイトも運営しているH氏、MH氏、そして彼らの協力者については、「伏見一派」、「悪魔の提唱者」として既に告発済みなので、大和会に連絡しなくても大丈夫です。]



◇いよいよ嫌韓が一般化する動きが始まったようだ。
2016/11/17(木) 午後 9:23


17日、漫画家の江川達也氏が自身のFacebookアカウントで、韓国を厳しく批判する内容の持論を展開した。

ことの発端は、14日に配信された報道番組「真相深入り!虎ノ門ニュース」(CS放送・DHCシアター)にある。
同番組の中で、自民党参議院議員の青山繁晴氏が、党の部会に出席した際のエピソードを披露した。

現在議論中である日韓通貨スワップ協定の再開を青山氏が批判したところ、
外務省や財務省は「日韓の重要性からして意味はある」「議論を開始しただけ」と抗弁したという。

この言葉に対し、青山氏は「本当は外務省も財務省も(スワップ再開を)やる気満々というか」
「本当は結論ありきなんですよね」と語り、スワップ協定再開の流れが既にできていると指摘。

また、「アジア通貨の全体を考えれば、担保してあげたほうがいい」という財務省の見解を説明した青山氏は
「違います!」と声を荒らげ、「低き(韓国ウォン)に流れてどうするんですか!」「円の実力をさらに押し上げて手本を示して、
2度とアジア通貨危機が起きないようにするのが日本の役割」「弱い通貨(韓国ウォン)の言うことを聞いてどうするんですか」と猛烈に批判した。

さらに青山氏は、政府が日韓通貨スワップを推進する理由として、担当省庁が「韓国に恩を売った方がいい」という考えを持っていると指摘したうえで、
「韓国は恩を売ってもアダで返すって言ったじゃないですか!」「そんなことはみんな知っている」と、韓国に対する姿勢を真っ向否定した。

江川氏はこうした青山氏の発言を取り上げたまとめサイトの記事を引用し「恩をアダで返してきた人を助けてはいけない」
「助ければ助けるほど攻撃してくる」「むしろ、攻撃すると攻撃が減る」「小学生のころから教えるべきこと」と綴った。

そして、「韓国と日本の近代史を日本史の試験に入れなきゃダメ」「いかに、韓国が日本に依存しながら攻撃してきているか。
歴史教育で嘘を教えて日本を攻撃してきているか」と、韓国の日本に対する姿勢を指摘。

さらに江川氏は、東京大学や京都大学はマルクス・レーニン経済史観のマインドコントロールから抜けていないため、
進学するのは「感心しない」「まだまだ、学校からソ連の思想が抜けきれてない。

大東亜戦争の研究がまだきちんとなされてない。
近現代史が全く検証されてない」とも指摘したうで、「だからいつまでも恩がアダで返される」と綴っている。

2016年11月17日 18時50分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/12297046/

写真 達也
http://syoshinmono.com/wp-content/uploads/2016/05/IMG_1287-1.jpg



◇青山議員の熱心な支持者は外患誘致罪適用の請願をしてもらいたい。
2016/11/18(金) 午後 5:32


.....言論人と余命のように非営利の目的ブログ、つまり記述したことは実行する者とは、いい悪いではなく、立ち位置が全く違うので引用記事も避けてきたところである。
 このたび青山氏は参議院議員ということで、余命の10倍も100倍も影響力のある活動が可能となっているから議員請願をどんどん受けてもらって、できるなら、外患誘致罪の適用まで取り組んでもらいたいものである。



◇余命爺様の.....は、一体何を言わんとしたのだろうか?
2016/11/20(日) 午後 5:25


日本人
余命翁、日本再生PTの皆様、日本人です。
ご承認の可不可は関係なく、ご参考になさってください。
 共産党や売国左翼・反日朝鮮人の常套手段、言語のすり替えによって問題の本質をすりかえる、ニュースピークと言う手口を是非知って頂きたく、投稿させて頂きます。
 長くなりそうなので、承認された場合に備えて2回に分けます。
 1.まず、「カエルの楽園」著者の百田先生までもが余命読者であったとは(笑)
ならば、百田先生は当然ジョージ・オーウェルの「動物農場」「1984年」も読んでるでしょう。実名や特定人物を示唆するようなことが困難な場合、登場人物を動物に置き換えた寓話形式にして、実際に起こっている問題をドキュメンタリーとして社会に発表し警告する、この手法はジョージ・オーウェルがロシア革命からスターリンの独裁恐怖政治体制確立までを書いた動物農場の手法ですね。私が余命読者諸兄に一読をお勧めしたいのは、オーウェルがその次に発表した「1984年」です。民団や公明党、民進党、共産党によって死守されている偽装帰化人の巣窟、国民の敵No.1の売国官庁、人権擁護局は、この本に書かれているビッグブラザー(モデルはスターリンです)による、あちこちに仕掛けられた盗聴器や各家庭に据え付けられたテレスクリーンによる国民の徹底監視、反逆分子と見られた人間が思想警察に連行され、愛情省という部署で拷問によって思想教育されるというような、言論の自由も尊厳もない社会を実現させようとしているとしか思えません(人権擁護法案にあった三条委員会はこの思想警察に該当します)。
 民団発起、公明党、民進党、共産党、社民が共闘して作り出そうとしてるのはこの「1984年」のビッグブラザーを売国奴・反日朝鮮人、シナ工作員に置き換えた小説世界の実現、すなわち言論弾圧から始まる日本人奴隷化計画です。
これに向けて動いているのが法務省人権擁護局です。
 2.「1984年」には付随資料として、共産主義者が世論、イメージ操作として使う特殊な言語「ニュースピーク」と言う手法がかなりの文面を割かれて記述してあります。
 要約すると、①物事を表す表現の中から、本質の部分となる、共産勢力に都合の悪い文言を外して極力言語を短縮させ、一つの短縮された造語を作り、抵抗勢力のレッテル貼りに使う。
②事実と真逆の事を言う。この2点です。
これらが、反日売国奴と、余命先生の言う“便衣兵“(これ正に正しい表現)の常套主手段として現在も多いに使われています。例えばヘイトスピーチ(憎悪表現)。これは①の典型で、
 正確にこの言葉を正式に言えば「日本乗っ取りを企てる在日朝鮮人に対する憎悪(ヘイト)を含んだ糾弾的な表現(スピーチ)」でしょう。しかし奴らはその中から憎悪(ヘイト)表現(スピーチ)だけを抜き出して問題の本質をすり替えました。スターリンはこれらをプラウダに乗せることでイメージ操作を行い国民を欺いていた。これと同じことをNHK、朝日、毎日、読売が代行してやってるんです。これが効果的であることは外国人参政権が半ば浸透している大阪の『ヘイトスピーチ禁止条例』が成立してしまったことからもわかります。
 何しろ大阪市議会は、正式名称「日本乗っ取りを企てる在日朝鮮人に対する憎悪(ヘイト)を含んだ糾弾的な表現(スピーチ)を禁止とする条例」を罰則有りで可決してしまったんですからね。わさび2倍にしたくもなりますね。②の典型例は「差別」でしょう。
これも正確には日本人差別に当たる在日特権を糾弾したり、日本を間接侵略しそれを民団新聞に堂々載せてるくせに、日本人が反発糾弾すると→民族差別。真逆のことを言ってます。
これらをマスゴミがすっかり国民に定着させましたね。どれだけネットを見ない世代に役立ったことか!
 長くなり済みませんが、このまま検察が外患誘致罪の告訴を受理しなきゃ、今度は本当に自衛隊クーデターが起きますよ!もちろん、国民の絶対的支持を得て。何せ、売国官庁と自衛隊ではこれまでの実績から言って信用度が全く違いますからね!
 最後に余命先生、安倍内閣と桜井さんを結びつける現代の竜馬の役は、あなたか青山繁晴さんしかいないのではないですか?←それは、多分無理。青山氏は防衛省の○○からその行動をマークされているような人物なのだから。[注: 「←」以降は、真太郎氏が付け加えたものです。]
.....



◇北鮮の脅威を宣伝する日本の国会議員。
2017/4/4(火) 午前 0:10


https://youtu.be/_Ar2J1hKxaw

どっちの味方なのだろうか?この人は。

北鮮が米国の攻撃を恐れてなりふり構わずプロパガンダを打っているとも言える。この人が主張するようなミサイル攻撃や生物兵器テロをしたら地球上の北鮮人がほとんど皆殺しにされる事くらい北鮮人も分かっている。少なくとも日本と米国にいる朝鮮人は全滅させられる。(外患誘致罪三日で死刑も実現する。)日本と同時に米国にもテロを仕掛けているだろうし、在日米国人も犠牲になるからだ。
なので、米国がすぐに北鮮を潰さないのは違う理由だ。北鮮が出来もしない報復を恐れて日本が米国に待ったしている等論外だ。中共は昔から朝鮮半島は自分達のものだと思っている。今回米軍が北鮮を制圧すれば朝鮮半島は、米国下となり、そこのミサイルなどを使えば北京を瞬時に全滅可能になる。つまり、中共も米国下となってしまうのだ。だから必死になって中共は米国に待ったしている。ほぼ同じ理由で露も反対している。(露は既にアフガンを米国に抑えられている。)
米国が朝鮮半島を取れば、中共露は滅ぶと言ってもいいくらいなのだ。それでも、中共露の経済状態から米国に妥協せざるを得なくなる。それを米国もわかっているから無理をして中共露を巻き込む可能性のある間は北鮮攻撃を始めたりはしない。米国がやる時は中共露が手出しできなくなってからだ。(誰かが戦費を負担してくれるのも見計らっている。)

それにしても、この人は日本人を舐め切っている。震災で万単位の人が死んでも日本人はパニックに陥らなかった。原爆で十万単位の人が死んでもパニックに陥らなかったのだ。日本と日本人を信じていない愛国者は本物の愛国者と言えない。