正念場 1

■ 『待ち望むもの』終了について
読者の多くの方々が既にご存知のように、『待ち望むもの』が終了しました。

『待ち望むもの』終了の理由として、「わたしの身辺には何もないのです。本当に個人的な事情で更新する時間がとれなくなってしまったのです」と『待ち望むもの』「大事なお知らせ」コメント欄にあります。これは、外部からの攻撃や脅迫によって『待ち望むもの』を閉めるわけではないということです。また、私も、おかかさんからそのように伺っています。当ブログの読者の方々からも、おかかさんへの攻撃、脅迫を心配されたお便りをいただきましたが、そのようなことはございません。ご安心なさってください。

『待ち望むもの』読者の方々と同様、読者の一人として私も、その終了は大変、残念です。それは、信頼できる情報源と余命サポーター同士の交流の場、他のサポーターさんからの情報を得る場、他のサポーターさんに情報を発信する場を失うことであり、また、おかかさんに読者さんたちからの情報が集約される場を失うことでもあります。おかかさんは、余命運動に大きな役割を果たされてきました。そして、おかかさんが『待ち望むもの』を通して果たされてきた役割は、他に代替するものがありません。そういうものが終了するということは、何を意味するのでしょうか。

余命運動をロケットだとすれば、『待ち望むもの』は、そのブースターに譬えられるかもしれません。読者、余命サポーターに日本再生のために知るべき情報を提供し、日本再生への思いを固め、強める手助けをし、余命プロジェクト日本再生運動を後押ししてきました。そのブースターは、役目を終えました。あとは、ロケット本体が目標に向かって、ひたすら飛び続けるだけです。

このことから、『待ち望むもの』の終了は、『余命三年時事日記』の終了も、それほど遠くないということを示しているかもしれません。なぜなら、それは、もう、これ以上、勢いをつける必要はないということだからです。おそらく、一年後には、少なくとも、現在のような形では続いていないのではないでしょうか。それがどういうことかというのは、次回、見ていくことにします。

四季の移ろい氏の投稿についての論考

この論考は、四季の移ろい氏の当ブログへのコメント投稿を受けて書かれたものです。四季の移ろい氏のコメントは、ご要望により非公開としておりますので、お示しすることはできません。但し、論考において必要と思われる箇所については、引用させていただきました。また、その際、秘匿されるべき情報が含まれていると判断される場合は、伏せ字にしています。引用以外の箇所についても、秘匿されるべき情報と判断される場合は、伏せ字にしています。

■ この論考の狙い
四季の移ろい氏の投稿(以降「四季投稿」と呼称します)は、T.K.の余命ブログへの投稿(以降「T.K.投稿」と呼称します)を受けてのものであるということを踏まえ、T.K.投稿と四季投稿との差分から、四季の移ろい氏が予めT.K.投稿を読む前に持っていた××××氏に関する知識、観点について探り、そこから、四季投稿の意味を解釈していきます。

■ T.K.投稿で記述されていること
T.K.投稿より

引用開始-------

余命さん、スタッフのみなさん、お疲れ様です。
本日、告発状、懲戒請求署、その他に署名捺印の上、レターパックにてお送りしました。よろしくお願いいたします。

色紙をありがとうございました。大切にします。

最近の伏見関連ブログ、でれでれ草の内容には目に余るものがあります。その他の反余命ブログも含めて、告発が受理されることを望んでおります。

また、文章、言葉遣いの癖、内容から四季の移ろい氏、アブラゲ氏の二名は××××氏ではないかと推定しています。どのような意図があっての投稿かは定かではありませんが、ご用心なさって下さい。

(悪魔の提唱者氏、真太郎氏などに私が告発状、その他を提出していることを知られたくないので、いつもの名前は使っていません。)
[注: この投稿は余命記事「1667 主水裁判おさらい」に一時的に掲載されていました。現在では削除されています。]

-------引用終わり

上記のテキストにおいて記述されていることは以下のことです。

1. 余命さんとスタッフさんへのご挨拶。
2. T.K.からのレターパック送付のお知らせ。
3. 色紙へのお礼。
4. 伏見一派ブログの反皇室・反日がひどいことの訴えと反日・反余命ブログへの告発が受理されることへの希望。
5. 四季の移ろい氏とアブラゲ氏の中の人が××××氏であると推定されることの報告と注意喚起。
6. 投稿名をT.K.とせず、「▲▲▲▲▲▲▲▲▲」としたことの理由。

この中で、四季投稿を読み解くことに関係するのは、4.と5.です。4.と5.の内容が四季投稿の中でどのように解釈され、また、4.と5.のつながりがどのように捉えられているかを見ていくことで、四季投稿の解釈とその持つ意味が見えてくるものと思われます。

特に、T.K.投稿では、4.と5.の繋がりが提示されておらず、それを読み手がどのように解釈するかによって、読み手自身の観点、考え方、予備知識がそのまま表れてくるものと考えられます。

■ 四季投稿の中での伏見一派と××××氏
四季投稿の中で伏見一派と××××氏がどのように表れているか、抽出して箇条書きにしました。

四季の移ろい氏は、
A. 伏見一派にほとんど興味がない。
B. T.K.ブログの伏見一派関連記事は、ほとんど読んでいない。
C. 伏見、真太郎、その他反余命ブログには、全く訪れていないか数回程度、訪れただけ。
D. ××××氏と間違われたことは、全く気にしていない。
E. 自分が××××氏でないことは、余命さんとスタッフさんが知っているので、心配や不安は一切ない。
F. 伏見一派に関する記事以外のT.K.ブログの記事について、とてもためになったと思っている。

C.とD.の間に「だから自分の文章のどこが不味かったのか…よく分からなくて。」という文が入ります。これは、四季の移ろい氏が××××氏と推定される原因となった同氏の文章のどこが不味かったのか、よく分からないという意味でしょう。「だから」というのは、そのよくわからない原因が、この「だから」以前の内容、つまり、上記 A. B. C. にあるということを示しています。このことから、四季の移ろい氏は、××××氏と伏見一派、真太郎氏を関連付けていることが分かります。

■ 四季投稿の矛盾と虚偽
××××氏については、『照千一隅』にその名前は一切でてきません。『照千一隅』でとりあげているのは、当てない陰陽師HMことハク・ミワ氏とその中の人を表す仮の名前、MH氏、しらゆき氏、それに悪魔ブログの執筆者の一人、悪魔の提唱者M氏です。『照千一隅』の記事をもれなく読んでいれば、それらのキャラクターが実は同一人物が演じているものであり、その人物は反余命活動において主要人物の一人であることが分かります。しかし、その主要人物が××××氏であることは、『照千一隅』の記事を読んだ上で、さらにその記事に取り上げられている2ちゃんのスレ、twitterのまとめ、参照された他のブログを自分で当たって調べなければ分かりません。『照千一隅』の記事中の引用では、××××氏の名前、個人情報はすべて伏せ字にしてあり、引用元のurlも秘匿されているからです。

さらに、「××××」で検索しても、同姓同名の歌手のヒットの方が多く、××××氏がヒットしていても、♯♯♯♯氏、PoJ、二階堂スレとの関連だけで、伏見一派、真太郎氏との関わりはでてきません。伏見一派、真太郎氏などの反余命グループと××××氏の関わりは、『照千一隅』、『砂の城』というT.K.のブログでのみ取り上げ記事として発表しており、しかも、××××氏の名前は伏せているからです。

以上のことから、四季投稿での述べられている「B. T.K.ブログの伏見一派関連記事は、ほとんど読んでいない。」というのは、虚偽である可能性が極めて高いということが分かります。T.K.の伏見一派関連の記事を読んで、なおかつ、その記事中の資料を自分で調べなければ、××××氏と伏見一派、真太郎氏を結びつけられないからです。

もし、B. が虚偽ではなく、四季の移ろい氏が自力で××××氏と反余命グループの関係を掴んでいるとするなら、上記「A. 伏見一派にほとんど興味がない。」、「C. 伏見、真太郎、その他反余命ブログには、全く訪れていないか数回程度、訪れただけ。」は、虚偽だということになります。伏見一派に興味を持って、実際に一派のブログに訪れて記事を読んだり、♯♯♯♯氏や××××氏、PoJなどの検索でヒットする2ちゃんスレ、まとめなどを調べたりしない限り、××××氏と反余命グループとの関わりは掴めないからです。

いずれにしても、四季投稿には虚偽が含まれていることになります。

■ 四季の移ろい氏は、何故、嘘をつかなければならないのか
四季投稿の中で「兎に角今回投稿させて頂きましたのは、信じて頂けるかは判りませんが、T.K.さんの誤解を解きたかったからです。」とありますが、嘘が混じっていては、信じることができません。

「誤解」を解くのが目的ならば、本当のことを打ち明けるのが最上の策です。それなのに、何故、嘘が混じっているのでしょうか。それは、「誤解」を解くことが目的ではなく、T.K.を騙すためであるとしか、考え様がないのです。四季の移ろい氏が記述している自身の行動の辻褄が合わず、虚偽が含まれてしまうのは、それが作り話だからです。そして、何故、そんな作り話をするのかといえば、T.K.の推定が正しく、四季の移ろい氏=××××氏であることに間違いがないから、それを誤魔化すためであると考えざるを得ません。

四季の移ろい=××××氏が正しいとして、四季投稿を見直してみると、上で挙げた、A. から F. は、ほとんどすべて虚偽であることが分かります。そして、四季投稿のスタイルがいつもの××××氏のスタイルであることも見えてきます。そのスタイルとは以下のようなものです。

・嘘に嘘を重ねる。
・同じことを、たとえば「 T.K.さんのご指摘、最初はとても吃驚しました。が、その後はちょっとなんか嬉しくなり、そして有難くも思いました。学の無い自分ごときの垢抜けない文章でその様に思って頂けたなんて。」とか「あ、でも××××さんと云う方と間違えられた事自体は、特に別に全く気にしてません。 」のように「自分には、あなたの攻撃は全く効いていない」ということを言葉をかえてくりかえし述べる。
[注: 私は××××氏を攻撃してはいません。ただ、××××氏のことを余命さんに注意喚起したかっただけです。しかし、××××氏は、攻撃と捉えているようです。]
・本心とは裏腹なことを述べる。四季投稿の場合では、「××××さんと云う方と間違えられた事自体は、特に別に全く気にしてません」、「自分が××××さんと云う方では無い事は、何よりも余命さんスタッフのみなさんが知って下さっていると思いますので、心配や不安は一切無いですし。 」と言っているにもかかわらず、自分が××××氏と「誤解」された理由をしきりに推測し、自分の潔白を「証明」してくれそうな事柄を列挙している。

このように、四季投稿は、××××氏が四季の移ろい氏=××××氏という事実が露見しないように、その仮説の提唱者であるT.K.を眩惑するためのものであると考えられます。

■ 四季投稿から分かった新たな事実
以下に箇条書きで列挙します。

・『待ち望むもの』に「◆◆◆◆◆◆」というHNで投稿している。
[注: ◆◆◆◆◆◆氏については、××××氏である疑いがあるということで、ほぼ、一年ほど前から追跡していました。四季投稿によって、この推定もほぼ事実であることが分かったと言えます。]
・XXXX XXXXに「▼▼▼▼▼▼▼▼▼」で書き込みをしている。
・♭♭♭♭にもコメントをしていた。
・アメーバブログで「△△△△△△△△△△△△△△」というブログをやっている。
・メールアドレスは、「 xxxxx.a.d-xxxxxxxxxx-xxxxxxxxx@xxxxxx.ne.jp 」
・XXXX XXXXの管理人さんたちと知り合いである。

これらが、事実であるとは限りません。ただ、XXXX XXXXの管理人さんは、▽▽▽の▽▽▽ではないかとの噂もあり、××××氏との繋がりは気になるところです。また、「△△△△△△△△△△△△△△」というブログは、××××氏本人がやっているのか、それとも親族、仲間、友人、あるいは、共同でやっているのか定かではありません。今後の展開によっては、調べなければならなくなるかもしれません。

[追記]
2017/05/31 一部、実名を伏せ字にしていませんでした。お詫び申し上げます。

雑記 4

2017/05/28
36. 夜からの旅立ち

「夜からの旅立ち」は、再生と再出発の歌。時代の気分に合っていると感じます。下に、歌詞と刀根麻理子さんの歌を掲載します。とてもいいので、聴いてみてください。


夜からの旅立ち 〜フライデーナイト・ファンタジー〜

まだ蒼く煙る 水平線を ぼんやり見てると

今来た道 先へ行く道 目の前に 遠く消えて行く

もう戻らぬ時の 刹那に独り 今 佇んでる

苦しい ほど 愛に縛られ 泣いてた 私がはじけた

茜の 雲の間に間に 煌めく朝の色

寄せては 返す波に くちづける

儚い 夜の とばりが

瞼に 溶けて行き 広げた手には 明日が 眠ってた



過ぎ去りし日々の 数々の夢 抱いていたけれど

幾千 もの 星に託して そっと 瞳を閉ざした

光をなくした 青ざめた肌 夜に脱ぎ捨てて

切ない ほど 愛を重ねた 日々に 別れを告げよう

明け行く 海の波間に ゆらめく 愛の色

新しい 今日の風を 染めて行く

果てない 明日の訪れ 心を 抱き締める

壊れた 時計を捨てて 歩き出そう



茜の 雲の間に間に 煌めく朝の色

寄せては 返す波に くちづける

儚い 夜の とばりが

瞼に 溶けて行き 広げた手には 明日が

眠ってた


夜からの旅立ち 刀根麻理子

音量は ↑↓ で調節できます。

歌  刀根麻理子
作曲 ピエール・ポルト
作詞 刀根麻理子
[注: Wikipedia 「ピエール・ポルト」 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%88 参照。刀根さんの作詞については、「歌手の刀根麻理子は、この曲に自作の日本語の歌詞を付けて」との記述がありますが、出典は示されていません。]

………………………………………………………………………………………………

2017/05/25
35. 忘備録

■ 『真太郎のブログ』より
気になった真太郎ブログの記事を、採録しておきます。なお、以下の引用の下線、太字などの強調は私が施したものです。

定点観測でも反日勢力の勢いの減退がわかる。例えば、ニュースUSのコメント欄。余命ブログと支持者非難の書き込みが無くなった。もう一度、余命ブログ無視作戦に戻したようだ。ちなみに、工作員による真太郎への
2017/5/24(水) 午前 7:29
http://web.archive.org/web/20170525094456/https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18493696.html

引用開始-------

攻撃も減退した。しかし、その反日反余命サイトには真太郎に対するプロパガンダが残っているので時期が来れば外患誘致罪共謀罪等で刑事告訴だ。売国奴に死刑を!

[注: この反日反余命サイトが、どのサイトのことを示唆しているのかは不明。反日反余命サイトで、真太郎氏に対するプロパガンダが行われているものを、私は発見できていません。敢えて言えば、比較的頻繁に真太郎氏について言及のある悪魔ブログのことでしょうか。真太郎氏は、既に悪魔ブログについて、引用の中で間接的にですが、「死刑にな~れ!」と宣告しています。これについては、当ブログ「悪魔の提唱者氏を巡る雑記 2-8. 悪魔ブログと真太郎ブログについて 2」をご参照ください。なお、自分への攻撃に敏感に反応、応戦するはずの悪魔の提唱者氏が、この真太郎ブログの記事に対し、何の反応も示していません。それは、不思議なことです。悪魔の提唱者氏が、『真太郎のブログ』の記事更新をフォローしていることは、悪魔ブログの記事から明らかであるにもかかわらずです。こんなところからも、彼らが仲間であることが窺えます。]

.....いい悪いや信憑性を考える前に、とりあえずいろいろ情報を集めることだ。単純にその比較である程度のことはわかる。まだ完全にアップ処理できていないが、東京地検の異変シリーズのみなさんの投稿、あるいは直接的に全国地検の対応をPDFでアップすることにより、事実をベースにした状況把握が可能となる。メディアがねつ造や偏向報道で汚染され、司法の癒着も危機的であるが、国民が目覚めれば瞬時にこの状況は改善される。政権も民間もひた押しに進んでいるからもう少しの我慢だな。

-------引用終わり


■ 余命ブログより

1663 2017/5/24アラカルト3
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/05/24/1663-2017524%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%ef%bc%93/
引用開始-------

けいちん
ここ数日、ミラーサイトさんの官邸メールの送信数が急減しているのでおかしいと思っていたら、2ch の余命スレに関連が疑われる書き込みを見つけましたので、お知らせします。もしこれが事実なら、大変な不法行為に該当すると思います。
ttp://itest.2ch.net/test/read.cgi/korea/1495325970/l50
0168 マンセー名無しさん 2017/05/24 01:52:16
いろいろ調べていたら、流石に吹きました
官邸側の迷惑メールの受信を拒否する仕組みを見つけました
いつからかは分かりませんが、余命官邸メールは届いていません
返信 3 ID:7Ab9Siwz(1/2)
0169 マンセー名無しさん 2017/05/24 02:17:08
余命さんは、安倍総理と二人三脚どころか拒絶されているんですね
ご愁傷様です
ID:7Ab9Siwz(2/2)

.....まあ、あまり気にしないことだ。この関連は共謀罪成立と同時に動き出す予定だったが、第一回の伏見告発人の手術が成功して現在はほぼ完全に回復していることから、週明けにも再告発することになった。
 また、この件とは別に第五次告発として№32と№207で2000人による刑事告発される予定となっている。
 この件は東京地検と横浜地検において門前払いとなっていることから、検察官適格審査会への申し立てを準備している。併せて金田法相と安倍総理への要望書も提出の予定である。この1ヶ月でまた証拠が増えて400ページはこえそうである。これをすべて添付することになる。
№32では以下の者が外患罪で告発されている。これは第五次でも同様である。
被告発人 
伏見顕正(ブログ管理人)及びそのグループ
でれでれ草ブログ管理人
悪魔の提唱者と称する者およびそのグループ
反日、反社会的ネット投稿者(別添リスト)
№207では以下の者が外患罪ではなく第五次告発では一般犯罪で告発されている。
被告発人 
伏見顕正(ブログ管理人)及びそのグループ
第二 告発の罪名
刑法第230条 名誉毀損罪
刑法第233条 信用毀損・偽計業務妨害罪
刑法第172条 虚偽告訴罪
刑法第222条 脅迫罪
 この告発を受理せず、現状でも検察官適格審査会あるいは状況によっては外患罪で告発されるリスクを負ってまで、検察はこれらの連中をかばうことができるだろうか。先行き共謀罪と外患罪のコラボとなるときは2chをはじめとするネットも標的となる。
大変楽しみな展開となってきたね。

-------引用終わり

上記の真太郎ブログ記事より後の余命記事ですが、反日反余命ブログに対する余命側の攻勢が強まっていきますね。

■ News U.S.の投稿欄より
真太郎氏への言及があるNews U.S.への投稿の検索結果を採録しておきます。最近のものと、「<真太郎>」という表記の投稿が始まった当初のもののみです。(検索すると200件ほどヒットします。)
………………………………………………………………………………………………

【韓国発狂】在韓米軍兵が韓国民をバカにして大炎上www【動画あり ...
2017年4月27日 ... こんにちは♪ 今日もザイニチ教養強要講座の時間が勝手にやって参りました。 講師は わたくし、年中無休24時間営業の万年乞食@屁う沼の<真太郎>アボジ☆がお送り 致します † 今日のテーマ、お題は「英語のススメ」と「脱嫌韓論」それに ...
www.news-us.jp/article/20170428-000003k.html

【韓国経済崩壊】サムスン、ついに充電量を0%に制限!!!! 馬鹿か!!!!
2017年3月26日 ... 歴史に残る物草<真太郎>アボジの数々の汚バカ発言集が如きお笑いサムチョン☆の 爆笑<ギャラクチョン>シリ~ズ♪ w 最早この意味不明. Posted by ヒトデすらないの に@何故かエラそうな<Z>w at 2017年03月27日 21:02.
www.news-us.jp/article/20170327-000008k.html

【韓国発狂】安倍首相が「韓国はバカだ」と発言したらしいぞwww 韓国人 ...
2017年3月26日 ... Posted by コシミズ支那工作員への警告w at 2017年03月28日 12:53. 流石稀代の名 総理安倍ちゃん♪ 嫌がらせが生き甲斐の確信バカz<真太郎>アボジの最たる所以 もとい由縁を、繊細かつ大胆に言い当てておられますわね<@> w.
www.news-us.jp/article/20170328-000002j.html

【森友学園】籠池泰典、偽証罪で逮捕クル (°∀°) !!! 国会で ...
2017年3月24日 ... まんまザイコパス<真太郎>アボジの汚バカ痴呆禁断症状そのものでしたね ww. Posted by 糞ワロスw at 2017年03月26日 11:14. 連綿と続いた実の親子の交配で DNA完全異常の基地外連綿と続いた実の親子の交配でDNA完全異常の ...
www.news-us.jp/article/20170326-000002z.html

【韓国経済崩壊】馬鹿大統領の罷免で経済も窮地に!!!! 韓国人が惨め
2017年3月13日 ... 真に万年乞食のウンコZ便衣兵の分際で、何故かエラそうな<真太郎>アボジその物 ですね w. Posted by 誰よりも韓国朝鮮人らしい<糞>ですものねw at 2017年03月14 日 20:35. ゴールデンタイムって日本が作った和製英語じゃんw
www.news-us.jp/article/20170314-000008k.html

【緊急速報】韓国、明日から内戦クル
2017年3月8日 ... Posted by 地獄の屁う沼&糞沼の<真太郎>アボジ† w at 2017年03月09日 17:29. 3/10~韓国キチガイ祭り開催. Posted by khg at 2017年03月09日 17:30. 韓昌祐(ハン チャンウ、1931~)は、パチンコ業界のマルハン・グループの創業 ...
www.news-us.jp/article/20170309-000007k.html

【韓国発狂】日帝の過酷な植民地支配がウソだと一発で理解できる写真集
2017年3月7日 ... リーダー信者」だの「スター信者」だのと、一人で悦に入っている未開病身の自慰行為・ 屁理屈ソント&糞掛けコント乞食爺<真太郎>アボジ便衣兵Z と同じく、定期的に起こる 火病の発作に襲われ蝕まれて、トチ狂って<ウリ発狂>しているだけ ...
www.news-us.jp/article/20170308-000009k.html

【在日発狂】安倍内閣の支持率が全然下がらないwww 反日パヨクの苦労 ...
2017年3月6日 ... 正しくなんでも自称する大物の万年乞食自慰便衣兵<真太郎>アボジZ大勲位☆の事 ですね w. Posted by 大韓の代弁もとい大便者<@>デス死ねw at 2017年03月08日 00:44. 中国の「アパホテル攻撃」は日本の言論の自由に対する挑戦 ...
www.news-us.jp/article/20170308-000011j.html

【韓国崩壊】日韓スワップ終了で韓国悲鳴www 「ドルベースのスワップが ...
2017年3月6日 ... 妖怪児泣き爺ならぬ只の乞食爺<真太郎>アボジさんみたいな猛烈に臭い<ウンコ> に構けていたら、汚穢<バカ>チョンが感染李ますね@. Posted by まあソントがしたい だけの死ぬほど暇で悲惨な未開病身<Z>さんですねw at 2017 ...
www.news-us.jp/article/20170307-000003k.html

【韓国敗北】米アトランタの慰安婦像設置【 不許可 】キタ
2017年3月5日 ... 京都のチャ・ウンコクこと強烈な悪臭を放つ醜悪執拗な異常ザイニチ・万年乞食のヅラ 夫さん<真太郎>アボジ@ こんな超絶<バカ>が年中ネットに張り付いて、粘着自慰 行為を仕掛けてきたらどういう心地がするでしょうか。 Posted by それ ...
www.news-us.jp/article/20170306-000005k.html

~~~~~~~~~~

【韓国経済崩壊】サムスン、なんと中国の幹部に土下座させる!!!! 馬鹿か ...
www.news-us.jp › 韓国経済崩壊・破綻
2016/11/01 - 真太郎>アボジ~疑って相済まなかったニダ~m(__)m. Posted by ごめーんねっ♪ at 2016年11月01日 20:36. きもちわるー. Posted by nanasi at 2016年11月01日 21:03. これからは在日たちがどこに入り込んでいるか、 韓国から流れた韓国人がどんな ...
www.news-us.jp/article/20161101-000007k.html

【韓国涙目】安倍首相が15カ国の首脳と会談へ ⇒ 全員韓国を 無 視 www ...
www.news-us.jp › 日本の政治・安倍政権
2016/10/27 - Posted by 正しく池沼<真太郎>アボジが如し。 at 2016年10月27日 23:00. 安倍さん、はやく憲法変えて、太閤秀吉以来の第三次朝鮮征伐しないかなぁ~。今度はチョンを皆殺しでお願いします♪. Posted by 第三次朝鮮征伐はよ♪ at 2016年10月27日 23: ...
www.news-us.jp/article/20161027-000009k.html

【在日発狂】ついに韓国が在日をボロクソに非難キタ - News U.S.
www.news-us.jp › 【在日崩壊】韓国人の兵役
2016/10/07 - まず土無能<真太郎>アボジから真っ先に血祭りに上げた方がいいと思いますがね。韓国さん w こいつが事態を悪化させている、紛れもない張本人の一匹ですからねー。 Posted by 足掻けば足掻くほどに、それだけ早く沈む。 at 2016年10月08日 02:20.
www.news-us.jp/article/20161008-000011z.html

………………………………………………………………………………………………

2017/05/17
34. 外患誘致罪告発の意味

外患誘致罪告発が検察によって起訴され、裁判によって非告発者が処罰されるには、国民、司法機関、政府(国民による告発、検察、裁判所の働き、政府の政治判断)が協力することが必要です。外患誘致罪は、法律でありながら政治的判断がなければ実効的な意味をもたないもので、司法の範囲から逸脱した部分があります。外患誘致罪が機能するためには、愛国心を土台として、政官民が協力する必要があるのです。

日本国が存亡の危機を迎えている現在、まさに、外患誘致罪が売国奴たちに適用されるべき時です。それは、日本国を守るための、内部から破壊された日本を再建するための日本国の総力を結集しなければならない戦いなのです。そして、外患誘致罪は政官民が協力しなければ実効性を持たせられません。今、外患誘致罪告発が行われていますが、それは効力を発揮できずにいます。これらのことから分かることは何でしょうか。

国民は、日本国の危機に気づき、外患誘致罪告発をもって立ち上がっています。政府は、国会答弁によって有事適用の条件を明らかにしています。また、検察は外患誘致罪告発を受理しようとしません。この三者の中で、明確に愛国心の土台に立って行動していないのは、どこでしょうか。

このことを考えれば、外患誘致罪告発の持つ意味は明白でしょう。

鉛筆とノート
posted by Tohru Kishii at 00:00Comment(0)日記

今後の記事出稿について

『照千一隅』をご贔屓いただき、ありがとうございます。この、どちらかといえば読みやすくなく、理解しやすくもない当ブログの記事を、辛抱強く読んでくださっている読者の方々へは、感謝の言葉しかございません。ありがとうございます。

これまでにも幾度か述べてきましたように、このブログの主要な目的は、余命さんと余命プロジェクトを支持される方々へ、余命さん、スタッフさん、余命さんを支持される方々から成る「余命集合体」に対して、この集合体を分断、破壊、あるいは、乗っ取りを画策する者たち、工作員がいること、また、工作員が「余命集合体」の中に入り込み、余命プロジェクトの支持者を装いながら、集合体内部から工作を仕掛けていることをお知らせし、工作員たちの策略に嵌らないようご注意いただくべく、警鐘を鳴らすことです。

また、記事の中で、この工作員たちの首魁と目される者について、その人物像にある程度、踏み込んで記述しましたのは、その人物がどのようなキャラクターになりすまそうとも、その人物の本質は不変であり、その本質を掴んでいただいて、なりすましとそれに伴う工作を見抜くよすがとしていただくためです。このような意をお汲み取りいただき、当ブログの記事をご利用いただければありがたいです。

今後の記事出稿についてですが、上で述べました目的について、これまでに出稿してきた記事である程度、達成されています。そこで、ごく短い雑記は別として、記事の出稿を週に一度程度としたいと思います。また、内容も、工作員から離れたものが多くなるかと思います。

しかしながら、余命ブログ周辺関連サイトにおける荒らし・なりすましは見られなくなっているとはいえ、工作活動は続いています。相変わらず、ファン、支持者になりすました工作員たちが跳梁しているということです。彼らの動向を見ながら、資料を集め、必要なときには記事にして出稿したいと思っています。

記事の訂正、変更、内容の追加などについては、掲示板でお知らせしておりますので、そちらもご覧になって下さい。

今後とも、『照千一隅』をよろしくお願い申し上げます。

鉛筆とノート

余命さんに感謝

■ 『真太郎のブログ』の目的
真太郎ブログの目的については、その開設当初に明確に宣言されています。

真太郎ブログ記事 「要注意」 より
http://web.archive.org/web/20160710234005/https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/17855686.html

(引用中の太字、下線強調は私が施したものです。)
引用開始-------

要注意
2016/4/2(土) 午前 11:45

気を付けよう。こまったときは余命425に連絡。

余命関連のサイトがだいぶ攻撃されているようである。該当サイトの方は、この425ファイルをお使いいただければと思う。
また近日中に、直接的な余命サイドの方々を糾合して何らかの形作りをしたいと考えている。その実現のためにあらゆる関係の情報交換とご意見を集約して下準備をはじめたいとも思っているので、是非、この425コメント欄を有効に利用していただきたい。

この余命運動に加わるべくこのブログを開設した。
…後略…

-------引用終わり


上記引用から分かるように、真太郎ブログは、余命さんとスタッフさんに接触し、内部に入り込むために作られたものであると、開設当初から宣言されていたのです。

■ 「余命サイドサイト糾合」の顛末
この「要注意」に引用されているのは、余命記事「547 2016年3月30日時事」からです。余命ブログと余命周辺関連サイトは、2016年3月始め頃から反余命工作員による攻撃を受け始め、特に3月12日以降は、大和心さんのPC破壊事件、『待ち望むもの』への荒らし、なりすまし投稿の激化と、熾烈さを増していました。それを受けて、余命さんがどのように対処されたかは、以下の余命記事の引用から知ることができます。

余命記事より

(太字、下線などの強調、文字の色違え、注釈は私が施しました。)
引用開始-------

534 2016年3月25日時事
2016年3月25日

.....なりすましにあった読者はこの犯罪の片棒を担がされたかたちになっているわけだ。確定している読者は2名だが、まだまだありそうだ。みなさんが名誉毀損等で刑事告訴される場合、余命としてはなりすまし犯の投稿情報のすべてを開示するつもりである。
 また数が多ければ、まとめて集団告発も考えているのでご連絡いただきたい。法手続から諸費用まですべて余命が負担するのでそちらについてのご心配は無用である。ブログ上で意思表示されればこちらから連絡させていただく。


540 2016年3月26日時事
2016年3月27日

.....大和心の回帰さんについては、PCに攻撃を受けたらしく警察に通報したとのことである。4月中には余命保守サイトのみなさんと具体的な対抗策をとる予定である。


543 なりすまし事件②
2016年3月28日

日本を保守したい
自首してきた者がいるとの事ですが、それを許してしまうのもどうかと思ってしまいます。
 許しても今後もどこかでどうようの事をする可能性は高いと思いますし。
 こういった輩は断固とした態度がよろしいかと。
 恩に対してどうしてきたかは歴史という過去の事例が物語ってるでしょうし。
 昔の事、という考えもあるかもしれませんが、過去の事例は今後も繰り返すかもしれない行動パターンをあらわしてるとも思います。
それを考えると、許してしまってよいものか、と考えてしまいます。
 可能であるなら法的措置をとられた方が一番無難ではないかと思います。

高速冷房
余命さん、二代目余命さん、スタッフさんこんばんは。
ええ!?(゜ロ゜;)ごめんなさいしてきたのですか!?
にわかには信じられませんが…。
データは保存されてるとの事ですが、大丈夫でしょうか?
いつ態度が急変して「ウリ達は被害者ニダ!」になるかわかりませんし…。
とにかく「なりすまし事件」はいったん様子見という事でしょうか?

.....以上、二件の投稿について
本日、また1件、削除依頼があった。余命ブログの投稿については、みなさんそれぞれ自由にネーミングしているし、ブログの中ではなりすまし投稿はすぐにバレる。個人情報はすぐに特定されるから通常はあり得ない行為である。現状ではなりすまし?であって、別に余命が被害を受けているわけでもない。「いったいどうなってるの?」ということであるが、今回、在日なりすましと判断した理由がいくつかある。

1.文中にかなり過激な表現をはめ込んでいる。
2.過激行動を余命が容認、あるいは扇動しているように誘導する
3.過激発言に対するコメントを求める。

[注: これらは、MH氏とH氏が一貫してとっている戦術です。]

決定的だったのが同日に8人が同じ理由「過激発言を反省している」として、「過去の投稿の削除依頼」と「削除依頼投稿の削除」の要請があったことと、その依頼の文の中に、まったく共通のカ所があったことである。仲間内で相談したことが明らかであった。

[注: 同一人物が、複数のキャラクターを演じている可能性もあります。つまり、実際には8人ではなく、もっと少人数である可能性があります。]

 なぜ事件にもなっていないのにということだが、推測ではあるが他の仲間内のブログで好き勝手に書き込みをしていたのであろう。それが調子に乗って余命ブログに直接の書き込みという馬鹿をやってしまったのではないだろうか。Fブログの関連で被害届を出したり警察に相談しているサイトがある。目的は余命投稿記事消去による証拠隠滅であろう。現状では削除依頼をさらすわけにもいかないから、すべて保存した上で削除に応じている。ただし、過去記事の削除には応じていない。

[注: H氏が取調べを受けたある刑事事件が、このことに影を落としているかもしれません。この余命ブログなりすまし投稿と周辺関連サイト攻撃の件については、大和心さんがPC破壊の被害届を出していらっしゃいます。そのことをH氏が怖れていたらしいことは、次の真太郎ブログ記事から窺えます。

この抑止力は凄い。伏見くんたちが反余命的なブログを書けなくなった事からもわかる。
2016/9/3(土) 午前 9:08
http://web.archive.org/web/20160903135434/http://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18105695.html
引用開始-------

「被害届け」が出ていれば今回の伏見くんたちの反余命活動でさえすぐに刑事告発が受理されたかもしれないのだ。

-------引用終わり

不確定なのは氏という方がおられるように見える。(笑)
2016/8/25(木) 午前 7:46
http://web.archive.org/web/20160824235558/http://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18092368.html
引用開始-------

余命にあなたからの被害を届け出たのが確実なのは
花菱
ぱよぱよ日記(yosh)
豆腐おかか
信濃太郎
真太郎
不確定なのは
大和心への回帰
TK
楚練」

-------引用終わり

上の引用中で、大和心さんが被害を届け出たのが不確定なグループに入っているのは、そうであって欲しいという願望、あるいは、大和心さんへの脅しのように思われます。というのは、大和心さんは、PC破壊の件で既に警察へ被害届を提出しておられ、このPC破壊事件も反余命工作員の余命ブログおよび周辺関連サイト攻撃事案に含まれているので、「すぐに刑事告発が受理されたかもしれない」からです。続けさまに刑事告発の被疑者となり、取り調べを受けるかもしれない、非常にまずい状況に陥る可能性があったということでしょう。また、「ぱよぱよ日記」、「真太郎」が入っていることで、誰がこれを書いたのか見当がつきます。]

 他のサイトの事案については承知していないので、これからである。連携してことに当たりたいと思っている。
 また、なりすまし案件に限らず、在日や反日勢力の攻撃を受けているサイトはご連絡いただきたい。とりあえずはブログのコメント欄に意思表示されれば対応する。


547 2016年3月30日時事
2016年3月30日

.....425に自衛隊専用ファイルがある。開くと以下の断り書きがある。

「ここは自衛隊専用ファイルである。
投稿には都道府県名だけをお願いしたい。
他のファイルに保存後、情報は個人情報含めてすべて削除される。
したがって常にこの画面である。
誤って投稿された方は、いったんこちらで削除するので、別のファイルに再投稿されたい。」

実はこのファイルは余命への緊急連絡用に使われている「知る人ぞ知る」ファイルなのだが、一応、使い方を簡単に記しておく。

1.425へのコメント欄を使う。
1.非開示の情報提供のため、保存後削除する。外に情報は漏れず安全である。
1.ただし、自衛隊情報以外は、なりすまし防止のため個人情報は保存される。
1.投稿の際はHNに英数字6桁を付記。例(ABC123)以降、これで管理する。
1.守秘上、直接メール等での対応はしない。事案の状況に応じて処置をする。
1.425への投稿が削除されていればそれが受信の確認となる。
1.425ファイルは毎日確認しているのでほとんどが即日対応できると思う。

余命関連のサイトがだいぶ攻撃されているようである。該当サイトの方は、この425ファイルをお使いいただければと思う。
また近日中に、直接的な余命サイドの方々を糾合して何らかの形作りをしたいと考えている。その実現のためにあらゆる関係の情報交換とご意見を集約して下準備をはじめたいとも思っているので、是非、この425コメント欄を有効に利用していただきたい。


719 新規官邸メールについて
2016年5月11日

 今回の官邸メールが、在日や反日勢力が嫌がる外患罪や在日特権に踏み込んでいるので、従来とは違った大きな抵抗が予想されるが、もう余命がいようといまいと流れは変わらない。
 このあとは、現在、猛烈に攻撃を受けている余命支援サイトや日本を取り戻す、日本再生を掲げる保守支援サイトを立ち上げて、精神的、資金的なバックアップ体制を構築したいと思っている。近々に読者のみなさんの寄付と企業にも支援を呼びかけつもりである。」

-------引用終わり


このように余命さんは、反余命工作員の攻撃に対し、

・刑事告発
・被害者の告発をとりまとめての集団告発
・余命サイドのサイトを糾合した組織の立ち上げ


を考えておられましたが、これらのことは、当初の発案のとおりには実現していません。それは何故なのかということは、当ブログの「『ぱよぱよ日記 』の管理人yosh氏への疑惑に関するレポート 2016/5/4 http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/442855892.html 」に、その原因の一端が示されています。

引用開始-------

『ぱよぱよ日記 』の管理人yosh氏への疑惑に関するレポート (2016/5/4作成)

今回、このレポートを提示させていただくのは、ある懸念があるからです。それは、現在、余命さんが余命支援ファンサイトの組織作りを進められていることに関わることです。その懸念とは、余命ファンサイトの中に偽装ファンサイトが紛れ込んでいるということです。

そのような偽装ファンサイトが紛れ込むことにより、余命さんの情報の漏洩、余命ファンサイト運営者の情報の漏洩、余命さんとファンサイトの皆さんへの分断工作、偽情報の拡散による撹乱あるいは誘導、などの危険が生ずることが懸念されます。

このレポートでは、そのような偽装サイトのうち、私がこれまで追跡してきた、『ぱよぱよ日記』について、ご報告いたします。

-------引用終わり

余命サイドのサイトを糾合し、反余命工作員による攻撃の被害を受けたみなさんがまとまって集団告訴をするという計画が実行されなかったのは、その「余命サイドのサイト、被害者」の中に、反余命側の偽装余命ファンサイトが混じっている懸念があったためだと思われます。私が余命さんにこのレポートを提出したのは、2016/5/4でしたが、5/11には、余命さんから「現在、猛烈に攻撃を受けている余命支援サイトや日本を取り戻す、日本再生を掲げる保守支援サイトを立ち上げて、精神的、資金的なバックアップ態勢を構築したいと思っている。」という、当初のものより修整された計画が発表されています。3月末より余命周辺関連サイトの糾合について弘く意見が求められていたことから、私と同様の懸念が示された意見があったものと推測されます。それらの意見に耳を傾けられ、考慮された結果として、計画の修整があったのではないでしょうか。

実際、MH氏とH氏が仲間とともに仕掛けた余命集合体に対する攻撃への対抗策を、余命さんが講じたことに乗じて余命内部に入り込み、内部からの余命破壊工作を画策していたことは、真太郎ブログの宣言から明らかです。反余命工作の首魁はMH氏とH氏と見られます。彼らは、伏見ブログ、カミカゼブログ、はるみブログ、真太郎ブログ、yoshブログ(『ぱよぱよ日記』)などのブログを駆使して、余命集合体に工作を仕掛けてきました。また、余命内部への潜入については、伏見ブログへの、余命の内部事情を知ると称する者からの投稿、伏見ブログによる真太郎ブログ、yoshブログへの誹謗中傷、攻撃などの「自演による演出」で真太郎氏とyosh氏を反余命側からの攻撃の「被害者」に仕立て上げ、余命内部に入り込む機会を窺っていたのです。(この辺りの動きについては、別の機会に改めて取り上げたいと思います。)

以上のことから、計画の修整がなされ、余命周辺関連サイトを糾合した組織作りが断念されたことは、不可避であったと言えるでしょう。そして、計画の修正後も、工作員に内部へ入り込まれる危険性がつきまとい続けていたのです。

■ その後の動き
すみれの会の立ち上げ、日本再生大和会の立ち上げと、修整後の計画に沿って、余命さんは動かれました。

[注: 余命記事「789 お知らせ」、「1008 Xday」参照。]

そして、2016年7月18日、伏見ブログについて、告発する旨、余命ブログ上で発表され、2016年8月3日、伏見ブログは、伏見氏が個人として横浜地検川崎支部に告発されています。

[注: 余命記事「1043 伏見ブログについて」、「1120 2016年都知事選アラカルト④」参照]

これは、3月末に余命さんがおっしゃっておられた、なりますし・荒らしを刑事告発することとは、異なっているように見えますが、伏見ブログには、MH氏もH氏も関与している(伏見氏を構成する要素としてMH氏とH氏が含まれている可能性がある)と推定されることからすれば、なりすまし・荒らしの首魁も両氏であると考えられることから、結局、伏見ブログを告発すことは、なりすまし・荒らしを告発することと、ほとんど同じことでした。

この告発は、横浜地検に受理されることなく返戻されますが、告発はそこで終わることなく、被告発人として伏見ブログと伏見グループの他に『でれでれ草』、悪魔の提唱者氏も加えて、外患誘致罪の罪状で第三次、第四次告発の事案の一つとなっています。今までに、これらの告発状はすべて返戻されていますが、余命記事「1640 東京地検に異変3」において、「外患罪適用は別件とし、この件(伏見案件)は一般犯罪として刑事告発して地検の対応を見ることにした」との発表がありました。このことは、つまり、2016年3月末のなりすまし・荒らしに対する集団告発が実現したことを意味しています。(なりすまし・荒らしの被害にあわれた方々の中で、少なくとも複数の方が、告発状を出されていることは確実ですから。)

ところで、このことは「偶然」なのでしょうか。そんなことは、あり得ません。伏見案件は、他の案件に比べて、明らかに手間暇がかかっています。そこには、何かしら余命さんの「執念」のようなものを感じざるを得ません。「執念」というよりは、「責任感」というべきでしょうか。余命さんの提唱する運動に賛同し、協力する方々がおられ、その方々に対し、反余命の工作員たちが攻撃をしかけ、被害を与えました。そのことに対し、余命さんは守護する責任を感じられ、奮闘されているのではないかと思います。余命さんには、感謝の言葉しかありません。ありがとうございます。

実際、現在では、あれほどしつこかった工作員の荒らし行為が止んでいます。告訴、告発され刑事裁判にかけられて有罪になるかもしれないということが、抑止力になっているのでしょう。それが抑止力になるのは、余命さんが本気を見せておられるからなのです。

荒らし行為が止んでいるのが顕著に現れている事例として、『待ち望むもの』が挙げられます。去年までは、荒らし行為が止むことはなかったのですが、今年に入ってからは、見られなくなりました。ここに興味深いデータがあります。『余命三年時事日記考』で、開設以来、今年4月中旬まで、余命周辺関連サイトとその管理人が、同ブログに取り上げられた記事の本数を数えたものです。

(敬称略)
豆腐おかか 待ち望むもの       112
T.K.  照千一隅          58
真太郎   真太郎の日記        50
大和心   大和心への回帰       40
yosh  ぱよぱよ日記        28
信濃太郎  神州再生を願うブログ    16
花菱    春不遠。~はるとおからじ~ 11

こんなところにも、MH氏とH氏の豆腐おかかさんへの執着が表れています。豆腐おかかさんが、ストーカー防止法の適用で告発を考えられたのも当然、という気がします。ちなみに、私が多く取り上げられているのは、『照千一隅』で継続的に、伏見氏、yosh氏、真太郎氏、当てない陰陽師HMことハク・ミワ氏などのことを取り上げていたからであり、現在では、MH氏とH氏に、特にスポットライトをあてているからでしょう。真太郎氏への言及が多いのは、私の追及に対するフォローをして、真太郎氏の工作がうまく行くようにアシストをしているからだと思われます。(悪魔の提唱者氏のフォローが真太郎氏の利になるかどうかは、実は、かなり微妙なのですが。)逆に、私に対しては、ネガティブな印象が付くように書いていると思われ、真太郎氏が登場する回数と私の登場する回数が拮抗しているのは、両者が悪魔の提唱者氏にとってネガポジで連動する関係にあるからでしょう。大和心さんの回数が多いことは気になります。それは、悪魔の提唱者氏が大和心さんへの執着を、豆腐おかかさんほどではないにしても、持っていることを示しているように思われるからです。(MH氏は「神懸かり」的なところがあり、それが、『大和心への回帰』の持つ風合いとマッチするのかもしれません。同ブログのファンの方、常連の方は、十分注意する必要があると思います。)yosh氏の登場回数がそこそこ多いのは、好意の表れで、自然な傾向だと思われます。信濃さんと花菱さんについては、一般的な関心以上のものはない感じです。

いずれにしても、余命さんが伏見案件について本気を見せて下さっていることは、MH氏、H氏をはじめとして、反余命工作員たちへの強い牽制になっています。今後、彼らがこれまでの悪行を悔いて改心することがなければ、行き着くところまで行くことになるでしょう。

[追記]2017/05/13 アーカイブ『真太郎のブログ』「要注意」のURLの誤りを訂正。同2016/9/3(土) 午前 9:08の記事のタイトル誤記を訂正。

鉛筆とノート